FC2ブログ

今川氏真「だまされ仕まじ」

2013年04月22日 19:50

331 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/21(日) 19:24:45.22 ID:cte9qme1
永禄12年(1569)、今川氏真は掛川城を逃れ、小田原の北条氏の元に亡命した。
武田信玄は小田原に氏真がいることは自らの行動にとって邪魔だと考え、彼を追い出す策略を立てた。

小田原の氏真の元に、とある町人が訪れ密かに申し上げた
「今度甲州から原隼人が信玄の使者として小田原を訪れ、氏真様に腹を斬らせることについて、
北条側と内談を行い、その後内藤修理が派遣され、氏真様に腹を斬らせる、という事が決まったそうです。」

この言葉を氏真は恐れた。するとその話を聞いてからまもなく、甲州より原隼人が使いとして小田原を訪れ、
これに心もとなく思っていたが、重ねて内藤修理が訪れるとの情報を聞いた。

これは町人の言うことに間違いはないと考え、氏真は小田原から船で逃亡した。
無論、町人も含めて信玄の謀略である。氏真はまんまと騙されたわけである。

さて、船で逃亡する途中、風が悪かったために遠江国浜松に吹き留まり、下十連時にて10日ばかり
逗留した。困り果て仕方なく、徳川家康に使いを出し

『私は伊勢まで所要によって参る所に、風向きが悪いため船で進むことが困難になりました。
そこで陸路を使いたいので、伝馬や人足を使わして頂きたい。』

と申し込んだ。家康は「昔のよしみである。仕方がない」と、望みどおりに人馬を遣わし、その上で
「暫くご逗留あるように」と、様々に饗した。
氏真は小田原出奔以来、たいへん心許なく思っていたのだが、この様子に安堵し、遠州にゆるゆると
逗留した。

そのうちに家康から信長へもこの事の報告があり、信長からも
「どうかいつまでも御逗留あるように。後々には駿河に帰参と言うこともあるでしょう。」
と、懇ろな言葉をかけられ、これは幸いなことであると考えて、さらに緩々と逗留を続けた。

ある時上方の方へ参ったが、ここでは相国寺に滞在し、公家衆などと歌会などを行い、また
蹴鞠などをして過ごしていた所、信長がこのことを聞いて、こちらに来て蹴鞠をして欲しいと
所望された。信長は氏真の蹴鞠の様子を緩々と見物され、その上で振る舞いの用意があり、
信長自身の出で馳走もされた。

長篠の合戦の時も信長に同道し、誰かの手に居たそうである。
その後、武田勝頼が滅亡したため、氏真は信長に対し

『初めに言われたように、駿河を氏真に遣わして頂きたい。』

と申し遣わした所、

「あの頃とは違い、今や何の役にも立たない氏真に、どうして駿河を与えなければならないのか!?
要らぬ人間を生かして置いておくなど無駄な事だ!あいつに腹を斬らせろ!」

と、激怒して命じた。氏真はこれを聞いて驚き、直ぐ様どこかに逃亡した。

そうしている内に、信長が切腹したという話が伝わってきた。本能寺の変である。
しかしこれを聞いた氏真は

「信長が私に腹を斬らせるために、このような虚報を流したのだ。騙されはしないぞ!
こんな真似をしなくても腹を斬れというのなら、私は尋常に斬る!」

と言ったそうである。
(内々信長より腹を切せらるべき気遣の所に是を聞て、だまされ仕まじ、腹をきれとの
事ならば尋常にきるべしと被申よし)
(紀伊國物語)




332 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/21(日) 19:29:40.27 ID:buMIUTJM
氏真のゆるキャラぶり

333 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/21(日) 19:34:17.69 ID:8ZPr5FF9
甲相駿三国同盟による政略結婚で唯一最期まで夫婦連れ添った氏真と早川殿

334 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/21(日) 19:38:27.81 ID:86cNlbDF
親の敵の前で蹴鞠とか
誰か止めてやれよ、といつも思う

335 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/21(日) 19:39:59.82 ID:x/ofBZEZ
生き恥さらせば長生きだけはできるってことか

