FC2ブログ

ちょっとした戯言が

2013年06月24日 19:50

927 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/23(日) 19:24:22.16 ID:C2MQo52C
天正9年に、細川藤孝、忠興親子が丹後に入国した時のこと。
与謝郡大島の城主・千賀兵太夫、日置むこ山の城主・日置弾正という者達が、
両人語らい、細川入部の迎えとして普申峠の麓まで、互いに騎馬で連れ立った。

ところが、日置弾正は隠れなき美男であり、衣装・馬鞍に至るまで美麗な出で立ちであったのだが、
千賀兵太夫はもとより貧乏であり、しかも醜悪な容貌で装束も異風であり、衣装から馬具に至るまで
見苦しいものであった。

そのため日置弾正千賀兵太夫に戯言を言った

「初めて細川殿にお会いするというのに、そのような見苦しい装束があるものか!
一度戻ってその肩衣を着替え給えよ。」

この言葉に千賀兵太夫は大いに腹を立て口論し、終には喧嘩になり両人はたちまちの内に
相打ちとなった。
家来たちも互いに斬り合って、双方の死者は7,8人に及んだとのことである。
(丹州三家物語)

ちょっとした戯言も戦国の世は生き死にの事態になるのだ、というお話。




928 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/23(日) 20:28:50.12 ID:X+UyQuNF
千賀さんに助太刀!

929 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/23(日) 22:34:50.07 ID:XaG9f4fz
日置弾正っていうから弓神さまかと思ったわ

930 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/24(月) 08:02:26.69 ID:/UYbUpo3
>>927
細川殿のような風流人が来なければこんな事には・・・

931 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/24(月) 11:35:25.40 ID:W+rti0yd
そんな争っている暇があれば連れだって細川殿の奥方を見に行けばいいものを・・・

932 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/24(月) 11:40:50.20 ID:HJEOFeWU
これが戯言になってしまうって、日頃からなにかあったのか

933 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/24(月) 13:25:19.18 ID:VpgB5A2X
読み違えじゃないかな「たわごと」じゅなくて「ざれごと」だよ

934 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/24(月) 14:47:25.69 ID:0xhh3kub
>>927
装束の事だけだし真面目な忠告っぽいけど貧乏を馬鹿にしやがったなってことなのかしらね

935 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/24(月) 18:17:39.52 ID:Zh4sXWVo
>>927
せめて容姿が逆だったら格好もついたのにな

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    峠を越えるとそこには日置さん千賀さんの遺体が!
    これにはさすがの細川親子も苦笑い!

  2. 人間七七四年 | URL | -

    当時のメンツ的にこういう事が起こるのは理解できるけど
    この事件を知った細川家は何を思ったやら

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7658-7c42766f
この記事へのトラックバック