FC2ブログ

真田信之・幸村兄弟の、噛み合わぬ意識

2013年03月01日 20:11

783 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/03/01(金) 00:02:30.46 ID:5c9UZQ3g
大阪冬の陣が始まろうという時、大御所徳川家康は真田幸村が大阪に入城したことを知り、
その兄である伊豆守信之に、駿府での留守居を命じた。
この事を信之は大変不本意に思い、家康に対し様々なお断りを申し上げた。

この頃信之は書によって再三、幸村へ異見をなしていた。

『父祖のため家のため、である。
去る庚子の乱(関ヶ原)の時には、私の身の上に変えて其の方の命を助けたのだ。
今もしお前がその時の恩義を思うのなら、速やかに切腹をすべし。
お前の息子の大介のことは、私が責任をもって引き受ける。』

しかし、幸村からの返事はなかった。

その後に、幸村は信之の家臣である木村縫殿を密かに呼び、大阪城内の
一室において密会し、このように語った

「私がこの大阪城にあるのは、父上の遺言を守ったというだけではない。兄上への恩義も考えた
上なのである。

今回の合戦で、秀頼公がもし御運が開かれることになれば、私には一国を給うという御証文を
頂いている。私が仮に功を立てて一国を拝領したとしても、それを我が嫡子大介に与えようなどと
考えてはいない。兄上の子である河内(信吉)と内記(信政)の両人の内一人を我が養子とし、これに
一国を与えて先年、我が一命を助けていただいた厚恩を謝せんと思っているのだ。

であるからして、私がこの城に入った事は自分の栄達を思ってのことではない。
また家康公の方でも、私が敵対したからといって兄上の領地を削るということもないであろう。

こういうつもりで私は籠城に及んだのだ。お前は帰って、この旨を兄上に伝えてほしい。
しかし、重ねてここに来ることはならぬぞ!」

そう言って木村を返したそうである。
(慶元記)

真田信之・幸村兄弟の、噛み合わぬ意識をよく表わした逸話である。




790 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/03/01(金) 10:33:35.10 ID:SKX271fp
>783
東のお兄ちゃんの胃がキリキリと。w

792 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/03/01(金) 13:50:05.90 ID:gOOxG2rY
>>783
KYな弟が言う事を聞いてもその嫡男を抱えて胃痛が進行してたんだなw


スポンサーサイト





コメント

  1. 名無しさん | URL | -

    >また家康公の方でも、私が敵対したからといって兄上の領地を削るということもないであろう。

    これの理屈がわからんな
    結果的には削られていないけど
    そう思える根拠が当時にあったんだろうか

  2. 人間七七四年 | URL | -

    元々一国くれてやるからと言った幕府側の話をそもそも信用しないで、豊臣側が勝って一国いただけることを、まさか信じてたのではあるまいな?

  3. 止めて!もうお兄ちゃんの寿命は0よ!

  4. 人間七七四年 | URL | -

    んーーーでも「真田」としては両者各々これでいいような気がする。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    「秀頼が1国くれる」はただの方便で言いたいことは「関ヶ原と同じくどっちが勝っても真田家が残るように保険かけとくよ。徳川は俺が敵になっても兄貴の領地削らないから大丈夫大丈夫平気平気」って言いたいんじゃないすかね
    >米2

  6. 人間七七四年 | URL | -

    と、言っておけば兄貴ももう止めないだろうという考えかもよ

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ただ単に幾ら謝っても許してくれない徳川家に、「なら最後まで戦ってやる」
    程度の意地だったんじゃないだろうか?どう考えても一国の約束なんて実現
    不可能程度は誰でも理解出来るだろうし。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    寧ろあれで殺されなかっただけでも十分にありがたいだろ

  9. 人間七七四年 | URL | -

    実際豊臣に一国を約束されてるやつ何人いるんだ?

  10. 人間七七四年 | URL | -

    >8
    それを今他の人に言って何になるのだろう?
    実際の行動と結果は別物だよ。
    君の想像で物を言われても周りが困る。
    最近こう言う他人へ喧嘩腰の奴多く無い?

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※10
    ※8だが別に※7へ喧嘩腰のレスをしたわけではないのに
    管理人さんの上杉のツイートもそうだけど
    いちいち人のレスを捻じ曲げて変に取る奴っているんだな

  12. 人間七七四年 | URL | -

    失礼
    「管理人さんの上杉のツイートもそうだけど」というのは
    管理人さんの上杉のツイートを批判しているわけではなくて
    それを批判した方に対してなので誤解無きよう

  13. 人間七七四年 | URL | -

    読み返したら※11だとまた誤解されそうだったので
    ※8は「寧ろあれで殺されなかっただけでも十分にありがたいだろ
    (なのに、幸村って奴は…)」
    という感情な

  14. 人間七七四年 | URL | -

    最近よく見かけるけど自覚してないのか
    なんてことない他人のコメやレスに目くじらたてて場の雰囲気を壊してる人って同じ人なのかな?

