FC2ブログ

義昭帰洛に関する天正11年の輝元宛家康書状

2013年02月20日 19:51

666 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/20(水) 11:39:42.16 ID:7hBVIyPC
いい話スレで輝元と義昭の話が出てたので、義昭帰洛に関する
天正11年の輝元宛家康書状を紹介
----
公方様の帰洛について書状を受け取りました。
信雄、羽柴、その他家老の衆の請書も添えられており、即座に読みました。
拙者としては各々次第ですのでいささかも問題ありません。
他に東国に御用の際は仰せください、恐々謹言

  二月十四日 三河守家康(花押)
 謹上毛利右馬頭殿
----
足利義昭は本能寺の変の後、都へ帰洛しようと各所へ工作を行っていたが
この書状にも見えるとおり天正11年の初頭には、織田政権の合意を取り付け
帰洛は目前とも言える状況だった。

書状の主である家康は「みんなにお任せ」って感じでスルーっぽい対応。

このまま帰洛が実現すれば良かったんだけど、織田政権内部の抗争が
激化して「賤ヶ岳の戦い」や「小牧・長久手の戦い」が続発した事により、
義昭の帰洛は九州征伐後まで延びてしまったので、ちょっと悪い話だろうか。





スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    この書状見てると輝元の根回し能力は馬鹿にできないものがあるな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    義昭自身がいろいろと動いてたみたいだね。
    あと、毛利としては扱いに困る公方を放出したかった模様。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    最初は喜んで迎い入れたけど、結局持て余し気味になったのかな?
    それとも無駄飯喰い・厄介者ポジなのだろうか?

  4. 人間七七四年 | URL | -

    このころはただのニートですから。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    義昭さんが毛利家にやっかいになった時、官位を上げたと聞いたのですが。
    この位は追放状態の将軍からでも当時有効だったのですか?
    それとも絵に描いた餅状態ですか?詳しいからお願いします。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    公方様が毛利家で「信長めが横死したのは儂が手を尽くしたからじゃ」とドヤ顔で自慢し、周りからうんざりされている姿が目に浮かぶ…

    現代に生まれていたら文通将軍、いやメール魔将軍になってるのだろうか

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    義昭からの御内書だけで、毛利家に口宣案が伝来してないから
    朝廷までは通ってなかったかもしれない。(元就が同じ官位に任官した時のは残ってる)

    信長書状も、毛利右馬頭殿と宛られてたから対外的には通用してたみたいだけど。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    喜んでではなく最初からある種の爆弾扱いだった。

    かの有名な「信長之代、五年、三年は持たるべく候」が書かれた
    ものすごく長い恵瓊自筆書状に「義昭に西国下向されたら一大事だなー」とか
    非常に憂慮する内容が書かれてる。(吉川家文書之一 610号文書)

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    信長があんなことになったのは「天命」ですとか島津に書いて送ってるよ。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※7さん・8さん
    とても助かりました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7313-02990238
この記事へのトラックバック