FC2ブログ

まさしく八幡大菩薩

2013年06月24日 19:50

563 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/23(日) 23:50:15.79 ID:WiCgUgLU
見付の退口(一言坂の戦い)の時、本多平八郎忠勝はたびたび奮戦して敵を追い払い、
君(徳川家康)におかれても難なく浜松へ御帰城された。

(家康は)御途中より、成瀬吉右衛門正一をもって忠勝のもとへお言いつけになり、
「今日の働きは日頃の平八にあらず。まさしく八幡大菩薩の出現あって味方を加護して下さった」
と思し召すよし御感賞されたという。

甲州人が「からのかしらに本多平八」という狂句を書いて、見付の台へ立てたのも
この時の事である。(柏崎物語)

按ずるに伊賀路御危難の時にも、忠勝の事を「八幡菩薩が出現した」と賞された事があり、
さる武功の者ゆえ、たびたび同じ御賞詞をお与えになったのであろう。

――『徳川実紀』




564 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/24(月) 14:03:45.39 ID:JaAm+k2p
南無八幡大菩薩

565 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/06/24(月) 15:26:28.37 ID:H/FJh2D6
日頃の某ではこの働きは出来ぬと申されるか、腹を切らせていただく!

とか騒がないだけ平八さんはおとなしいねえ

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    俺も途中まで>>565みたいな三河展開が見れると思ってたからちょっと拍子抜け

  2. 人間七七四年 | URL | -

    某伊豆守「・・・父親が騒がしくない分、娘が騒々しい、と・・・。」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    そんな嫁さんが大好きな伊豆さんはマゾなのだろうか

  4. 人間七七四年 | URL | -

    八幡菩薩って勇ましい恰好してないんだよな

  5. 人間七七四年 | URL | -

    忠勝の場合
    自分の仕事をやり切ったこと
    それを家康がキチンと評価していること
    っていう事実に満足してて、言葉の表現なんて
    まさに細けぇこたぁいいんだよ状態な気がする

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ↑御大将の覇業を支えること、それが生き甲斐でしたからね
    今際の際も 死にたくね〜。殿をのこしてまだ、死にたくね〜よ。
    なんて未練を遺してしまう御仁ですし。・゜・(ノД`)・゜・。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    岩槻城合戦で八幡様に付いていったら渡河できたので
    忠勝的には八幡様には縁がある気がする。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    某伊豆守「嫁もだけど、父親にも惚れるわ・・・。」

  9. 人間七七四年 | URL | B4ff.1Vc

    家康「だから加増は無しね」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7659-94471969
この記事へのトラックバック