FC2ブログ

越前一揆の暴走

2013年03月25日 19:14

51 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/03/25(月) 00:11:11.16 ID:fiBc4fQU
天正二年正月二十八日、富田長繁と袂を分かった越前の一揆勢は加賀より七里頼周を大将として招き、
本願寺の戦力であることを明確にした。

しかし、一揆勢の制御は七里達にも取れていなかった。
武士も含めた反信長勢力の糾合を目指す本願寺の意思に反して、一揆勢は各所の武士達を攻撃し始めたのである。
丹生郡三留の朝倉孫六が討たれ、河北の黒坂与七も攻め滅ぼされた。
七里頼周は黒坂一族の首を持参した者を「命令無しに勝手に武士を殺すのは言語道断」として成敗したという。

この頃、丹生郡末野村(現越前町陶の谷付近)は立神(立髪)氏が治めていた。
この立神氏も蜂起した村人達によって討ち取られ、屋敷は略奪の対象となり火を掛けられた。
立神氏は前年十月の時点で本願寺と結び顕如からお墨付きを受けていたにもかかわらず、である。
この年の二月に作成され、一揆の指揮官である坊官に提出されたと思われる『某申状』はこの件を「理不尽」とし、
村人を召喚して糾明するよう求めている。

その後も一揆勢の丹生郡での暴走は収まらず、朝倉景綱が逃亡すると暴徒化した一揆勢によって
剣神社が大きな被害を受けることとなる。




53 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/03/25(月) 13:52:43.42 ID:BmG1XOoo
>>51
なんだ、一揆もヒャッハーか
ヒャッハーが持ちたる国越前

54 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/03/25(月) 14:09:29.47 ID:ilM5LbTd
味方にする方が厄介だなw

55 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/03/25(月) 18:31:08.73 ID:cE0fpfoo
剣神社といえば織田一族にとって大事な場所だよな

釜茹でもやむなしか

57 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/03/25(月) 19:03:53.14 ID:NFO/N5Xx
鳴かぬなら まとめてヒャッハー 不如帰

58 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/03/25(月) 19:44:39.57 ID:SIq3uDIb
越前の民は本願寺に長年の支配・指導を受けた加賀の民衆達とは違って
本願寺坊官や大坊主達からの直接支配を嫌い、宗主顕如と宗主の説く「仏法」にのみ帰依していたようだね

59 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/03/25(月) 20:09:35.02 ID:xT5reIS7
越前はキチガイしかいないのか

60 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/03/25(月) 20:10:08.15 ID:tc2IenPu
殺しあわせて皆殺しにするしか無かったんだな…
ノブの判断は正しかった

61 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/03/26(火) 01:28:25.15 ID:6A+2LxeI
>>55
後に支配することになる勝家や3人衆も信長に疎かにしやがっておめえらただじゃ済まさねえからなと怒られてたな

62 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/03/26(火) 03:29:59.43 ID:V/xdGEAT
七里三河守頼周って顕如直筆の書状なんかには七三ってニックネームで呼ばれてたりするんだね 

63 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/03/26(火) 07:03:34.02 ID:taGK6WNg
禿なのに七三とな

64 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/03/26(火) 07:46:26.87 ID:Hfg9fMGr
>>58
仏法に帰依してるのに殺人は無いわ

65 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/03/26(火) 08:12:23.15 ID:8vDmcnBk
念仏で全て許される

66 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/03/26(火) 10:18:52.00 ID:25EE8DpS
アッラーアクバル的な何かか?

67 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/03/26(火) 10:42:55.12 ID:QdUhgFhS
>>62
ああいう略称って自分自身でも使ってるよね。

花押を据えるような書状の署名にまで使われてることもあるし
書札礼的にはどういう意味があるんだろう

68 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/03/26(火) 10:45:10.40 ID:TjctaZ8h
>>66
あっちは色々やらなくちゃいけないことがあるだろ
こちらは念仏唱えれば即救われる
それどころか宗派によっては何もしない・そもそも信じてなくても強制的に救われるからなw

69 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/03/26(火) 15:41:18.25 ID:Q4knNv9Q
武士が南無八幡大菩薩と唱えるのも浄土思想から来てるのか?
平家物語読んでると源氏平家問わず八幡大菩薩を大事にしているが

70 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/03/26(火) 17:01:39.86 ID:po4Uwlxd
>>58
その坊官や大坊主送り込んだのは顕如だし朝倉どころか織田もびっくりな酷な支配に民衆が怒っても
顕如は民衆の側に立とうとはしてくれなかったのが悲しいよね・・・
もう本願寺はそこまで追い込まれてたということなんだろうけど

71 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/03/26(火) 18:12:18.68 ID:A+h3TMGj
>>69
それは別かな。八幡神は平安末のころには応神天皇と同一視された日本の武神
ちなみに、奈良時代末には菩薩号がつくようになった
まあ本地垂迹説によって阿弥陀如来とは結びついてるけど

72 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/03/26(火) 18:17:21.02 ID:po4Uwlxd
平家というと厳島神社を思い出すけど弁才天だから戦の時に祈る対象としてはどうかと思うし
そもそも厳島神社が平家の氏神になったのは平家の長い歴史の中で最後の短い期間でしかないしなあ

73 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/03/26(火) 18:42:11.24 ID:25EE8DpS
八幡神て源氏の氏神じゃなかったっけ?

