FC2ブログ

その盛志を遂げずして

2013年06月18日 19:55

522 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/17(月) 17:43:56.70 ID:vKATk0sd
ある日、藤原惺窩は奮発して大明国に入りたいと欲し、直ちに筑陽に至ると、
果てしなき大海原へとのりだした。

ところが風濤に逢って鬼海の島(鬼界島)に漂着し、その盛志を遂げずして
帰ることになった。

――『先哲像伝』




523 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/17(月) 17:48:44.05 ID:TML1DMIc
惺窩が本懐を遂げられなかったからいい話なのか?w

524 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/17(月) 17:51:47.01 ID:LImlMQ8w
現実見たらパリ症候群で狂い死にしたかもしれない

525 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/17(月) 21:56:48.69 ID:aINWrm7x
その頃の明はもう完全に末期状態だから
惺窩は現実を見ずに済んで逆に良かった
おかげで一生夢見てられる

526 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/17(月) 22:24:10.32 ID:HYqiGM4t
ほろ苦い話だな

527 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/18(火) 11:52:19.66 ID:mY5ZAC7h
鬼界島って奄美の島か。まあ、島に漂着出来て良かったよな

528 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/18(火) 14:58:34.09 ID:0XQHLgsE
遣唐使だったら沈んでたわ

529 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/18(火) 16:32:13.75 ID:2uJWdv6r
鑑真さん乗ってたんじゃね?

530 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/18(火) 18:03:48.28 ID:8H5gQgKK
桃太郎が

532 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/19(水) 00:32:55.16 ID:oeL6e3Se
>>526
屋久島の手前にある「薩摩硫黄島」かも。
(火山活動のため海が黄色に染まっているので黄海が島(鬼海が島)となったとか。
ちなみに、この島を含む巨大カルデラが「鬼界カルデラ」といい、
考古学でおなじみのアカホヤの産地だったりする。)

鬼界が島といえば、平家物語の「卒塔婆流し」「足摺」の舞台。
そして、平康頼の「薩摩潟おきの小島に我ありと親にはつげよ八重の潮風」(千載集)の歌。

冷泉為純の子である藤原惺窩は、この島で
「薩摩潟八重の潮風つげやらんあはれ憂き身は親だにもなし」と詠んでいる。

父も兄も別所長治に討たれてるもんなあ。

534 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/19(水) 01:58:13.79 ID:O4ZcSBED
惺窩先生も良いキャラしてんだよなぁ
アレはアレで大好きだ

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    張居正時代の最中か後か。張居正の治政を是とするのか。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    まぁ、確かに現実を見ない方が良かったと思うことは
    個人的に良くあっただけに納得してしまう…

  3. ゆとりある名無し | URL | -

    本当にこいつって日本の売国奴のはしりだよなぁ

  4. 人間七七四年 | URL | KAms/y7Q

    そもそも儒教は始まりの孔子からして「昔は良かった。今はクソ」っていう思想だから……

  5. 人間七七四年 | URL | -

    惺窩にしてみれば、成り上がり者でしかない秀吉が我が物顔で
    政権とっている現状に我慢が出来なかったんだろうねえ。
    かといって下手に逆らうのも危険すぎるので、明を理想国家と見て
    その幻想に逃避しちゃったと。

    羅山との本の貸し借りのエピソードと言い、どうもこの人は
    思い込みが激しい側面があるな。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    >>惺窩は売国奴

    まあ、こういうこと言う人には多分納得してもらえんだろうが
    惺窩の理想の半分くらいは綱吉が実行しちゃって
    その影響を受けた文化・価値観は今でも日本社会に残り、
    ある意味『日本人の美徳』になってるんだがな~

  7. 人間七七四年 | URL | -

    惺窩の逸話に売国奴と書き込まれるのは
    今やこのブログでもっとも痛いテンプレと化しつつあるな。

    備前茶などと違ってネタじゃないから痛々しい。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    惺窩が綱吉の時代見てたらなんて言ったか非常に気になるなw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7636-a3c83e21
この記事へのトラックバック