FC2ブログ

本多正純のこと

2013年03月18日 20:00

940 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/03/18(月) 17:20:13.65 ID:dmvAtqb1
台徳院様の御時に本多上野介殿の身が果てたことについて、世上には色々と雑説が多く、
逆心の様に取り沙汰されるが論じるまでもないことだ。上野介殿は誠に忠臣というべき人である。

父佐渡守は智謀の深き人ではあったがいやなる人で、上野介殿はその子ながら父には似なかった。

権現様が最初に結城の秀康公を御立てになるべきか、台徳院様を御立てになるべきかと老中へ
意見を求めた時、佐渡守は「秀康公は一度太閤へ御養子になされ、結城の家を御継ぎに
なったのですから、天下は秀忠公が御継ぎなさるのが当然の理でございましょう」と申され、
老中はいずれもこれに同意した。

しかし、上野介只一人が「佐渡守の申すことではありますが、私は左様には思いません。
どのようであれ、秀康公は御長子でございます。只今までは太閤に御遠慮にてわざと御疎々しく
なされたといっても、御父子の情に変わりはないのですから、長子に御生まれになりながら、
庶子になられては御痛わしきことです。秀康公こそ御順道と思います」と申された。

その時、佐渡守が「悴は何を思って粗忽なことを申すのか!」と叱られると、上野介は座を立たれた。
結局は佐渡守の考えに極まり、秀忠公を御総領に御定め、秀康公は越前へ封ぜられた。
台徳院様はこの事を殊の外御遺恨に思し召された。

――『鳩巣小説』




942 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/03/18(月) 21:46:50.73 ID:6bSE+HXy
秀康が西軍に着いちゃえば面白かったのになー

943 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/03/18(月) 21:52:41.87 ID:4X1WrXap
秀康がもう少し長生きしたらな

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    本当に言ったかどうかはともかく、長幼の序を主張するのは間違ってはいないし、そもそもそれだけで秀忠が遺恨を持つってのも無理だと思う。

    ただこの場合の長幼って要するに他家に行ったのはノーカンということで理屈付けたのかな?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    あれ 佐渡は親子で秀康を推したんじゃなかったっけ?

    本命は秀忠なんだけど、家康が長幼的に完全に秀康を無視するわけにもいかないと気にしてたから、
    佐渡守が秀康の面目を立てるために~っていう説も聞いた気が

  3. 人間七七四年 | URL | -

    平八郎と佐渡守は秀康を推したのでなかったのか

  4. 人間七七四年 | URL | -

    秀康と秀忠はどっちが諸侯に好かれてたんだろ?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    将器はあきらかに秀康の方が上。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    将器と言われても秀康、秀忠はともに戦の経験がほとんど無いし

  7. 人間七七四年 | URL | -

    他家に行った子供を呼び戻して世継ぎには、御家の死亡フラグの一つじゃないですかー!
    しかも、養子のまた養子に出されてるし。
    家康からも好かれて居ると言う話も今の所は無い。何を持って後継ぎにと押した理由なのか
    が、今一良く分からなくもある。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    血よりも家のほうが重視されていたんだし、当時の価値観なら世継ぎは秀忠なんだよな
    ことが天下人の話なのでそう単純には割り切れなかっただろうけど

  9. 人間七七四年 | URL | -

    養子に行った子息をスキップして相続ってのは定番だしな。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    結城秀康も一応制外の家と呼ばれるほどの家格で処遇されたのだからまあいいのか。これがいくら逸話レベルで子供の頃かわいくないとかいう話から「人外の家」とか遇されたら…。

  11. 人間七七四年 | URL | SFo5/nok

    落胤の土井利勝は?
    秀忠の大御所親政より、利勝の幕政参与期間の方が長いし。
    正純への恨みなら秀忠より、利勝の方が勝っていた気がするよ。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    秀忠推してたのって大久保さんだけじゃなかったっけ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7378-49055c2a
この記事へのトラックバック