74 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/03/26(火) 18:51:51.83 ID:A+h3TMGj
平将門だって利用しているし、清和源氏の氏神であるのと同時に武家全般の崇敬の対象だったんだろう

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    これだけ暴れてたなら根切りにされても仕方ないな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    こいつら殺せば極楽行けると信じていたからタチが悪い。どっかの破戒僧が悪人こそ往生できるなどと余計なこと言わなきゃどれだけの命が救えたか、とふと思う。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    いや 一揆 = 宗教 じゃないし。
    あの一向一揆ですら参加者の実利にしたがって動くわけで

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    その破戒僧も、後になって煽り過ぎたって反省してたらしいよ
    誤解されかねないキャッチフレーズはNGという教訓だね

  5. 人間七七四年 | URL | -

    さすが戦国日本、上から下まで安定のモヒカンっぷり

  6. 人間七七四年 | URL | -

    >>3
    もっとも宗教ですら、自分にとっての利がなきゃ誰も信仰なんぞせんよ?

  7. 人間七七四年 | URL | -

    結局何が目的でこんなにも暴れ回ったのでしょうね?
    一時の略奪?自分達の領地を広げる為なのか?
    最終的な着地点すら良く分からない。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    山城みたいにしたかったんじゃないの?
    「全ての侍死すべし!そうすればこの国は百姓のもの」て思惑で。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ガチでシリア内戦と同じだな

  10. 人間七七四年 | URL | -

    権力者(=侍)は皆殺しといわんばかりの民衆の暴走っぷり
    革命みたいだ

  11. 人間七七四年 | URL | -

    織田が台頭しなくて朝倉の支配のままだったとしても
    いずれこういう時期が来たのだろうか。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    独裁者(とされている)による支配に他国が介入して、独裁政権下より混乱状態になるのは現代に進行形であるね。このときの越前国がどういう状況か詳しくないが、統治が難しい土地柄だったのかな?この時代に一向衆が強い地域は統治が難しいイメージはあるな。大阪石山に紀州雑賀荘にと。加賀はもちろん

  13. 人間七七四年 | URL | -

    >72
    源氏の末裔は高い確率で八幡祀っているけど
    平氏は確かにそういうテンプレが無い気がする
    もっと小さな血族の単位でなら
    平姓千葉氏系の妙見信仰とか特徴的なのがあるけど

  14. 人間七七四年 | URL | -

    ※8 ※10
    一揆の中にも侍は居ただろうし、一揆に参加した武士と対立していた者が襲われたんじゃないかね。そして本願寺側はそういうの抑えることが出来なかったと。

  15. 人間七七四年 | URL | -

    そもそも越前一揆と言われてるけど、全体が統一された意志で
    動いてるとは思えない挙動をしてる。

    複数の一揆がバラバラに動いてる可能性もある。

  16. 人間七七四年 | URL | -

    おいおい、民衆が暴れる=革命って安易で且つ間違ってるぞ!
    それじゃ暴動や略奪が革命になってしまう。

  17. 人間七七四年 | URL | -

    ①元君主の朝倉一門を蔑ろにしたり新たな重税を課す前波の為政に越前民衆の不満が募る
    ②出世欲が強く向上心の高かった富田を警戒する前波が信長に富田の領地を削るように諫言
    ①+②の要因で富田が民衆を扇動し前波一族を討取る

    A前波追放の目的が果たされたにも関わらず更に織田の代官を北之庄から追放する一揆勢に富田困惑
    B朝倉旧臣に対する警戒を解かない富田が魚住親子を謀殺→魚住を慕う越前民衆困惑
    A+Bの要因を利用した一揆内の本願寺勢力が加賀より新たな指導者を招き越前内の織田勢力を攻撃

    富田は織田政権内での越前統治者の地位を望んでいたので意に反して暴れまわる一揆(一向宗)に対して領内の反一向宗勢力を取りまとめ一揆に対抗するが内ゲバを憂いた部下に射殺される

    その後は顕如が反抗勢力の居なくなった越前を本願寺統治の一揆持ちの国に染め上げようと企むが
    本願寺統治のやり方に不満を持つ越前民衆が多く一枚岩になりきれないまま織田家の再侵攻に敗れる

  18. 人間七七四年 | URL | -

    いきなり「ぼくがかんがえたえちぜんいっき」になっちまった

  19. 人間七七四年 | URL | -

    こんだけ暴れてるのに今の県民性は「おとなしい」という評価の福井県

  20. 人間七七四年 | URL | -

    思いっきり暴れまくってスッキリしたんだろう

  21. 人間七七四年 | URL | -

    朝倉始末記の記述を信じるなら>>17の説明でだいたい合ってると思う。

  22. 人間七七四年 | URL | -

    軍記物って時点でまったく信用できないじゃないか

  23. 人間七七四年 | URL | -

    朝倉宗滴話記と違って朝倉始末記は天正5年頃に書かれた資料なので比較的正確な資料だよ
    朝倉始末記の前半の「加越闘争記」の部分は不明な点が多いが後半の「越州軍記」の部分はほぼ正確と言われている

  24. 人間七七四年 | URL | -

    民衆ってのはこういうもんだ

  25. 人間七七四年 | URL | -

    暴徒に論理的な行動を求めるほうが無理

  26. 人間七七四年 | URL | -

    ちょっと待て、ここの文章だけ読むとまるで七里頼周が「良い奴」みたいじゃないか?
    この男が百姓が自分の駕籠を横切っただけで「百姓ごときが俺の邪魔をするとは」と劇九度して
    殺すような狂人で織田軍が侵攻してきても誰も彼を庇わなかったとか。

  27. 人間七七四年 | URL | -

    ん?読み直したけど暴徒をコントロール出来ないヘタレとしか読み取れんが。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7398-11de13a7
この記事へのトラックバック