FC2ブログ

その手本を、見せ候べし

2013年02月19日 19:53

642 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/18(月) 19:33:06.63 ID:bSxWEju3
大阪の陣が終わり、長宗我部盛親が捕縛された時、盛親の弟である長宗我部右近大夫は、加藤清正が父元親の
親友であった縁によって肥後にあったが、盛親の罪に連座し、召し捕らえられ京へと上ることとなった。

この右近、肥後では譜代の郎党・小宮崎久兵衛と言う者がただ一人仕えていたのだが、これも共をして
上京をした。

伏見に到着すると、藤堂和泉守高虎を検使として、右近に切腹仰せ付けられた。

これを聞いて郎党の久兵衛は、「私も一緒に切腹させて頂きますよう!」と望んだが、
高虎は「いやいや、お主のことはお上より何の仰せもない。そのようなことは許可できない。」と諭した。

が、久兵衛畏まって

「ここにある右近は未だ、人が腹を切る所を見られたことがありません。ですので、切腹のやりようをご存知ありません。

その手本を、見せ候べし!」

言い終わらぬうちに諸肌脱ぎになり腹を十文字に掻っ切り、右近に向かって

「かく切らせ給え!」

と申し上げると、右近はうち笑いながら「心得たり」と、潔く腹を切られたという。
(土佐物語)

盛親の弟、長宗我部右近大の切腹の模様である。




643 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/18(月) 19:38:41.71 ID:yKP7YXYQ
長宗我部盛親の弟で、
香川親和の弟で、
津野親忠の弟で、
細川真之の弟で、
三好長治の弟で、
十河存保の弟、
って説明したら兄弟でなんでそんなに苗字違うんだよ!
と言われそうだ

644 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/18(月) 20:35:40.87 ID:pZAn2DQM
腸は痛覚ないからつかんでも痛くないらしいがどこが痛いんだろう?

645 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/18(月) 21:19:50.95 ID:E/YX39Pe
じゃあ下痢ぴーになった時はなんで臍の下辺りがメチャクチャ痛いの?

646 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/18(月) 21:50:31.84 ID:9lk/mFCZ
うん

647 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/18(月) 21:55:31.71 ID:rrHjUb/f
腸管も攣縮すれば疝痛が生じる

649 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/18(月) 23:15:48.73 ID:aP8N5R5X
>>643
この「小少将」って十河存保の母親とは別人。
十河存保の母親については、天正5年に亡くなったことが
『己行記』という史料に登場する。
いつも思うんだが、長宗我部右近大夫の母親と
十河存保の母親が同じ人物じゃ年齢的におかしいじゃないか・・・

650 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/18(月) 23:31:46.04 ID:MdmCsSJ8
12歳で細川真之
27歳で三好長治
28歳で十河存保
57歳で右近太夫
ぎりぎり自然妊娠可能?

651 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/18(月) 23:40:11.18 ID:MdmCsSJ8
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-4375.html
過去に議論あったんだ
しかし、「戦国三好一族」でも小少将が同一人物とされていた気が
疑問に思わないんだろうか

652 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/18(月) 23:43:34.63 ID:51zUyYq3
>>650
30年の空白がこわいw
同一人物だとしたら元親は相当な熟女好き?

653 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/18(月) 23:46:55.51 ID:RLYVO50o
実は元親のは、朝倉義景の方の小少将だった、とか

654 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/19(火) 00:16:45.57 ID:r91GqvMQ
>>650
元親が四国をほぼ制圧した頃ならまだしも、前年に三好長治が滅亡して
ようやく・・・という時期の天正5年に没しているわけで、元親のところに流れる
理由も状況も全く考えられないし、同一人物という線はないだろw


スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | sSHoJftA

    壮絶かつ悲劇的な逸話なのに、死にゆく人間達の爽やかさ
    武士というのは…上手く言えないが、やっぱり凄い

  2. 人間七七四年 | URL | -

    凄く残酷な物言いになるけど。
    何故切ると言う死に方なんだろう?毒飲んだ方が早くて確実
    だと思う。どっち道死ぬのなら、楽に死なせてあげたい。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    楽に死ねる毒なんて少ないよ

