FC2ブログ

敵に怯えるあまり、却ってさらなる強敵を呼び寄せるようなもの

2013年05月08日 19:51

213 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/05/07(火) 20:27:09.64 ID:k87/HpNS
小田原の陣や東北仕置が終わり、豊臣秀吉が畿内へと帰陣する時、
秀吉が伴の小姓衆14,5騎ばかりで宿泊する事があった。

井伊兵部少輔(直政)はこれを見て、徳川家康に進言した

「これぞ幸いの時分です!今押し寄せて秀吉を討ち取ってしまえば、天下を奪うこと
掌にあるようなものです!」

流石は隙あらば秀吉を殺したい病気の井伊直政である。しかしこれに家康は

「今回の秀吉の軍事行動自体、この家康を頼りにしての出馬であったのだ。
そうであるのに、飼い鳥の首を絞めるような、酷いことはせぬものだ。

武辺というものは、その身が産まれてからの努力で身に付けることが出来るが、
天下を知るためには自分自身ではどうにもならない、大きな幸運が必要だ。

だいたいお前の進めるような働きは、敵に怯えるあまり、却ってさらなる強敵を
呼び寄せるようなものである。

私のところに嫁いできた秀吉の妹は、3年前に死去した。
その上今度の敵であった北条氏直は、私の婿であった。

それにもかかわらず秀吉は私に心許した。そう言う人にむごい行為を
するべきではない。」

そういって、同心されなかったという。
(紀伊國物語)




214 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/05/07(火) 20:43:24.51 ID:asfRCIOu
影武者徳川家康の回想シーンの元ネタはこれかな?

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    ずいぶん短絡的なことを考えた直政さんだ。

    確かに秀吉さえ討ち取れば豊臣(羽柴)は瓦解すると思うけど、それで天下が取れるのだろうか。その時点での最大勢力だとしても、他の勢力を各個駆逐出来るだけの頭数はさすがに用意出来てない気もするし、その意味でタイトルは非常に言い得て妙な言葉だ。

    ただ、その強敵がどこの誰でしょうか?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    天帝ですな

  3. 人間七七四年 | URL | -

    秀吉を殺したい病気ってアンタw

  4. 人間七七四年 | URL | -

    時期尚早だろうな騙し討ちに近いから
    大義名分的に豊臣オールスターズvs徳川になりかねない

  5. 人間七七四年 | URL | -

    北条や伊達などは?

  6. 人間七七四年 | URL | -

    このタイミングで暗殺するくらいなら
    臣従させられて上洛したときにやってるよな。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    新納忠元さんがアップを始めました

  8. 人間七七四年 | URL | tKQf3S82

    明智光秀という壮絶な失敗例もあるしな

  9. 人間七七四年 | URL | -

    仮にこの時期に暗殺が成功していたら、豊臣政権は、
    将来の鶴松後継への可能性を残しつつ実権は秀次
    →鶴松の死に伴い、名実ともに秀次
    という感じだったのかね。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    鶴松という明確な後継者がいる以上、陣代という形で秀次が政務をとることに
    なるかと。(秀長はこの時期病だしねえ)
    しかし直政もここで秀吉殺したら、現職関白を殺したという事で、下手をすれば
    朝敵認定すらされかねないというのに、秀次の碁の逸話と言い、軽率な発言が
    多すぎるように思えるんだが。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    家康が果たして何と返すか試してみたい気持ちで言ってるのだと

