FC2ブログ

週刊ブログ拍手ランキング07/04~/10

2013年07月10日 19:58

07/04~/10のブログ拍手ランキングです!



前田利長、未来への遺産 39

大坂城、桜門に幟を一番に 34

織田信雄、片桐且元に内通す 31

キリングマシーンに挑んではいけない 28
正成が日頃望んでいたのは 28

佐久間信盛・その後 24
吉良伝右衛門の首 23

武士たちの軍装 22
あれこれ考えましたが、色々お望みされても 21

長束正家、最後の模様 20
慶長五年九月十四日、小早川秀秋への書状 18
葉隠から、ちょっと不思議な話 18

献上のサザエ 15
假屋原甚右衛門の活躍 その2 兵糧才覚 15
假屋原甚右衛門の活躍 その3 蔚山遊猟 14
或本に、本多飛騨守成重は 14

背中炙りの姿となって 12
武雄牟田家のお話 11
假屋原甚右衛門の活躍 その1 馬の飼料 11

『千人斬り』顛末 10
”秀吉”由来 10
百姓を打擲仕候得は、死申候 9
宮川尚古による史料批判 8
吉郎において家康に訴える者がいた 7



今週の1位はこちら!前田利長、未来への遺産です!
前田利長による高岡開発の物語。そういえば高岡城址には見事な前田利長像がありましたね。
利長への敬愛は旧藩主というだけでなく、まさに郷土の恩人でもあったところからも来ているのでしょう。
そういえば宮城県が「伊達政宗の地」であるのと同じように、やはり石川や富山も、「前田氏の地」ですね。
現在に至るまで、非常に大きな影響を与えています。
そんなことをふと思った、逸話でした。

2位はこちら!絶好調鬼日向!大坂城、桜門に幟を一番に です!
ものすごく淡々と説明していますが、よく読むとこの人、尋常ではない無双をやっていますね。
しかも敵味方の状況を、その行動から姿形まで冷静に見ているという。いやあ、本当に只者ではありません。
キリングマシーンに挑んではいけないこの逸話も含めて、こういう人が武士の中でも「勇者」と讃えられたのでしょう。
しかし「槍働きするなよ!」って権現様の諌めを、見事に無視していましが、そう言うところも含めて
鬼日向の魅力ですねー。しかしこの後きっと、権現様に散々怒られたんじゃないか、なんて想像も
膨らみますw

今週管理人が気になった逸話はこちら!織田信雄、片桐且元に内通すです!
この逸話を見て、信雄らしくなく(失礼w)、実に慎重に話を進めているのが印象に残りました。
さすがにこの時期になると、勢いでは行動しませんねw
それに加えて公然と、家臣たちが集まって筆頭の重臣である片桐且元を殺そうという議論がまき起こっている
当時の大阪城というものも興味深いです。既に統制が崩れている様子が見えてきます。
信雄も、そういう一種の末期症状を感じ取ったからこその、この内通だったのでしょう。

一つのお話の中で、いろいろなものが見えてくる逸話だと思いました。



今週もたくさんの拍手を、各逸話にいただきました!いつも本当に有難うございます!
また気に入った逸話を見つけられましたらどうぞ、そこの拍手ボタンを押してやってくださいね。
( ´ω` )

スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7707-8facc2d0
    この記事へのトラックバック