FC2ブログ

「感状は主君のためならず」

2013年06月17日 19:56

511 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/16(日) 19:44:16.37 ID:jbZl6Min
島津家の武将、山田有信は九州征伐に際し日向高城に籠もって奮戦したが、主君義久の説得によりやむなく降伏に至った。
攻城側の羽柴秀長はその人物と才覚を惜しみ、兄秀吉の直臣となるよう誘いを掛けたが、有信は「とんでもないこと」と言下に断った。
秀長はこの態度を却って気に入り「では他に望む物はないか」と重ねて持ち掛けた所、
「我ら一族郎党が主君義久の元へ戻ることを認めて頂ければ、他には何も望みませぬ」と願い出たのでこれを快諾した。

薩摩への帰国を許された有信とその部下達だったが、日向は数年前までは伊東家の領地。殆ど敵地も同然である。
帰国の途上で伊東の遺臣に付け狙われることもあり、山伏に身を窶して薩摩へ帰還したという。
義久は彼の帰還を大いに喜び、感状を与えたが、有信はそこに加増の旨を認めるとその部分だけを消して拝受し、
頑として加増を受けようとしなかった。

これを伝えきいた諸人は多いに感嘆し、その後の朝鮮の役や関ヶ原で功を上げた中馬大蔵に浜田永臨、
押川強兵衛、山田有栄、指宿清左衛門といった剛の者たちは有信の事例を引き合いに出し
「感状は主君のためならず」と加増を断り、みな清貧に甘んじたという




512 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/16(日) 22:30:10.57 ID:7AcLyGz5
進んでサービス残業や休日出勤をするワーカーホリックのせいで
誰も残業代を受け取れないブラック企業の話を思い出してしまった・・・

513 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/16(日) 22:55:26.73 ID:evhdrLdX
ワ○ミみたいな企業みたいな話だと思うと悪い話みたいになるからやめなさい!

514 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/16(日) 23:04:59.12 ID:E1i6Xco3
一応、終身雇用どころか代々雇用があってだから・・・

515 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/16(日) 23:40:46.20 ID:BENzQbRB
武士の忠義は家意識もあるから、
現代の新卒中途で縁もゆかりもない他人ばかりの企業に就職するのとは違うわな
ワタミの社長は論語の解説書みたいなの出してたなw
でも一代限りの上下間に中世ばりの忠義発揮する人間はなかなかいないだろ。
いたらある意味尊敬するけど。
現代でやれるなら逆にすごい忠義心だし仲間を信じる気持ちの強い人だよな

516 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/17(月) 02:06:22.54 ID:IZie7/be
例の社長は社員に24時間労働するのは奉仕だとか言って
労働者を不当に搾取して富を築く、時代遅れの卑怯者

517 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/17(月) 08:21:01.15 ID:WlUSF5eT
出来ないとか無理なんて言わせないのがあの社長のモットーなんだろ
それで従業員の心身を壊してるんだからどうかしてるだろ
本気で政治家になるつもりなんかね
冗談であってほしいわ

518 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/17(月) 12:56:28.09 ID:KHYbwo1p
>>516
時代遅れ所か、戦国時代なら押込か追放、下手すりゃ宇喜多メソッドの対象だろう

519 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/17(月) 13:54:27.32 ID:YbkXtjY1
三河のややこしい人らはまず黙ってないな

520 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/17(月) 14:40:19.48 ID:fisDmLvD
主君が上手く乗せればそれに近いこと平気でするだろうけどな。

上から押さえつけたら退転するわ刃向けるわでもう大変だろう

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    まあ、当時の島津だと戦争に負けて領土的に厳しいとか、えるとこない戦争とかだから、そういう戦の手柄だと、加増どころではないということかも知らん。

  2. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

    山田さんのいい話がワ○ミ叩きにすげ替えられちゃった…

  3. 人間七七四年 | URL | -

    終身雇用じゃなくて代々雇用だからで、
    「ハッ!」っとさせられるものがあった。
    それはともかく、下手に沢山加増されると息子が苦労するからなぁ…

  4. 人間七七四年 | URL | -

    まあ本スレの○タミ叩きの心情はよく分かる。実際はここのコメ1さんの「加増出来るほど持ってないだろ?」が本心かもしれないし(もちろん忠義一辺倒は疑う余地はないけど)。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※1さんの言うように、九州征伐で島津は大幅減封だから加増されても後がね…
    加増の程度によってはあとで悪久に粛清されかねないし

  6. 人間七七四年 | URL | -

    島原でムチャな取り立てやってた人は家臣たちに何も言われなかったんだろうか

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    悪久さんは朝鮮で活躍した人に加増するように要望してたんだぜ
    まあ、それを断られて伊集院幸侃の殺害へとつながっていく訳だが

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ワタ○例は過去をみれば最悪の手法だからな。
    「好きに人を切れない」って愚痴みたいな話もあるが、
    それは功労者にちゃんと加増出来てからの話だよな…
    上が責任をとらない。部下に加増しない。
    そんな戦国武将の末路はだいたい決まっていただろうに。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    龍伯翁とワ○ミの奴隷商人とでは天秤にもかけられんわ

  10. 人間七七四年 | URL | -

    (キチンと真面目に、かつ自分に忠誠してくれる)家臣に対してはしっかり評価して報いてる分、悪久ですらワ○ミより幾分かマシなんじゃなかろうか
    じゃなきゃ殉死する家臣なんて現れないだろうし

    何にせよ、本当に山田さん親子の忠臣ぶりには頭が下がる

  11. 人間七七四年 | URL | -

    中途半端に加増されると、新たな領地経営のために家臣を増やしたり、その領地に見合った家格を維持するために散財せねばならず、かえって加増前より困窮することがあるからかもしれん

  12. 人間七七四年 | URL | -

    山田有信は「逆臣の係累」だった、てのもあるかもしれんね。
    常に忠臣として己を律し、そう振る舞うほか選択肢がなかったという風に思えば、有信の人生にとってそれは、とても重い十字架になってるんじゃないかって、この逸話見てふと思った。
    有信にとって主の龍伯が掛値なしの名君で、忠誠を捧げるに相応しい人物だったってのは、本当に幸運だったと言えるかもね。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    島津家はこの時点で既に数百年の実績があるからなあ。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    何だか武士の世界って、「加増される為に戦功上げてる」面もあるのに、
    実際に加増された方が苦労している様な気がする。
    特に大名クラスの家禄を貰っちゃった人達とか。

  15. 人間七七四年 | URL | -

    ※14
    それってリアル社会でもその傾向にあるじゃん。

  16. 人間七七四年 | URL | -

    まぁ、確かに今も昔も心臓に毛が生えているくらい
    図太い精神じゃないと大身になったとき潰れるよなぁ…
    不祥事の時とか特にそう思う。

  17. 人間七七四年 | URL | -

    中世でも一代成り上がり系は「人」に仕えて「家」には仕えないよな
    豊臣系大名とかがあからさまにそんな感じ

  18. 人間七七四年 | URL | -

    そいつは「恩」が「家」にあるか「人」にあるかの違いじゃないしょうか。

    譜代の家臣であれは忠誠心は「家」に向きますが、新参であれば「人」に
    向かうでしょうし。

  19. 人間七七四年 | URL | -

    数代仕えていれば「その家に代々食わせてもらってきた」って気にもなるだろうけど

    一代で取り立てられた人、しかもその取り立ててくれた主君も一代の成り上がりで、更に後継ぎが何か頼りないぞなんてことになるとね・・・

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7634-60a80aae
この記事へのトラックバック