FC2ブログ

守光居士という長寿の者がいた

2013年07月02日 19:57

592 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/07/02(火) 00:53:19.31 ID:TC+OmiSz
最上義光の時代、大和の高島に守光居士という長寿の者がいた。
百二十歳を超えていて昔のことも知っているので、多くの人々が昔話や長寿の術を学んでいた。
義光も興味をもって招き、乱世の興亡についてでも聞いてみようとした。
そうして数時間も話してみたが、どうにも無駄なことしか覚えていない。

そして長寿のこつといえば、暑さ寒さや湿気を避けて、ただ一人超然としてストレスをためず、嫌だと思うことはしないということだとか。
義光はこれを聞いて、
「あなたはそれでよかろうが、我々のような(領民をおさめる)立場では役に立たないことですな。
家臣もあなたの長寿の術を学んだらば、仕事をやめて私にまじめに仕えなくなるでしょう」
と述べ、居士を送り返した。
義光曰く「人の知恵は金銀のようなもの、はかりしれない財産をたくわえるようなものだ。
そうはいっても、仕事をしたり俗世の銭勘定も必要だ。このことを考えねばならない」とのこと。
(『太平将士美談』)




593 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/07/02(火) 03:03:16.67 ID:JMUgaiQq
>>592
前に出た逸話で似たようなのあったな
ある武士が天下取りまでの策略考えたけど、
天下人の気苦労考えたら嫌になって、
出家して悟りひらくのを選んだ話
今回の最上さんとは逆方向に行ってるが

594 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/07/02(火) 07:08:50.48 ID:s8KgypPU
120歳超えw年齢サバよんでるだろ守光居士

595 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/07/02(火) 17:19:41.67 ID:LWjMtGce
渡辺幸庵「ガタッ」

天海「ガタッ」


真田信之「くっ・・・!私もストレスさえなければ!」

596 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/07/02(火) 17:26:34.81 ID:SG0HMbHj
石田重家「真田殿、徳川の敵を父にもったその気持ちよくわかりますぞ」
考えたら信之と重家って母方の従兄弟だった。二人とも短命なわけだ

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    >暑さ寒さや湿気を避けて、ただ一人超然としてストレスをためず、
    >嫌だと思うことはしないということだとか。
    ここだけ見ると、引き籠りやニート見たいな人生に見えるのだが・・・。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    つまり奴らは魔法使いじゃなくて仙人になるのか

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ニートのまま100歳超までとか宗篤

  4. 人間七七四年 | URL | -

    茂庭さんもまーくんに色々振り回されて
    ストレスを貯めていなければ長生きできたのか…

  5. 人間七七四年 | URL | -

    守光居士「美味しい鮭のお話でもと思いましたが止めておきましょうかな…」
    (`・ω・´)「それは聞く」

  6. 人間七七四年 | URL | -

    なんか守光って、氏家守棟と志村光安を足したような名前だなあ。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    せめて最上義守と最上義光を足せよ……。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    家畜として生きて早死により人間的

  9. 人間七七四年 | URL | -

    家畜階級には受け入れられないね

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7680-e535ca82
この記事へのトラックバック