  15. 人間七七四年 | URL | -

    たぶん同じ人だと思う。特に根拠は無いけど

  16. 人間七七四年 | URL | -

    >10が何故そこまで怒るのかが理解できん

  17. 人間七七四年 | URL | -

    誰もが似たような感想を持たないと我慢できないってのは
    ビョーキとしか言いようがない。

  18. 人間七七四年 | URL | -

    『慶元記』が信繁を幸村と表記する講談レベルだったということはわかった。

  19. 人間七七四年 | URL | -

    コメント欄まで噛み合ってない

  20. 人間七七四年 | URL | -

    前田慶次もだけど、真田幸村表記も最早一般層に完全に浸透しちゃってるからね…
    まあ自分は『信繁』っていうと、真田さんじゃなく武田さんの方真っ先に連想してしまう人間なので、『幸村』表記にもとやかく言えそうにないですが…(苦笑)

  21. 人間七七四年 | URL | -

    まあ「慶次」は仮名もしくはその一部だし当人が書状に
    そう署名してる例もあるから良いんじゃないかな

    むしろ明石掃部とか浮田左京の諱を適当にでっちあげる方がコワイ

  22. 人間七七四年 | URL | -

    あれ?慶元記って難波戦記より古い?
    「幸村」表記の最古は難波と聞いていたが…

  23. 人間七七四年 | URL | -

    本人が聞いたら「誰?」言うレベルの北条早雲さんよりマシ。

  24. 人間七七四年 | URL | -

    >去る庚子の乱(関ヶ原)の時には、私の身の上に変えて其の方の命を助けたのだ。
    >今もしお前がその時の恩義を思うのなら、速やかに切腹をすべし。

    そもそも兄貴も※8※13の様に思っているしねぇ

  25. 人間七七四年 | URL | -

    「真田幸村」って小説・ドラマ・講談でのイメージが一般的で、
    そのイメージのお陰で人気があるからね。史実とギャップがありすぎる。
    ファンは人気があって当然って思ってるから、貶されると腹が立つんじゃないか?

    ファンの人はドラマや講談のイメージを幸村(信繁)に投影してるから
    史実の幸村(信繁)を語ってる人と齟齬や軋轢が生まれるのは必然だと思う。

    ドラマ等のイメージを払拭できればいいけど、それをずるずる引きずってる人も多い。

    結構史実の幸村(信繁)のことも認知されてきてるのに
    未だにドラマ等のイメージで語ってる人を見かけると、
    イメージを押し付けたいのかなって個人的に思う。

  26. 人間七七四年 | URL | -

    大坂方もこの戦力の中、よく戦ったなあ。
    豊家として、摂関家という公家に成り下がることをしなかったんだろうか、それとも浪人共が担ぎ上げたのか…分からん。

  27. 人間七七四年 | URL | -

    武士としての権力を無くした豊家は摂関家としてはやっていけなそう
    藤原五摂家の本当の公家からは爪弾きにされるんじゃないか

  28. 人間七七四年 | URL | -

    「一花咲かせて散るだけだから」なんて言おうものなら
    「どうせ死ぬつもりなら今死ね、すぐ死ね」と返事がくることが予想できるから、
    わざと無茶苦茶言って見放させたんじゃないかと思えてくる。

    よくネタにされる小松殿の「どっちか死ねばよかったのに」も、白刃の上を歩くような
    真田家の状況としてはもっともな言葉だろう。兄弟としてはたまったものじゃないが

  29. 人間七七四年 | URL | -

    ※28
    「どっちも死ねばよかったのに」が隠れた本音だったりしてね。
    (もちろん自分のお腹を指差して…どこかで見たことあるシーンか)

  30. 人間七七四年 | URL | -

    ※22
    慶元記の引用書のところに「難波戦記」と書いてあるから
    難波戦記の方が成立が古いか、慶元記を写した時に他の書籍で
    内容を校訂しちゃったかのどちらか。

  31. 人間七七四年 | URL | -

    長いものに巻かれろタイプの兄

  32. 人間七七四年 | URL | SFo5/nok

    ↓の人。それは違うよ。
    某作家は弟より兄の方が、昌幸に似て謀将の資質が勝っていたと、自著で書いていたよ。
    ただ、秀頼から知行を与えられたなら、お家のためには、主の庶子を当主に据えた方が、メリットは大きいでしょ。
    実際、保科はそのお陰で、真田より家格が向上した訳だし。
    真田の歴史は、だいぶたってから編纂されているから、どっちかが死ねば云々は、鬼嫁の意見ではなく、編纂に携わった松代藩士の本音だろう。

  33. 人間七七四年 | URL | -

    幸村という呼び名が憎くてしょうがない人がいるみたいだけど、
    逸話を語る場で史実がどうのこうのって滑稽にもほどがある
    くずし字も読めない、史料も現代語訳しないと理解できないような人がドラマや映画の影響をあれこれ言ったって目糞鼻糞

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7334-87d8bc4f
この記事へのトラックバック