FC2ブログ

南龍公「やあ、十兵衛のタワケめが!」

2013年07月16日 19:55

49 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/07/15(月) 20:31:53.28 ID:oWhbnNWM
ある時のこと、南龍公・徳川頼宣が岩手川にて川狩りを行い、鮎を炙らせ
酒樽を開くなど大いに興じていたが、若者たちに泳がせれば一段の興があると、
「水泳せよ」と命じた。

そうでなくても泳ぎたいと思っていた若侍達は一斉に川に入り、様々に手練を尽くして
泳いでいた中に、佐渡与助というものがあった。

しかしこの佐渡与助、水泳不調法にて沈むこと度々であった。
ちょうど水野十兵衛という侍が、小舟に乗って近くに在ったが、これを見て声をかけた

「与助よ!叶わずば船に取り付け!」

この時、頼宣は河原に床机を立てていたのであるが、この十兵衛の言葉を聞いて、
大音声で怒鳴った!

「やあ、十兵衛のタワケめが!士(サムライ)に対して『叶わずば船に取り付け』などと
言う者があるか!?そんな言われ方をすれば、士たる者、死んでも船に取り付くものか!
たわけた事を言って、惜しき侍一人を殺すな!

同じ意味であってもそう言う時には、『与助、船に取り付いて休め』と言えば、
与助も船に取り付くことが出来るものだ。この十兵衛の大たわけめ!!」

そう、叱りつけたという。
(徳川武士銘々伝)

武士って本当にめんどくさいですね




50 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/07/15(月) 20:38:43.89 ID:WBNfB4LV
>>49
ここに出てくる話の詳細版かな
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-2095.html

51 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/07/15(月) 22:24:13.19 ID:RmD7XNEm
結局与助さんは船に取りついたのだろうか。

52 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/07/15(月) 22:59:23.40 ID:+Kdi+tp7
>>49
いや現代にも通じるものがあるよ
部下にもそういう気遣いができればいい仕事ができる
現代も人への気遣いが必要なんだよ

53 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/07/15(月) 23:01:11.81 ID:1C2ekzU+
>>49
悪い話しって言うより良い話しに見える逸話だね

54 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/07/16(火) 09:51:11.15 ID:HWogeOzq
十兵衛さんが叱られてる間に沈んでいったというなら
このスレにピッタリの話なるな。

55 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/07/16(火) 12:47:03.09 ID:Klx7VTID
古式泳法って、甲冑着たまま水濠渡れるくらいだし、
着込んでない状態で溺れるってかなりクリティカルな
失敗な気がするけど...

56 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/07/16(火) 14:48:11.52 ID:+Kiq6xSd
マスターしてない人にとって水は凶器だろ

57 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/07/16(火) 16:04:21.16 ID:Klx7VTID
頼宣の頃の紀州でなら良いけど、既に高級官僚化した幕府旗本に
水練を強要する暴れん坊将軍

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    頼宣の逸話は良いなぁ

  2. 名無しさん@ニュース2ch | URL | -

    もう与助さん、取り付けないじゃん

  3. 人間七七四年 | URL | -

    この気持ちは普通に分かる
    子供の頃「気難しい」とよく言われたっけな…

  4. 人間七七四年 | URL | -

    魔界転生じゃねーのかw

  5. 人間七七四年 | URL | -

    武士の時代なら確かに面子が関わる事態だけど。

    >現代でも
    そんなに良い指摘かな?確かに物の言い方一つで印象が変わる事態
    は沢山あるけど、相手側が素直に取る事が出来ないだけな気もするけど。
    相手はきっと大変だと思って声を掛けたのに。

    船に手を付けようとしたらこんな事言いだされたので、船に付けられな
    かったのかも?

  6. 人間七七四年 | URL | -

    武士が大事にするのは面目。
    面子だと極道の類になっちゃう

  7. 人間七七四年 | URL | -

    武士ってのはこういう考え方をする人間達だ、っていう一つの良い例じゃないか。
    現代に役立つかどうかはそれぞれが考えれば良い。
    オレは心に留めおきたい逸話の一つになったな。
    日本人本来のカッコいい処じゃん。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    結局取り付けず取り憑いてたりして

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7723-633aed5e
この記事へのトラックバック