武士じゃねぇわw

336 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/21(日) 19:46:23.49 ID:xVTYET0X
泥水啜ってでもきのこる!ってのもそれもまた武士だと思うがここまでくればあかんわなw・・・開き直って戦場で槍働きでもすれば一国は無理でも村一個はいけるんじゃないか?とりあえず1対1なら負けないとは思うし

337 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/21(日) 19:51:01.94 ID:q0Uxl8Mt
TERU「これ以上こっち来るな。こっちだって逃げ出したいんだから。」

338 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/21(日) 21:23:13.29 ID:7GMytiRI
ピンチはあったものの、楽しげに長生きできたんならいいじゃないか

339 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/21(日) 21:27:58.02 ID:spFTitzx
>>334
まあ親父は自分から攻め込んで討ち取られたから仕方ない
これで恨んでたら、とんだ逆恨み野郎だ

340 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/21(日) 21:54:26.77 ID:spFTitzx
あ、なんか的外れなこと言ってしまったな
敵に反応してしまったが、恨んでるとかそんな話じゃないなスマン

341 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/21(日) 21:58:52.12 ID:PZe0+X17
慈善事業で戦国やってんじゃないってことだ
手柄もないやつに国をやるわきゃない まして国を滅ぼして生き恥さらすぼんくらを

342 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/21(日) 22:03:49.29 ID:pzslSECG
言われてみると氏真は、武田は結構恨んでそうだけど織田や徳川はたいして恨んでないよな

343 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/21(日) 22:11:01.22 ID:PZe0+X17
親父のこと一番恨んでそうw

344 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/21(日) 22:19:21.97 ID:8ZPr5FF9
>>343
テル「親父が若死にするから叔父さんに折檻されたお」

345 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/21(日) 22:46:48.69 ID:pOlXsqRu
相手が悪かっただけで氏真は頑張ってたほうだと思うんだよなあ

346 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/21(日) 22:53:01.21 ID:PZe0+X17
裏切り者家康め!滅ぼしてやるぅ! 

数年後 
蹴鞠蹴るから雇ってください… 

なぜなのか?

347 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/21(日) 23:07:37.57 ID:pzslSECG
氏真は周囲からカモだと思われたせいで寄ってたかって潰された印象

しかしいざ戦国時代が終わってみれば、武田は味方裏切りまくり一族死にまくりで滅亡、
一方信玄がカモってた氏真は家が潰れた後も人望あったうえに夫婦円満で
さらに高家になったあげく孫が出世しまくるのを見ながら畳の上で天寿全うしたとか
信玄に教えたらどういう顔をするだろうか

348 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/21(日) 23:13:05.29 ID:pzslSECG
ああ、氏真は孫が出世しまくってる頃にはもうあの世か・・・
正しくは「順調に成長していくのを見ながら」だな

349 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/21(日) 23:15:29.32 ID:0GbOcKHp
後世にバカとして語り継がれる今川を笑うだろう

350 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/21(日) 23:18:39.13 ID:Q4fmg1Fn
捨扶持で生きながらえて羨ましがられるかねぇ

351 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/21(日) 23:23:05.77 ID:0GbOcKHp
今川の子孫とかいてもバカにされるだろうし
詐称する価値もないか

352 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/21(日) 23:45:43.97 ID:QzCm68ap
幕府滅んで早々に断絶してたような

353 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/22(月) 02:21:02.65 ID:Q9n2j4T6
武田を追い出したら駿河に復帰ってのは、氏真が掛川城を開城したときの条件だっけか

354 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/22(月) 12:24:32.14 ID:RtZQFnNI
子孫って年末に討ち取られてるアレだっけ?

355 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/22(月) 17:32:05.35 ID:VGnTz/Tr
武田の子孫だって高家だろ

367 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/23(火) 16:09:29.49 ID:WvFxLpzM
>>354
年末に打ち取られる吉良って今川の本家筋だっけ

368 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/23(火) 16:17:18.23 ID:TtJMyvBm
本家筋で今川義元の子孫>吉良義央
しかしなぜか浅野内匠頭や義士たちは
今川義元の供養のために建てられた泉岳寺に埋葬されている

369 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/23(火) 20:46:13.96 ID:mQIJTpyV
権現様も結構いい人なんだな、
桜田門の目と鼻の先に義元公の供養の寺を立てるなんて・・。
三河物語なんかではボロクソだが案外、竹千代&岡崎衆は優遇されていたのじゃまいか?

