FC2ブログ

フランシスコ・ザビエルと大内義隆・悪い話

2008年12月10日 03:11

171 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/09(火) 01:57:11 ID:lQTOxBOp
天文19年(1550)11月、フランシスコ・ザビエル一行は周防の国府・山口を訪れた。
この地に居を構え、『西の京都』と呼ばれるまでに発展させた大内義隆に
布教の許可を求めるためである。

教養豊かな太守はキリスト教に理解を示し、ザビエルはその教義と戒律を説いた。

汝、我以外を神とするなかれ。  汝、偶像を崇拝するなかれ。
汝、神の御名をみだりに唱えるなかれ。 安息日を覚えこれを聖なる日とせよ。
汝、父母を敬え。 汝、殺すなかれ。 『汝、姦淫するなかれ。』

「…え?側室とか衆道ダメなの?」
「Oh、ハーレムヤ、ウホッ、良クナイ行為デース。大罪デース。神罰ガ下リマース。
コノ罪ヲ犯ス者ハ、犬ニモ劣リ、豚ヨリモ汚レテイルノデゴザイマース。」


毛利隆元・小早川隆景兄弟、陶隆房・義清兄弟、相良武任、冷泉隆豊、etc etc

を食ったと言われる7ヶ国の守護は、ザビエルを文字通り叩き出した。



一応、翌年には寛大にも布教が許された、とフォローしておく




172 名前:人間七七四年[] 投稿日:2008/12/09(火) 08:29:59 ID:hxwAf/xJ
>>171
大友宗麟「え、戒律なんてあったの?」

173 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/09(火) 08:37:18 ID:UfP3ii/P
黒田如水「ry」
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/740-4252fc4c
    この記事へのトラックバック