FC2ブログ

薩摩のスナイパー2・押川強兵衛

2013年08月10日 20:36

146 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 17:11:42.16 ID:19FRjk6Q
薩摩のスナイパー2

関ヶ原の戦いで島津軍はいわゆる「島津に退き口」で撤退した。
この時、押川郷兵衛は義弘本隊とははぐれ伊吹山中で東軍に生け捕られてしまう。
しかし処刑される直前、島津家の取次をしていた旧知の山口直友が郷兵衛を見つけ引き取った。
直友は郷兵衛に服や刀を渡すが、郷兵衛はそんな直友の元から抜け出し京の近衛家に駆け込む。
その後、逃げ帰った薩摩では主君義弘より50石の加増と「郷」を「強」に変え強兵衛への改名を命じられる。

そんなこんなで主君義弘の信頼を勝ち得た強兵衛。
その後の強兵衛は義弘の命により巡礼姿で諸国を行脚し、関ヶ原で戦死した島津豊久の捜索などをおこなう。
つまりは義弘の忍びとして働いたようだ。
強兵衛の忍びの仕事の1つとして義久派家老平田増宗暗殺がある。
慶長15年6月、川内と鹿児島を結ぶ土瀬戸峠で平田を狙撃し暗殺したのだ。

『本藩人物史』によれば強兵衛は寛永6年に59歳で亡くなるまで「人を殺害すること百六十余り」と書かれている。





スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    スナイパー版の東郷さんか

  2. 人間七七四年 | URL | -

    それはつまり、デューク東郷?

  3. 人間七七四年 | URL | -

    平田増宗って宝暦治水の時の平田靱負の祖先かと思って調べたら
    一応一族ではあるようだ

  4. 人間七七四年 | URL | -

    暗殺者を事細かく記録してるというのもどうなのだろうかw
    上意討ちだとかみたく、後ろめたさや非合法な香りの無い内容だったのかね?
    だとしても160は血なまぐさすぎる……

  5. 人間七七四年 | URL | -

    戦争がなくなった途端に政治闘争で共食い始めるとか修羅の国過ぎて引くわ…

  6. 人間七七四年 | URL | -

    勘違いされてるっぽいから捕捉するけど、160人は暗殺だけじゃなく、合戦を含めての総サツガイ数ね

  7. 人間七七四年 | URL | -

    米5
    西晋の八王「せやな」

  8. 人間七七四年 | URL | /5lgbLzc

    >戦争がなくなった途端に政治闘争で共食い始めるとか
    今の日本だって「うちだけは平和」とばかりに「政治が悪い」「女がー」「知障がー」「ナマポー」と敵作って争ってるでしょうに。
    …ああ、ネトウヨ的な話じゃないですよ。

    真の敵は常に自分の中にあるんです。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    米5
    森家家中の皆さん「何見てんだよ」

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    島津は南北朝~戦国後期までずっと内紛で忙しかった家だし

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    だよね。平和な時代だからこそネトウヨガーとかジミンガーとか原発ガーとか

  12. 人間七七四年 | URL | GUybXdiw

    平田増宗暗殺の従犯である桐野九郎左衛門尉は、子孫に桐野利秋を出している。うーむ。

    それにしてもいい話というより、忠恒(家久)の悪い話にしか見えないのだが。
    琉球に流した増宗の息子が成長すると結局処刑したのも強烈。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7784-f34d239e
この記事へのトラックバック