FC2ブログ

秀頼七手組、八番目の大将・悪い話?

2008年12月17日 00:05

327 名前:人間七七四年[] 投稿日:2008/12/16(火) 13:03:18 ID:JsZ8pz0T
関ヶ原前後のお話し

豊臣秀頼の七手組は当初、八手組あった。現在文献などで確認できる七人の大将はそれぞれ有名で名の通った武将だが八番目の将を知る者は少ない。
彼の名は結城上野守高康。
結城秀康の側が産んだ四男である。(詳細な文献がないため生没年などは不明。)
小田原で初陣を遂げ手勢16騎と共に首級167を取る縦横無尽の活躍を秀吉から認められ、のちの八手組の大将に抜擢された。

さて関ヶ原…
彼は大阪で秀頼を守る七手組とは別に家康の北伐に従軍した彼は東軍の一部隊(1400人と伝わる)を率いていて小早川と大谷に挟まれる形で小早川勢の右斜め前方に陣を張っていた。
家康の恫喝で西軍を裏切った小早川が猛烈な勢いで山を駆け降りた時に当然結城高康軍も大谷軍に襲い掛かった。大将高康を残して…

何と高康は落馬し、勢いの止まらない小早川軍のヒヅメに踏み荒らされていたのだ。高康は命を取り留めるも明日をも知れぬ重体。関ヶ原の数日後、息を引き取る前の遺言は自分を記録から抹殺してくれとの事だった。
秀康も大変恥ずかしく思い息子の記録を徹底的に廃除し、幕府もこれを徹底的に守ったという。
なんとも格好悪い話し。



328 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/16(火) 13:08:22 ID:uHUJbZb6
八手なのに七手組

五人なのに龍造寺四天王


つーかこれは悪い話のほうだなw

329 名前:人間七七四年[] 投稿日:2008/12/16(火) 14:44:44 ID:JUYfPi+b
>>327
しかし、小田原初陣というのは豊臣家に養子に出された当時の年齢・状態を考えるとありえんw

>>328
七手組の将の一人は、剥げ鼠がどうしてもほしいといったからという理由で譲った元徳川家臣で、
大坂の陣の際に捕らえて城に帰さず、豊臣滅亡後も大名として存続させたという神君ならではの配慮という話を思い出した

ここら辺が、数正系石川家と扱いが違ってて面白い

333 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/16(火) 17:47:16 ID:57UQE5j0
>>329
青木一重だっけ?
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    これ創作だよね?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    >>米1
    【真?】戦国逸話検証スレ【偽?】より

    251 :人間七七四年:2010/10/10(日) 02:02:37 ID:AWSswRc7
    そうとう昔のやつで申し訳ないが、まとめサイトのこれ
    ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-category-1063.html

    完全にレベルの低い作り話じゃない?
    なんで全くツッコミ入らずに載ってるのかわからん


    252 :人間七七四年:2010/10/10(日) 04:04:24 ID:6sB99q0l
    突っ込みどころ多すぎて逆にすごいなw
    とりあえず挙げてみると
    ・上野守は普通名乗らない
    ・年齢的に小田原時点で生まれてすらいない
    ・関ヶ原で1400人は結構な大部隊
    ・東軍の部隊が小早川と大谷の間に布陣できるわけがない


    まあこういうこともあるさ。

  3. 人間七七四年 | URL | LmMdU2V.

    「ある人物の生きた形跡を徹底的に消した」って話が逸話の最後に出てくると、それは創作のためのレトリックか、真実めかして逆に馬脚が現れたかだよな。
    この記録魔だらけの近世日本で、個人の日記や書簡からまですべて消すなんて、そんなことが出来るのか?
    恥ずかしい事件であっても、記録が公的には処分されても、脇の方で断片的にいろいろ記録が出てくる(日記や書簡から)わけで、そのせいでかえってわけわからずに想像だけが膨らんで妙な話になるってことすらあるわけだし。

    つーかさ、記録から徹底的に消されたのに、なんで逸話が残っているのよw

  4. 人間七七四年 | URL | -

    もうここまで来ると架空キャラクターとしても完成度低いね
    長兄忠直より年上で、小部隊で一人10以上の首を取り、東軍部隊で西軍のど真ん中に陣取るって完全に破綻してる話をなぜスレ住人もここの管理人もスルーしたのか不思議w

  5. 人間七七四年 | URL | -

    「逸話」
    は史実とイコールではないのよ。逸話は逸話としてひとつのジャンル。
    それの史実的な論証を行うのはオッケー。
    ただしだからといって、糾弾に入るのはお門違い。
    「こういう逸話がある。出典は○○。
     ま、史実じゃないけどね。」と終るべき。
    あえて追究するなら、なぜこんな逸話が作られたか、という文化的考証。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    あのねえ、逸話自体に歴史があるものなら架空でもいいけど、
    ついこないだボクが考えました、みたいなものまで一緒にされたら際限ないぞ

  7. 人間七七四年 | URL | -

    こういうのは削除されないのか?

  8. 人間七七四年 | URL | -

    こういう人物1人で長編の一作でも書くだけの文才があるなら良かったんだけどね、某長七郎みたいに。いかんせん今度のはここに載せる程度の書き手だったか。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    これは削除してもいいだろ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/777-fac2c4f7
この記事へのトラックバック