天庵様が天羽鉄斎の諫言を聞かなかった話の詳しい内容

2013年09月17日 20:44

330 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/09/17(火) 05:40:12.00 ID:pwMBEeys
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-3198.html
これの、天庵様が天羽鉄斎の諫言を聞かなかった話の詳しい内容

常州の小田天庵親子(氏治、守治)は、先年居城小田城を太田三楽斎に乗っ取られた後、
家臣・赤松疑渕斎(則実)の守っていた手子丸に移り、何とか小田城を取り返そうと策をめぐらしたが、
兵数に劣りなかなか思いを果たせないまま、虚しく時を過ごしていた。

そうであったが小田家には、四天王と呼ばれた土浦の菅谷左衛門大夫、海老ヶ島の平塚石見守、
木田余の赤松疑渕斎、藤沢の飯塚美濃守を始めとして、他にも天羽源鉄斎江戸山城守、大藤小太郎、
尾上、只越、月岡といった、世に知られた勇将、知将が有り、かつては周囲を囲む反北条派の
佐竹義重、多賀谷、真壁、梶原なども、これを攻め落とすことができなかったのである。

ところがこの年、小田家の知将と名高い天羽源鉄斎が明日をも知れぬ様態となり、天庵親子が駆けつけた。
天羽源鉄斎は老衰していても頭ははっきりとしており、天庵親子に寝たまま手を合わせて
見舞いの礼を述べ、そして苦しい息の下から氏治に言った

「我が小田家は、多年多賀谷、佐竹と矛を交え争い、片時として安堵の思いをしたことはありませんでした。
それは全て、こちらが小国であり、相手が大国であったためです。
ただ策を以って、これまで支えてまいりました。

御屋形様、私が死んでも策は同じです。決して城を出て、平地で戦ってはなりません。
必ず、城にこもって闘いぬくのです。籠っている内に、後詰めとして土浦、藤沢、海老ヶ島などの諸城より
援軍が来て、これを追い払うことが出来るのです。」

氏治はこれに
「よくわかっておる。源鉄斎老人の采配の通り、これからもその戦術を以って望むつもりだ。」

「およそ険に寄りて守れば、一人で20人の敵を防ぐことが出来ます。一人が一人と戦っては、
佐竹の多勢にどうして抵抗することが出来るでしょうか?
返す返すも、敵の誘いに乗って野戦をなさってはなりません。どんな事があっても、籠城して防戦一途の
戦いこそが御寛容ですぞ!」

天羽源鉄斎は繰り返しそう言って死んだ。
源鉄斎は誠に軍配知略の老武者で、小田家にとっては高き山、深き海とも頼む支えであり、それが朝の露と
消えた今、小田家中では誰一人として肩を落とさぬ者はいなかった。

ところが、この源鉄斎の死は瞬く間に近隣に聞こえ、中でも佐竹義重は「時ぞ来たれり」と、源鉄斎の
死の直後、9月下旬には早速三千余騎にて手子丸へと押し向かった・
小田氏治はこれを聞くや、なんと、直ちに兵を出して途中で迎え撃とうと人数を集めたのである。
重臣の江戸山城守は直ちにこれを諌めた。しかし氏治は怒り

「何故止めるのか?佐竹の手の内はかねて知るところだ。恐るるに足らず!」
「しかし敵は多勢、味方は無勢です。それを要害もない平地で迎え撃つのは、源鉄斎殿が遺言したように
危険です。」

「お前もまた源鉄斎か!その言葉、耳にたこができるほど聞いた。
源鉄斎が死んだ後だからこそあえて出て戦うのだ!
籠城をしていては負けることはなくても、いつまでも勝つことは出来ない!
まして、小田城を奪った太田三楽斎の一族も、佐竹軍の中にあるときく。今こそ運を天に任せて一戦せん!」

「しかし、みすみす敗れる戦いを」

「弓馬の家に生まれたものが何をいう!?負けるも勝も時の運である。敗れてもそれは恥辱ではない!
不満ならお前一人籠って城を守れ。私は城を出て敵を迎え撃つ!」

そう言って氏治は一千騎で城を出て、手子丸山を後ろに三ツ州浜形の紋所の旗印を立て、堅陣を敷いて待ち構えた。
(関八州古戦録)

