FC2ブログ

伊東家の没落

2013年05月29日 19:52

735 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/05/29(水) 09:03:00.00 ID:GL+Xoqqs
真幸口のうち四ヶ所の城を捨てる事

天正四年八月、真幸院のうち三ツ山、須木の領主である米良美濃守の給領
のうち加江田郷地福六町を召し上げ伊東皈雲入道へと遣わされた。

この所領は先忠により兄米良筑後守に褒美として与えられていたが筑後守
は覚頭で敗れたときに討死にしており米良美濃守に給っていたものだ。

懸命の地を取り上げられる事を美濃守が遺恨に思った為、これを糾明する
為に新光寺を使僧として山東へ召し寄せようとしたが、美濃守はなにを
思ったのか途中で新光寺を討ち果たし、そのまま三ツ山、須木の領を捧げて
島津兵庫頭(義弘)が居た真幸院飯野城に参陣した。

これにより真幸院のうち高原城に薩州より大軍が押し寄せ、高原城に指し
置かれていた福永平右衛門は日夜三日防戦したものの城中の水が尽き降伏。

それにより野久尾城も守る事も出来なくなり、高原・三ツ山・須木・野久尾
の四か所はそのまま島津の知行となってしまった。

これ以後は野尻の地頭福永丹波守に軍勢を加えて、野尻・戸崎の両城を境と
して手堅く番をさせるようになった。

(日向記)

所領のトラブルから伊東家の没落が加速していくお話





スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | 3v9IlUEY

    米良矩重は未完成の小林城で兄と共に島津氏を撃退したりしていたのに、理由も無しに領地を盗られたらそりゃ怒りますよね
    ましては主君が自分に良い感情を持っていないとしたら裏切るのも当然です

  2. 人間七七四年 | URL | -

    でもこの人、伊東祐兵がに旧領に復帰すると島津家を無断で出奔して、祐兵の前に出て謝罪しにきて切腹したいって言ったみたいだけど、許されて再び伊東氏の家臣になったみたいだね。
    矩重の嫡男・勘之助は矩重の遺言で祐兵の嫡男の祐慶が亡くなると殉死したみたい。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    なぜか題名で、伊東家の食卓をおもいだした

  4. 人間七七四年 | URL | -

    義祐はこの以前に、伊東の家督介入に反対する北原家臣を山東に召し寄せ、その帰りを待ち伏せて取り囲んだ挙句に全員に詰め腹切らせた過去があるからな

    矩重ももはやこれまでと離反するよりなかったのだろう

  5. 人間七七四年 | URL | -

    義祐といい北の宗麟といい、合戦で優秀な家臣大量に失った挙げ句残った家臣まで冷遇してる様じゃ求心力失って没落するのも無理ないな

    息子の出来が良かった分、伊東家の方はまだマシって感じかな

  6. 人間七七四年 | URL | -

    大敗したあと家臣や国人の相続関連で大混乱に陥った挙句
    その仕置きに失敗して没落するのは、お約束のパターンだしね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7574-84055631
この記事へのトラックバック