370 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/23(火) 22:10:07.79 ID:iT1uOT/c
>>369
人間は幼少の頃に嫌な思い出があった地には近づきたがらないんだってさ
駿府は家康の自由意志で終の棲家に選んだくらいだから、
苦労はしてても辛い思いはしてなかったんじゃないかな

371 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/23(火) 22:23:23.81 ID:7RO21V+k
>>369
時代的には彦左が物心つく前の話だし、三河物語のあの辺は一次史料とも
食い違ってる事が多いから、創作程度におもっといた方が良いのかも

372 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/23(火) 22:49:21.77 ID:3mSfHB9G
そもそも面倒くさい人だから事実を知っていたとしてもそれを素直に解釈している保証は無い

373 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/04/23(火) 22:56:38.87 ID:TC7QpK/b
まあ史実と言うよりも、当時未だ名誉回復がなされていなかった大久保家の正当性を訴えるのが目的の著作だからなあ>三河物語

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    千鳥の香炉

  2. 人間七七四年 | URL | -

    まあ、なんだかんだで幕末まで血脈を繋げてるしね

    暗殺とかされなかったのも、「殺す価値もない」ってこともあるだろうけど、彼の人となりのおかげの部分も十分あるだろうし

  3. 人間七七四年 | URL | sSHoJftA

    妙に蔑むようなレスをしているヤツは
    氏真のなにを知っているというんだ?
    武士としての評価が低いのは仕方ないが
    一個の人間として見たときには
    かなり魅力的な人物だと思うぞ

  4. 人間七七四年 | URL | -

    負けて島流しになったけど、なんだかんだでライバルより長生きした中納言さんみたいなのもおりますし。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    家綱の頃迄存命していたからなあ。普通流罪になると精神的に弱ってすぐ亡くなる人多いのに仕送り受ける様になったとは言え大変な島暮らししていたからな。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    遠州灘は黒潮や西から東の風が常は吹いてるのだから
    それを小田原方面から逆行するのは大変

    かつて遠江から伊勢に船で行くときは
    風待ちして東風が吹くの待って一気に行ったらしいけど
    その東風は台風とかの低気圧近づいてる時に発生するものだから
    遭難多発だったらしい

  7. 人間七七四年 | URL | -

    一般人の義元に対する低評価も氏真が一枚噛んでるよな
    少しくらい踏ん張れればまた違った評価だっただろうに
    本人も言ってたけど生まれた時代を間違えた惜しい人材

  8. 人間七七四年 | URL | -

    そりゃ、大名として見られたら蔑む以外の扱いがしようがないから蔑まれるんだよ

  9.   | URL | -

    なかなかに 世にも人をも 恨むまじ 時にあはぬを 身の咎にして

  10. 人間七七四年 | URL | -

    明治になってから断絶しちゃったんだよな

    子孫が残ってたらKOEIのせいで小馬鹿にされてただろうけどw

  11. 人間七七四年 | URL | -

    本当に断絶したのかな?
    嫡流は断絶なんだけど
    傍流で氏真から辿れる血筋は残ってないのかなあ

  12. 人間七七四年 | URL | -

    名門で身体能力に優れ、風雅の道にも通じた貴公子…
    まさに天から二物も三物も与えられた男、氏真。

    もし氏真が現代に生まれていたら、彼はヒーローになれたかも。

    この人は義元の子に生まれなかったほうが幸せだった気がする。

  13. 現代に産まれていたらサッカー日本代表でキャプテンだったのは間違いない。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    謙信が関東に来襲したせいで三河に軍勢を回すのが遅れちまったからな
    氏真にとっては全てが悪い方向に転んでしまった

