「私がどうして豊臣家に背くだろうか」

2013年08月20日 19:51

198 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/08/20(火) 17:58:24.84 ID:pWR2sAz7
徳川家康が上杉景勝を征伐する時、蜂須賀至鎮もこれに従おうとした。

この時、増田長盛のもとより、太閤の旧臣の立場で家康に属することは不当である、
と至鎮へ申し送られてきた。至鎮はこれに、

「私がどうして豊臣家に背くことだろうか。ただ汝等に与しないというだけだ」と答えて、
五千余騎を率いて大坂の居邸に入り、凶徒等の攻撃に備えた。その勢い当たるべからず。

このために長盛等は和議を乞うたので、結局、至鎮は家康に従って下野国小山に至り、関ヶ原の陣にも従った。

――『寛政重修諸家譜』





スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    まあ本来なら豊家の譜代中心になっていてもおかしくないのに、
    権力の中枢から外されてしまったんだから、この時期の蜂須賀家の
    豊臣家奉行集に対する怒りは根強いだろうなあ。

    ただこの時期は、黒田家からも離縁されるなどしているから、
    他家からみても「権力争いに敗れた家」として、軽く見られていた
    のかもなあ。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    蔚山の件の訴状を出したのも蜂須賀だし、家康の養女を貰ったりしてるし
    とても軽く見られてたとは思えないけどなぁ

    三成襲撃も主導してたから秀吉没後には政治的に十分復権してたと思う。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    個人的には蜂須賀家は十分に影響力は有ったと思う。
    豊臣系大名・武将達とも繋がりが有ったろうし、何より
    秀吉股肱の家臣の家名は大きいと思う。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    となると増田長盛らに敵対したのは、より高みを目指しての権力闘争かな

  5. 人間七七四年 | URL | -

    利家没後に三成や長盛を襲撃したのは蔚山で面目を失った件じゃないかな。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    この後、パパは大阪で人質に。西軍勝ったら完全に詰みじゃない蜂須賀?

  7. 人間七七四年 | URL | -

    完全に詰んでる。

    人質どころか家政は高野山行きで所領は没収された。
    家臣団も大坂方のコントロール下におかれてた。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    豊臣vs徳川の構図にしたい三成方と
    あくまで豊臣家臣の内紛だっていう徳川方
    それぞれ思惑が良くわかる逸話

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7809-f9813c4f
この記事へのトラックバック