FC2ブログ

菅正利、平安川の戦い

2013年06月06日 19:51

菅正利   
402 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/05(水) 22:26:54.06 ID:CPdK6HUg
文禄元年(1592)、豊臣秀吉は兵を発して朝鮮を征伐した。
このとき黒田長政もその軍勢の先手三大将の一員であり、長政の家臣である
菅正利(当時26歳・後に黒田二十四騎の一人)も長政に従って朝鮮へと赴いた。

これ以前に菅正利は知行200石を給わっており、足軽10人を預けられていたため、今度の軍行では先手を
勤めた。

この年の6月14日、黒田長政の軍勢が朝鮮人と、平安川において激戦となった。
菅正利も命を惜しまず真っ先に進んで励み、戦ったが、川岸の上で敵と暫く組み合い、ついに組み伏せ
止めを刺そうとしている所に、別の敵が駆け寄ってきて上の正利に飛びつき、引き退けようとした。

正利は下の敵を押さえながら上の敵と取組んだが、そのうちに3人とも川の中に落ちてしまった。

川に流されている中、正利は下の敵の上に乗り、もう一人の敵と組み合い戦い続ける。
そうしてどんどん川下へと流れていく中、味方の兵が正利の鳥の丸の指物を見つけ

「六ノ介(正利)かー!?」

と、川に向かって声をかけた。

やがて少し岸際に流れ寄った所を、正利の下人が川下から川に入り彼を引き上げたのだが、
敵と3人、組み合いながら陸へと上がってきた。まだやってたのだ。

敵の内一人は前に傷を負っており、水に入ってすっかり弱っていたのだが、
もう一人は大兵で大変力の強かったので、陸に上がって正利を組み伏せようとした。
しかし正利は咄嗟に脇差を抜いて敵の脇をしたたかに突き通した。
これで敵がようやくに弱った所を、正利は彼の首を取り、もう一人の弱った敵の首も取った。

この働きを黒田長政はよく見られており、後に褒美を与えられた。
(菅氏世譜)




403 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/05(水) 23:00:49.70 ID:zCmh6slc
二対一でも虎殺し相手には役不足だったか

404 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/05(水) 23:10:27.14 ID:MTdHQHeE
川の中で敵と格闘していて指物がどーのこーの
NGMSにも同じ話があったな、と思って調べたら菅さんの話自体既出だった
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-5572.html
ドキッ☆KURODAだらけの水泳大会(首ポロリもあるよ)!

しかし、NGMSの時は助けなかったのに、こっちは引っ張りあげたんだな

405 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/05(水) 23:21:06.70 ID:kVGk6KDr
川から引き上げても三人取っ組み合い状態って、どんな修羅場だ

406 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/06(木) 08:19:29.29 ID:F93NLtNY
最後には三人が渾然一体となった、妖気漂う濃厚なバターが

407 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/06(木) 09:56:38.69 ID:gUMHqu1a
如水さんが美味しいパンケーキを作ってくれるんですね

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    弱い弱い言われる朝鮮軍にもこういう戦場レベルでの勇者はいたんだなあ
    まあ当然といえば当然だけど…
    日本軍にどんどん撃破されたのは
    やっぱり軍上層部や政府が腐りきってたのが一番大きいんだろうね

  2. 名無しの日本人 | URL | -

    鉄砲も日本刀もない
    弩はあるが、これだけでは・・・

  3. 人間七七四年 | URL | -

    朝鮮や明は、下がそれなりに優秀だったけど上がめちゃくちゃアレだったっていう話やな
    いくらこういう強者がいても朝鮮と明は上が腐りきってたからしかたないね。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    一方で日本も、めちゃくちゃヤバい人を頂点に頂いていたという・・・

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ちびくろさんぼw

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    ※3
    李舜臣が、わが国の人間(朝鮮人)は10人中、8、9人は臆病者と言ってるし、
    慶長の時の、朝鮮軍の現状の報告書でも、1万人中50%の兵が脱走していたりするし。

    義兵長の郭再祐の言で、義兵団は所詮は烏合の衆で、脱走する者も少なくないと記されている。

    かなり惰弱の感は否めない。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7601-b86b8af9
この記事へのトラックバック