FC2ブログ

歴戦の御老体

2013年03月21日 19:51

790 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/03/21(木) 01:30:12.75 ID:Vqoo2WvQ
石井茂右衛門が乱心して、
女房を引き連れ百姓の家に大小を抜身にして立て籠った。
その女房というのは、中野将監の娘であった。
この一件は素早く勝茂さままで届き、
「この一件、すべて中野一門に任せる。
茂右衛門は討ち捨て、女房は生きて取り戻すように」
と仰せ付けられた。
仰せを受けた中野一門は、策を考えながら現場へ向かった。
そのころ山本神右衛門は入道隠居の身であったが、
「島原でうけた傷がまだ治らぬが、私も行こう」
と言い出した。皆が、
「乱心者一人に歴戦の御老体がお出ましになることはありません」
と言って止めると、激しく怒りながら、
「貴様らに何がわかるか。体は動かぬが指図はこの私がする。
しくじって中野一門の恥になってはならぬ」
と、乗り物にのりこみ、袖がらみ一本を持たせ、
家来どもに入念にこと細かく指示をして出掛けた。
そして打ち合わせ通り、百姓家の両側の壁を打ち破り、
茂右衛門が左右どちらに対処するか迷う隙に、
棒で打ち伏せて捕らえた。
神右衛門の家来は指示通りに、
壁を打ち破ると同時に袖がらみを差し入れて、
女房の着物にひっかけ無事に外へと引き出した。
神右衛門はその女房を駕籠に乗せると、
「私はこの仕事のためだけに来た。
あとの始末はよく心づかいしてやれ。
勝茂さまが女房を無事に取り返せとおっしゃったから、
少しのケガもさせてはらないないと思い来ただけだ。
わざわざ年寄が出向いた理由はそれだけのことよ」
と言い残しそのまま帰った。
茂右衛門はその場で斬り捨てた。
介錯は成富次左衛門である 【葉隠】




794 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/03/21(木) 08:33:20.52 ID:mbqVQr6r
切り捨てたのに介錯があるのか
よくわからんな

795 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/03/21(木) 10:48:30.45 ID:NWfeoRh9
>>790
袖がらみを人質救出に使うという手もあるのか。
トゲが凄いから使い手が未熟だと怪我させそうな気がするけど。

796 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/03/21(木) 19:06:02.99 ID:Vqoo2WvQ
>>794
捕らえてから座らせて切腹なしの斬首だろうね

798 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/03/21(木) 21:50:53.40 ID:qAKcSG+A
片方の壁だけだと、確かに人質を引き寄せて準備されちゃいそうだもんなー

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    どちらに対処すべきか迷うというより、両側の壁が破られた時点で驚いて隙ができるよ!

  2. 人間七七四年 | URL | -

    とりあえず女房はどう見てもぶち壊した壁の穴から引きずり出してる格好だから…女性といえども擦り傷はケガと言わない時代なのだろう。

    とりあえず袖搦を帯に引っ掛けて「あ~れ~~」な帯回しにならなかっただけ美談か?

  3. 名前はまだない | URL | -

    読んでたらハンターハンターが思い浮かんだ。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    なんという見事なCQB

  5. 人間七七四年 | URL | -

    左右から来られたら前後に避けろよ!とか言われるのかな?と
    少し期待してしまった。どうやら自分も面倒臭い性格になって
    しまったようだ。立てこもった理由が知りたかったです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7385-2e86ae1a
この記事へのトラックバック