  15. 人間七七四年 | URL | -

    日本の劉禅。

  16. 人間七七四年 | URL | -

    ※15
    劉禅というよりは曹植かなー個人的には

  17. SHIN | URL | B4ff.1Vc

    氏真の一番の失態は遠州錯乱だと思う。
    井伊直親を殺したことで遠州国衆が一斉蜂起して手が付けられなくなった。
    そしてその状況でも裏切らなかったどころか、掛川で半年も籠城した朝比奈泰朝はすごい。

  18. 人間七七四年 | URL | /uHYxkhw

    実際、そのあたり(遠州錯乱)で武田も今川を見限ってるみたいだからなぁ…

    そのあたりの対応をもう少し上手くやれれば武田も今川を見限らずに信頼出来る同盟国相手への対応をしたかもしれないな。

    もしそうなってたら、歴史は大分変わってただろうな。

  19. 人間七七四年 | URL | -

    ※17
    実際の所、国人の扱いについて氏真の失策は特にない。
    本当に刃向ったものを処罰しているだけ。

    三州錯乱や遠州錯乱の大本は家康で、国人達はどの大名に
    つけば生き残れるか右往左往している状態。

    氏真が忠義を尽くしてる家臣を討ったなどというのは
    後付の物語に過ぎない。

  20. 人間七七四年 | URL | -

    米19
    それはそうだけれど、領主の立場は刃向かわれる事態が失策な面もある。名君でも人間関係だから謀反はされることもあるが、氏真は立て続けに離反されすぎたような、、、

  21. 人間七七四年 | URL | -

    米20
    氏真に国人が逆らうのは、義元が討たれ今川の勢力が大幅に減退した事と
    家康という新興大名が境目の国人に脅威を与えてるという事情があるので
    氏真個人の問題ではなかったりする

  22. 人間七七四年 | URL | -

    一応源氏(本物)の血をひいてるし、
    蔑まれることはないんじゃないの?

  23. 人間七七四年 | URL | -

    米21
    まあ氏真一人で今川没落させたわけではないよな

  24. 人間七七四年 | URL | -

    桶狭間で今川重臣と国人の当主が討たれ過ぎてて、彼らの家督相続なども
    含めて大混乱に陥ったというのもあるし

  25. 人間七七四年 | URL | -

    あの状況下でうまく皆をまとめて織田徳川の圧力に対抗するのは相当な傑物じゃないと無理だろ、もしくは天庵様みたいなおかしなカリスマがあるとか
    尼子の新宮党粛清と並んで手詰りな状況なのに暗愚な行動扱いされてると思う

  26. 人間七七四年 | URL | -

    なんだかんだ言っても三河を失ったとはいえ遠州錯乱もキチンと収めたし
    氏真没落の始まりは、信玄の駿河乱入だな。

  27. 人間七七四年 | URL | -

    今川を裏切った飯尾は裏切り者として浜松で嫌われてたらしい、それを良く思わなかった人が偽書を作って浜松まつりは飯尾発祥にしたとか。

    自分の実家近辺は今川に味方して戦ったから飯尾とか大っ嫌いなんですけどねー(笑)

  28. 人間七七四年 | URL | -

    所々史実と繋がる部分(長篠従軍辺りとか)もあったりで、中々興味深い逸話でした。
    止むを得ない部分もあるけど、逸話上の氏真さんは貶められ過ぎる部分を感じる。
    町人の時点で可笑しいだろうにw

    徳川家にだって元今川筋が居る筈なのに、どうしてここまで酷い扱いが許されたのか?
    結構不思議に思う。

  29. 人間七七四年 | URL | -

    結局徳川も今川を裏切ったわけだし、それ相応の裏切りの理由がないとばつが悪いんだろうねい。
    だから義元は悪い奴だとか氏真は暗愚だとか

  30. 人間七七四年 | URL | -

    理由が欲しいのは後世の学者とかだな。
    解りやすい原因が見つからなかったら聖賢として持ち上げたり暗愚と言って落としたりする。

  31. 人間七七四年 | URL | -

    >長篠の合戦の時も信長に同道し、誰かの手に居たそうである。
    >
    >
    甲州攻略には参加してないのかな?
    だったら、駿河くれってのは無理があると思う。

    というか、織田家で京都在番して調停との窓口になれば、
    何かしら功を立てれたかも知れないんじゃなかろうか?

