FC2ブログ

本多忠勝と井伊直政が見て、

2013年05月12日 19:06

602 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/05/12(日) 16:28:05.35 ID:YhAuK8F9
関ヶ原の時、島津義弘が引いたのを本多忠勝井伊直政が見て、
忠勝は「そのまま逃がすとしよう」と言った。

一方、直政は、今あの逃げる武者を逃がす所ではないと思って「返せ!」と声をかけた。
すると、義弘はそのまま取って返し、鉄砲の者に銃撃させた。

直政は手に銃弾を受け、忠勝は馬に当たって落ちたのだという。

――『老人雑話』




603 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/05/12(日) 16:38:27.52 ID:v6NTi0Nt
三国黒から落ちても無傷だったのか

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    逃がすようにしようと言ったのに忠勝はなぜ

  2. 人間七七四年 | URL | -

    もともと届く距離にいたか、直政を追っかけたんじゃね?

  3. 人間七七四年 | URL | -

    あぁ、三国黒が討死したのがこの時か…
    この後に梶さんの馬に乗せてもらう話に続くわけだ

  4. 人間七七四年 | URL | -

    あれ?忠勝さんも積極的に追撃してた様な・・・。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    直政「あれは敵だと言われて追わずにいられるものか」
    だったよね

  6. 人間七七四年 | URL | -

    天下分け目の戦端を開いた直政が槍納めしたら、締まらないからな。武士は名こそ惜しめだな

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ダメだ、どうしてもこの場面はシロンペロンを思い出してしまう。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    (柏木さんの為にも)思い出すのはやめたげてよぉ!

    まあ自分も、退き口前後の島津と聞くと(後日談含めて)真っ先に中馬の逸話思い浮かべちゃうんだけどもな

  9. 人間七七四年 | URL | B7aCswa6

    忠勝さんは一言坂のこと思い出してたんだろうか

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7520-09443922
この記事へのトラックバック