FC2ブログ

高虎の兜

2013年05月31日 19:51

377 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/05/31(金) 00:22:27.51 ID:1yvEeHXV
高虎の兜

藤堂高虎の唐冠形兜は、左右に5尺の脇立物を持つ。
プロペラともウサミミともいう。
唐冠兜


大坂夏の陣開戦前夜、高虎はこの唐冠形兜を
甥の藤堂玄蕃良重にかぶせて言った。
「わしはこの兜をつけて、度々の合戦にも一度も遅れをとらなかったものだ。
これを譲ることができる若者はそなたしかいない。」

玄蕃は身に余る名誉に打ち震えた。
何とか優れた高名を表し高虎の恩に報いたいと、胸のうちを伝えた。
「某は今年二十三歳、大兵にして剛強。
三幅の大幟を指物にしたいところですが、
これに耐える馬がないのが残念でございます。」


しかし、気鋭の若武者のはやる血気は、裏目に出た。
功を逃さんと、木村重成の右翼隊に猛進した玄蕃は、
瀕死の深手を負ってしまう。
陣地に戻った玄蕃は、家臣に抱きかかえられて馬から降り、
小屋に担ぎ入れられた。
すると玄蕃はどういうわけか、手を挙げ、苦しい声で、
「羽根が、羽根が」
と言う。
高虎から拝領した兜の脇立物を、狭い小屋内で傷付けるのではないかと
思いやってのことだった。
死に際しても、主君への恩を重んじる心遣いに人々は涙した。

玄蕃のもとに駆けつけた高虎も
もはや舌がこわばり言葉も通じず、ただ高虎の顔を眺めるばかりの玄蕃に、
「玄蕃か、玄蕃か、」
と言うのが精一杯、あとは言葉にならなかったという。

高虎は後にこれを「手柄の討死」と称え、おおいに嘆いたという。

                            「元和先鋒禄」




378 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/05/31(金) 00:30:26.46 ID:21x4znql
藤堂玄蕃というと、嶋左近の息子と一騎討して死んだ人を思い浮かべた
その息子の逸話か

381 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/05/31(金) 00:42:44.04 ID:1yvEeHXV
>>378
そうです。
関ヶ原で討死した良政の息子が良重。

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    画像見たら本当に兜がプロペラぽくて笑った(笑)

    というか四次元ポケットから取り出した未来の道具ぽいというか、空を自由に飛べそうだなというか…w

  2. 人間七七四年 | URL | -

    >耐える馬が無い
    やはり藤堂一族は皆でかかったのか…

  3. 人間七七四年 | URL | LkZag.iM

    こんなに目立つ馬鹿でかい兜かぶってたら狙われるよね
    敵方にも高虎の兜として知れ渡っていただろうし

    高虎の厚意も裏目に出たんじゃないかこれ

  4. 人間七七四年 | URL | -

    この大きさ…実は武器だったんじゃないだろうか…
    太刀と脇差しを構えれば正に四刀流…!

  5. 人間七七四年 | URL | -

    馬を走らせたら風圧がきつそうなんだが
    揚力が発生する?!

  6. 人間七七四年 | URL | -

    伊賀上野城で昔見たけど、そのとき近くで見てたカップルのうちの若い女性が
    「後ろから呼びかけられて振り向くだけで撃破数かせげそう」とか言ってたのをいまだに覚えてる

  7. 人間七七四年 | URL | -

    これ刃物に付け替えて馬で疾走して「プロペラカッター」的な使い方
    した方が強そうな気がする。
    他の物も結城秀康の唐冠形兜も、もう少し短くしているのに、何故に
    こんな横に長く邪魔臭い形にしたのだろう?

  8. 人間七七四年 | URL | -

    こんなの被って戦場で指揮するとかそりゃ加藤嘉明が高虎を馬鹿にするわけだ
    どう見ても儀礼、鑑賞用の兜でしかない

  9. 人間七七四年 | URL | -

    いやいや、別に乱戦になれば外すか折るなりすればいいやん。

    そんな事いったら、
    森パパ(可成)や、工場長の様な鯰尾兜なんか大概でしょう。
    後、一ノ谷兜とか。

    ま、縦か横かの違いが有るけど。

  10. そら名無しよ | URL | -

    三斎様「邪魔になるくらいなら折ればいいだろ」ボキー

  11. 人間七七四年 | URL | -

    あ、森パパが鯰尾兜をかぶってるようにとれるな。

    森パパの釘の前立の事です。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    藤堂高虎「兜が地味だと目立てないやん」

    加藤嘉明(・・・でかいクセに)

    福島正則(・・・でかいクセに)

    黒田長政(・・・でかいクセに)

  13. 人間七七四年 | URL | -

    編笠七蔵「編み傘被ろうぜ!」
    武田勝頼「素肌でも結構イケる!」

  14. 人間七七四年 | URL | -

    この兜かぶって狭い道入って木に当たったりとか、森の中入って木に遮られて前に進めない~ってあっただろうな。
    それとも、カニ歩きでもしたのかな~~

  15. 人間七七四年 | URL | -

    高虎が兜を譲った行為はすぐ上の逸話と似たような面があるが、裏目に出てしまったな

  16. 人間七七四年 | URL | -

    仙石秀久「目立ちたいなら鈴を付けまくればいいんじゃないですかね。」

  17. 人間七七四年 | URL | -

    高虎はけっこう命を張ってきて生き残っているのにな。
    運の強さは遺伝しないもんだ。

  18. 人間七七四年 | URL | -

    上の葉隠の逸話と似たような感じだが、裏目に出てしまったな。

  19. 人間七七四年 | URL | -

    長岡外史「この兜は、やりすぎだろ!」

  20. 人間七七四年 | URL | -

    大名や総大将クラスの巨大な天衝や脇立のついた兜の場合、大体換え用に何も付いていない鉢だけの兜を一緒に携行してる事が普通だよね
    近接戦になったり、状況次第で緊急用の兜にチェンジするんだけど、主君から下賜された家臣の場合は替え用の兜に替える事はできないよね

  21. 人間七七四年 | URL | -

    仙台市博物館だかでまーくんの三日月の兜は
    利き腕で刀を振り上げた時に前立に引っ掛かからないように出来ている
    …と聞いて、兜見て「おーなるほど」と感心した記憶がある

  22. 人間七七四年 | URL | -

    ※21
    何故か某機動戦士のV字アンテナの事が頭に浮かんだ

  23. 人間七七四年 | URL | -

    プロペラの使い方色々あるね。

  24. 人間七七四年 | URL | -

    これって、そういや秀吉から拝領したとかの兜ではなかったか・・?

  25. 人間七七四年 | URL | -

    兜「どこまでもな」

  26. 人間七七四年 | URL | -

    ※24
    調べたらそうみたいです
    秀吉から拝領した高虎愛用の兜
    これは頂いた方はあらゆる意味で手柄を揚げないわけにはいかないことに
    ちょっと若い物に発破をかけてやるには重すぎたかもしれない

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7583-60c28483
この記事へのトラックバック