    本能寺の際に討たれるかも知れないけど。

  32. 人間七七四年 | URL | -

    間違えた
    調停 → 朝廷

  33. 人間七七四年 | URL | -

    「いい所のボンボン」って感じはするよな。氏真さん。
    悪い人では無さそうだが場面場面での対応が、
    「なんで私に従わないの?」的なだだっ子対応に見えてしまう
    京都に近くて遠くて、しかも名家・旧家の流れを組む部分が
    親父の時代から様々な場面で複雑に絡み合っている気がする

    言ってしまえば今川義元は旧態依然の体勢に固執するあまり、
    息子である氏真を「戦国武将」より「貴族」側にふって育てすぎたんだろ

  34. 人間七七四年 | URL | -

    どこの小説世界の話なんだよw

  35. 人間七七四年 | URL | -

    小説やドラマが不当に今川貶めてる部分はあるな。
    氏真の親父の義元も、ドラマでは太った上方カブレだけど、実際は死に様は足利義輝にも引けをとらない逸話も伝わるほどの、武家の名門に恥じぬ武士

  36. 人間七七四年 | URL | -

    見落としてたけど今川義元が旧態依然ってのは無いわー
    当時の戦国大名の中でもかなり先進的な部類だと思う

  37. 人間七七四年 | URL | -

    氏真は競争相手が家康だったせいで後世の評価の下方修正が大きそう

  38. 人間七七四年 | URL | -

    今川義元は「過小評価が逆転して過大評価になってしまった武将」の代表格だな
    そういうスレあるけどw

  39. 人間七七四年 | URL | -

    今川の評価は現在進行中。スレの動向で判断とかアホすぐる

  40. 人間七七四年 | URL | -

    それを言ったら歴史上のほぼ全ての物事の評価が現在進行中ということになってしまうだろ
    その中でどう見るかという話なのでは?

  41. 人間七七四年 | URL | -

    ※40
    そもそもどう見るかと言う「見方が酷い」から突っ込まれてると思うんだが

  42. 人間七七四年 | URL | -

    ※33
    え?マジレスですかそれ?当時の国家運営で革新的な大名家ですよ?
    それにその貴族かぶれが過ぎる部分を憂いて居たのが義元自身なのだが。
    実際息子を諌めている手紙の話が有るじゃないか。
    氏真自身も剣術習っている以上、個人武将として見ればかなり強いと思う。

    ちなみに氏真さんは長篠合戦辺りまではに武将として活躍してます。

  43. 人間七七四年 | URL | -

    ケマーリ

  44. 人間七七四年 | URL | -

    そういえば信長の野望の義元の顔グラが、お歯黒殿から渋いおじ様に変わったな

  45. 人間七七四年 | URL | -

    つまり…氏真も格好良くなるチャンスがあると

  46. 人間七七四年 | URL | -

    ※45
    かっこいい氏真っていうと、信長の野望じゃないけど、真っ先に出てくるのは「殿といっしょ」かなぁ…

    対比で義元が散々ブサイクだのモテないだの言われてて気の毒な事になってるけど…w

  47. 人間七七四年 | URL | -

    最近出た今川氏の遺文見てると氏真も義元の死後頑張ってたように思えるけど、勢力を取り戻そうと急ぎ過ぎた感があるね。
    感状の書き方も義元のそれを踏襲した尊大なものだし

  48. 人間七七四年 | URL | -

    義元も戦場で討ち死にしたのは大名失格の大失態だし、氏真がその後、家康に保護されたりチャンスを与えられたりしたのに武功を挙げられなかったのは無能と言われても仕方がない

  49. 人間七七四年 | URL | -

    ニートもここでえらそうなこと書いたと思うと笑える

  50. 人間七七四年 | URL | -

    ※49
    深夜の書き込みはニートやからな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7461-517a9c4f
この記事へのトラックバック