FC2ブログ

假屋原甚右衛門の活躍 その1 馬の飼料

2013年07月06日 20:00

620 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/07/06(土) 07:42:34.85 ID:VdEudswC
假屋原甚右衛門の活躍 その1

祐兵様は都から一里ほどの松山(セウセン)と言う城に文禄二年二月より
在陣していたが、このとき馬の飼料が尽きて難儀に及んだ。

これにより祐兵様は假屋原甚右衛門尉満次を呼んで「昨日、島津又次郎
家中の者が大豆を求めに出たが、唐人多人数が現れて半弓で射たて、是
を追ってきたので、手負い数人を出してむなしく陣屋へと戻ったと聞く。
汝は才覚をもって筏を組みモクソ川を渡って大豆を求めてくるように。
警護の為に鉄砲足軽十五人を差し添えよう」と仰せられた。

假屋原は難儀な事だとは思ったが断わりようもなく、陣屋を出てモクソ
川を渡って大豆二十五石を得て、その上テルマカクセイの郷民等十八人
を捕えて戻ってきた。

(日向記)

朝鮮陣のところでやたらと假屋原甚右衛門の記事があったので、三部作
として書き込みます。

ところで島津又次郎って誰なんでしょう。




623 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/07/06(土) 18:05:14.53 ID:WbhhgLau
ググってみると小田原の北条氏家臣ってのしか出てこんね>島津又次郎

624 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/07/06(土) 18:36:58.55 ID:VdEudswC
>>623
そうなんですよ。他は幕末の人だったりしますしね。

次郎以外の又○郎だとすれば多数の候補が出てくるし
次郎が正しいとすれば藤次郎あたりもありそうですし・・・

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    同じく朝鮮に出兵していた島津義弘の別名は又四郎なんだが、
    コレは関係ないかな…

  2. 人間七七四年 | URL | -

    この時代の島津家って分家から本家から又○郎のオンパレードなんですよ

    又太郎 島津忠辰
    又一郎 島津久保
    又四郎 島津以久、彰久
    又五郎 島津忠長
    又七郎 島津豊久
    又八郎 島津忠恒

    日向記の義弘は島津兵庫頭と表記されるのが大半で、豊久は
    島津又七郎として頻繁に出てくるのでこの両者はたぶん除外しても良いかと。

  3. ※1 | URL | -

    ※2殿
    情報ありがとうございます。
    しかしこれだけ又○郎がいるのに
    又次郎は不在と言う…

  4. 人間七七四年 | URL | -

    当主の義久が又三郎だったから、遠慮とかあったのかもしれませんね。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    又〇郎って島津姓だけしか名乗ってないと思いきや、本田薫親とその子孫は平然と名乗ってますよね。しかも又二郎を。
    そこらへん、何か関係ないんでしょうか。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    足利尊氏「俺の通称も又太郎」
    足利忠綱「私の通称も又太郎ですが、うちは藤原系(俵藤太)の足利氏」
    足利(平島)義次「私も又太郎ですが、先祖にあやかりました」

  7. 人間七七四年 | URL | -

    慶長の役の南原城攻めに参加した
    島津又次郎忠倍さんだろうか…
    島津宮之城家は代々又五郎だけど
    忠倍さんは跡継いでいないせいか又次郎も称している

  8. 人間七七四年 | URL | -

    確かに次男っぽい名乗りですよね

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7696-1bb38e9d
この記事へのトラックバック