  12. 人間七七四年 | URL | -

    そもそもあの権現様が東軍の軍監として付けて
    豊臣諸侯共に「すべてにおいて直政の言うことを聞け」と任せようとするほどの男だぞ

  13. ※42 | URL | -

    直政「あぁ…それでこそ俺の殿じゃ(´▽`)」

  14. 人間七七四年 | URL | -

    その他の状況からも絶好の機会ではあったのかも

  15. 人間七七四年 | URL | 2svZrEBc

    ※3
    ω・´)「呼ばれた気がした!」
    光安「殿、それはもう少し先です」

  16. 人間七七四年 | URL | -

    最上義光はやってる事鑑みたら身内の誰をどう惨殺されようが天罰だよねー

  17. 人間七七四年 | URL | -

    政宗乙

  18. 人間七七四年 | URL | -

    いや、直江の可能性もある

  19. 人間七七四年 | URL | -

    ここで秀吉殺したらおそらく最大支援者の毛利が音頭とって徳川滅亡の流れになる。

  20. ※42 | URL | -

    毛利幕府の誕生とかいうなよ

  21. 人間七七四年 | URL | -

    >ただ、その強敵がどこの誰でしょうか?
    小田氏治「呼んだ?」

  22. 名無しの日本人 | URL | -

    後世の創作だろ
    家康を偉大に見せるために、家臣たちが被害をこうむってる感じ

    つーか君主の近くにいる配下って、こういう被害よく食らうよね
    石田三成とかその最たるものだし

  23. 人間七七四年 | URL | -

    妄想すると
    上杉は関東進出を優先
    伊達は旧領を押さえに
    佐竹がそれに対抗するか和睦して関東進出を目指すか
    その状況で徳川が東海道にいるなら関東制圧か西進するかの選択、信雄を擁することができれば西進で尾張、伊勢は押さえられるだろう
    美濃、近江へは前田の出方と豊臣側の立て直しが素早く出来ているか
    豊臣側が立て直して反抗に出られるかは毛利の出方次第かな
    結局畿内の状勢は毛利と前田にかかってくるんじゃないかと思う

    こんなこと妄想してるとif戦記を書く作家の気持ちも分かるけど活字にしようと思うと恥ずかしいわ

  24. 人間七七四年 | URL | -

    常朝「ifなど言い出したら切りがない、わからないものはわからないのだ。」

  25. 人間七七四年 | URL | -

    政略や戦略はifの積み重ねの上に成り立っているものなんだがな

  26. 人間七七四年 | URL | -

    「わしを敵だと申したか」

  27. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

    ※22
    今の後世の世であーだったこーだったと想像しても
    当時の資料の証拠に勝てるものはないよ

  28. 人間七七四年 | URL | -

    直政にしてみれば、とりあえず秀吉暗殺を提案しておかないと、
    ほかの三河武士がうるさいからなんじゃないの?

  29. 人間七七四年 | URL | -

    ※22
    そんなこと言わなくても皆わかってるよ
    家康や秀吉の場合、本人が望んでなくても周りが持ち上げてくれるからね

    本人が知らない話もあるんだろうと考えると面白いよ
    家康や秀吉はこの話を聞いてどう思うんだろうとか。
    うんこなんて漏らしてねーぞーとかw
    そんなに好色じゃねーよとかw

    石田三成だって、判官贔屓の逸話あるしね
    三成が被害の最たるものとは思わないな
    本当の被害者?は名前さえも残ってなく、且つ手柄がいつの間にか他人の手柄にされてる人だと思うw
    名前が歴史に残ってるだけでも凄いことだと思うぞ
    自分は名前残らないと思うし

  30. 人間七七四年 | URL | -

    いきなり三成がどうこうとか言い出す奴はだいたい面倒くさいから触らない方がいい

  31. 人間七七四年 | URL | -

    「そんなことしたらこっちも殺されるだろ」って返せないのを
    知ってて聞いてんだもんな
    三河者にも劣らぬめんどくさい奴よ

  32. 人間七七四年 | URL | -

    確かに、なんですぐ三成三成いうんだろうと思う奴はいるな
    どっちかというと三成は逸話的には厚遇されてる側だろうに
    「徳川家は強く高潔な敵と正々堂々戦った」と宣伝する必要もあるわけで

  33. 人間七七四年 | URL | -

    ところが井伊さんの子孫は敵に怯えて大量粛清をし逆に倒幕の火種を播いちゃいましたとさ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7510-e00cfb4d
この記事へのトラックバック