FC2ブログ

武士として大切な勇

2013年04月21日 19:00

88 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/21(日) 17:05:43.99 ID:0fEREdcl
武田の風林火山の旗を見れば、
腰抜け武士はそれだけで逃げ出す。
そんな武田家全盛の時代のこと。
武田信繁は重臣にこの思いを書き残した。
「たとえ自分の立場が時勢に適応して、
地位、力のある者が親類、周囲にあったとしても、
そのことに安心して、軟弱な趣味を持ったり、
あるいはことさら派手な振舞いなどと、
そういったことをしてはいけない。
なぜなら、それは武士として大切な勇を失いがちになるからだ。
三略にも上の者に勇がなければ、
役人、武士もこれを軽く見るとある通りだ」

《信玄家法》



90 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/21(日) 19:03:19.48 ID:KSMvLDiY
信繁堅いなー。背中叩くとカーンて音が鳴るかも

91 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/21(日) 19:51:59.51 ID:MOMKxQKX
超義理堅い堅物と思われてた方が安全ではあっただろうな
謀略に長けた兄を持ってしまうと

92 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/21(日) 20:54:40.71 ID:d651/HJ0
信繁には、本当に兄貴に取って代わるつもりは無かったのか聞きたいw

93 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/22(月) 09:40:43.28 ID:fiL1TWLm
信繁「兄貴に取って代わって家訓を199条まで伸ばしたいなー」

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    一条信龍「」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    その頃、兄の信玄は・・・

    側室とギシアンしていたのであったと言う。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※2 源助「ガタッ」

  4. 人間七七四年 | URL | A75NpKCQ

    ≫92
    忠家「せ、拙者はそんな恐ろしい事考えた事も無いぞ…((((;゜Д゜)))」

  5. 人間七七四年 | URL | -

    信繁「ごめん兄上、変な名前が付けられた上に目立ってしまって」

  6. 人間七七四年 | URL | -

    その信繁さんは大坂に入ったことを詫びるべきだと思うの

  7. 人間七七四年 | URL | -

    どこかの宗瑞さんは三略の序文一節読んで全部理解したというけど、古典厩さんはどこまで読み込んで理解したのだろう。「たとえ自分の立場が~」って部分は正しく三略の序文そのもの。戦略頭的にはどっこいくらいだろうか。でも武田の最期は勇を蛮勇と勘違いして滅んだのだけど。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    その頃、兄の信之は…

    奥方とギシアンの最中だったという。

    小松「アーン?!アタシを鬼嫁と言ったのはその口かゴルァァァ!!」
    ギシギシ(首締め)
    信之「言ってません、許して…」

  9. 人間七七四年 | URL | -

    信之・・・、400年後の君らの扱いの方が惨いよね(´・ω・)

  10. 人間七七四年 | URL | -

    戦国無双の稲姫に心ときめいた私は、
    ここの小松に心打ち砕かれました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7459-ac699617
この記事へのトラックバック