  4. 人間七七四年 | URL | -

    だからこそ介錯で首をはねるわけで。
    江戸時代には切腹もだんだん形式化して、腹を着る仕草をして首をはねてもらうようになったとか。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    というかなんでこの弟まで死なにゃなんのや

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    直家「私の茶をご所望か?光栄なことだ、ささ、心行くまで飲まれよ」


    まあ冗談はこの辺にしとくとして、「楽に死ぬ」方法のがこの世には遥かに少ないと思うなぁ。
    そこら辺の知識について無知だから、何とも言い切れないが。
    というか、切腹ってそもそも「楽に死ぬ」とか目的にはしてない気もするしなぁ…

  7. 人間七七四年 | URL | -

    >4
    誤字に気付かなかった……
    秀頼さんちの国松くん同様に残党に旗印として担がれないため、ってことなのかね。

    ところで、カテゴリが右近太夫じゃなくて左近太夫になってません?

  8. 人間七七四年 | URL | wZ.hFnaU

    ※4
    兄の罪の連帯責任って事だよ。この時代個人が個人として扱われるわけじゃないからね。
    「家」が責任を取らされるわけ。家の構成員として、弟にも罪があるわけ。
    これは時代的にはごく当然のもの

    ただ斬首ではなく「切腹」という、武士として名誉ある死に方をさせている以上、
    幕府側としても最大限気を使った措置だとは言える。

  9. まとめ管理人 | URL | wZ.hFnaU

    ※7
    ご指摘ありがとうございます。直しておきました!w;

  10. 人間七七四年 | URL | JalddpaA

    これ腹の切り方から見て介錯無かったんじゃないか?
    痛そう…

  11. 人間七七四年 | URL | -

    大丈夫
    日根野さんよりゃ痛くない!

  12. 人間七七四年 | URL | -

    毒ニンジンみたいなゆっくり効いていく毒だとそれはそれでイヤだなぁ…

  13. 人間七七四年 | URL | LMs.iqQA

    >>11
    あれは例外・人外w

  14. 名無しさん | URL | -

    斬首と切腹はちがうけど
    斬首は梟首されるけど
    切腹でも梟首されるときあるよな
    梟首は恥とか不名誉とかではないのかな

  15. 人間七七四年 | URL | -

    >楽
    少なくても斬る痛みは無いじゃないですか?それを言ってるのです。
    それに斬って直ぐ死ぬわけじゃないし、毒自体が楽なんて言って無い。

    自刃=名誉が他人の手に掛らないって部分は分かってる。

  16. 人間七七四年 | URL | -

    ※10
    最初から介錯人は用意してるでしょ

  17. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    管理人さん、Tag Listの方が直ってませんよ

  18. 人間七七四年 | URL | -

    腹を切る→すごく痛い
    毒を飲む→すごく苦しい

    どっちにしても「楽に死なせてあげたい」って理由は通らないと思うんだ。
    楽に死なせるって意味では、そのために介錯人がいるんだし。
    まあ西洋では毒を飲んで自殺ってのも多いみたい(小説知識)だから、そこから考えたのかもしれないけど。

  19. 人間七七四年 | URL | -

    社会学の教授が「昔の人は現代人より痛みを感じにくかったという説がある」とか
    講義で言ってたな。でなきゃ切腹なんてできるわけない、という論旨だったか

  20. 人間七七四年 | URL | -

    わざと苦痛を伴う方法で死ぬことによって、自分の意志を見せつけるため
    という説を聞いた

  21. 人間七七四年 | URL | 3/VKSDZ2

    ※16
    俺も詳しくないから自信を持って言えることじゃないんだけど
    腹に突き刺す刀の深さに色々バリエーションがあるらしい。(深さ以外にも様々な違いアリ)

    んで、あまり深く突き立てない時は介錯人がいる時
    深く突き立てる時は介錯人がいない時

    という一応の目安があるらしい

    でも深く突き立てて、さらに介錯とか色々あってよくわからないんだけどね

    なお、この程度の情報は把握していて、そのうえでのコメントだったのなら申し訳ない
    失礼いたしました

  22. 人間七七四年 | URL | -

    >>649
    存保くんも、実は小少将の腹じゃないって説もあるっっぽい
    これもうわかんねえな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7312-6d31b05a
この記事へのトラックバック