石田三成、捕縛されて

2013年08月01日 19:53

112 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/08/01(木) 00:59:56.75 ID:dTvFgpKp
関ヶ原の戦に敗れて、石田治部少輔三成は、家人をも召し連れず、落ちゆく勢びうちに紛れて歩いていたのを、
田中兵部少輔(吉政)の家人・田中傳左衛門がこれを発見し、

「治部殿でありますな!今はあなたの御運も尽きんとする時ですぞ、とどまり給え!」

そう叫んで走りかかり、押し留めた。これに三成は

「いやいや、名も無き下人である。治部ではない。人違いをされては困る。」

と言い逃れようとしたが

「見忘れられましたか?田中傳左衛門です。関白殿(秀次)の元で幾度か見参いたしました。」

そう言ってこれを押し捕えた。
その場所は近江の古橋というところで、先ずこの辺りの寺に伴い、そして陣所に連行して
兵部少輔(吉政)に注進した。

このとき三成は、1尺3寸の放し目貫の脇差を佩び、柿色の帷子ひとつを着て、米5合ほどを
袋に入れて腰につけていた。
その脇差の目貫は黄金の駒であったが、裏側には目貫はなかった。
これを見て田中傳左衛門が聞いた

「これはどうして、裏の目貫がないのでしょうか?」

「家人が一人つきまとったので、この目貫を抜いて与え、これを印として大阪城に赴くようにと
言って、落としてやったのだ。」

そして三成は傅左右衛門に向かい

「父である石田木工、その他の人々はどうなったのか?もし知っているのなら教えてほしい。」

と尋ねた。傅左右衛門は

「木工殿は妻子を刺し殺し、その身は潔く御自害をされました。その他の方々も同じ道を取られました。」

そう申し上げると、三成は心良さげに笑われ

「ざっとすんだ。」

と言った。
これを見て傅左右衛門は思わずこう尋ねた

「大事の合戦に敗れたというのに、どうして御自害されず、このように囚われの身となったのでしょうか?」

この言葉に、しかし三成は

「これはお前の解るような事ではない。こう言う時に潔く自害などするのは、お前たちのような者共が
することだ。私はそんな事は出来ないのだ。」

そう嘲笑ったという。
(話園)

石田三成が捕らえられた時の逸話である




114 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/08/01(木) 18:21:02.52 ID:tkS35PAS
>>112
木工は兄じゃないの?原文で父となってるのかな

115 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/08/01(木) 21:29:45.60 ID:pQIUAOae
>>112
ふむ。

116 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/08/01(木) 21:33:20.68 ID:lucOSRHD
>>114
木工は兄貴の方だね

117 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/08/02(金) 06:16:03.75 ID:sQqwgHtB
>>114
投稿したものですが、これは原文から父になっていました

118 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/08/02(金) 09:35:58.76 ID:V9sJiln7
てことは、原文の作者が勘違いしたんかね?

119 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/08/02(金) 20:25:30.73 ID:Re+10w4C
それなら仕方ない

スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    これ木工さんディスってないか?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    木工さん、あちこちで父だったり兄だったりしてるよね
    どっちなんだろ

  3. 人間七七四年 | URL | -

    「父と、(兄の)石田木工」の書き損じか訳し間違えじゃないのかなぁ

  4. 人間七七四年 | URL | -

    まさか四天王みたいに「木工は5人居る」とかじゃないよね?
    多分単純に当時の書き手側の間違いだとは思いますがね。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    >「ざっとすんだ。」
    権現様も同じこと言ってたよな
    なんか妙な縁を感じる

  6. 人間七七四年 | URL | -

    再起を図るなら、従者は追い払わずにいた方がいいし、自分の命運が尽きたと思うなら、自害か出頭すべきだろうし、なんだか彼の行動は首尾一貫してない気がする

    まあ、凡愚なおれには理解出来ないのかな?

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    彼なりの精一杯の強がりなんでしょ

  8. 人間七七四年 | URL | -

    関が原の西軍を纏め上げた責任者として、戦に負けたからには少しでも秀頼と輝元を守るために生きて徳川方に申し開きをしたかったのかな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7766-5f749606
この記事へのトラックバック