結果↓
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-3828.html





331 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/09/17(火) 08:09:34.98 ID:qzNqXkT7
すごいなもうほとんど落語だなw

332 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/09/17(火) 09:05:20.85 ID:CVlsAicP
天庵様は勝ち負けなんて既存の価値観には囚われていないのだろうw

333 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/09/17(火) 10:27:01.67 ID:Ms3Rn8aK
だから智将の遺言無視は死亡フラグだとあれほど…

334 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/09/17(火) 10:33:36.39 ID:Hju/o4aU
残機数=菅谷さんの残息子数

この分だけ天庵さんはコンティニュー可能です

335 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/09/17(火) 16:40:15.75 ID:UV3pihuF
天庵様の馬耳東風スキルは上限値です
これ以上は上げられません

336 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/09/17(火) 17:23:36.36 ID:ZsSfSWx2
私が出陣したと聞けば城を出てまいりましょう

とか三楽に見透かされてる可能性すらあるからなぁ・・・

337 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/09/17(火) 19:23:58.87 ID:rvEnV6IU
別の織田さんが寡兵で大勝したウワサを聞いていたのだろう

338 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/09/17(火) 19:26:55.98 ID:lvu9nkbE
ゆるふわおつむの愛され系大名 小田天庵

339 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/09/17(火) 22:23:06.22 ID:sIuN1FPa
天庵様には台風一過なみの清々しさがあるな

340 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/09/17(火) 22:34:09.07 ID:Ml3ywiVR
後始末する人間の身にもなってみろ的な意味でだな

341 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/09/18(水) 01:05:57.59 ID:zmdLB0WI
人が死んでんねんで!

342 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/09/18(水) 17:30:50.19 ID:ncvSfgl5
死んだ者たちの想いを背負い次こそは勝てるはずとの力強いコメント頂きましたー

343 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/09/18(水) 18:05:57.33 ID:HaeJ4URT
もうやめて!
菅谷さんの息子の残りは0よ!

344 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/09/18(水) 18:16:33.22 ID:khhtk1VM
従兄弟とか居るだろ、大丈夫、大丈夫

345 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/09/18(水) 19:25:37.66 ID:Ot7COYJP
安心、納得の天庵様クオリティ


スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    ここまで来ると天庵様を諫める家臣がみんな野村監督に見えてきた。「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし。」

    そういや攻め手の佐竹勢が三千で天庵様が一千か…攻城戦の基本は守備側の3倍の兵数だったっけ?どのみち結果は同じか。

  2. 人間七七四年 | URL | AVNby.KY

    > 結果↓
    > ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-3828.html
    のリンク先を見たら

    小田氏治を一匹見たら → Gのようなもん → 毎回毎回ホイホイに引っかかってる → Gは○ぬときに卵をばらまくらしい

    何ですけどwww

    ※1
    しかも、数に勝る三楽斎側がおとり戦法で必勝を期していたのに対し、天庵さまは正面からバカ正直に突っ込んでいるという
    もう何というか

  3. 人間七七四年 | URL | -

    籠もっていれば負けることはなくとも勝つこともない、だから打って出る



    天庵様でさえなければ格好いい言葉なのだが

  4. 人間七七四年 | URL | -

    この人、忠告はすごく素直に聞くのに、行動は「だが断る」なんだよなぁ…

  5. 人間七七四年 | URL | -

    オダさんの真似はしてはいけない

  6. 人間七七四年 | URL | sO.jHPec

    天庵様ってばまた常識の斜め上でキリモミ状態なダンスをしていらっしゃる…
    なんかもう非常識とかそういうのを飛び越して別の次元に行ってる気がするw

  7. 人間七七四年 | URL | -

    篭城して負けなければ戦略的勝利と思うんだが
    骨を断たせて肉を切りにいってる感がすごい

  8. 名前無い | URL | -

    こんな主君を最後まで見捨てなければ、そりは菅谷家の評価がうなぎのぼりの上、降伏しても、所領安堵位するか。
    なんせ、降伏して佐竹家臣になっても、天庵様が攻めて来た時、即、小田家に戻った後で、小田家滅亡しても、菅谷家はお咎め無しで、帰農してるし。

    ……関東中の武将が、同情してたのかも知れないが。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    天庵様は大名でさえなければ大成するタイプ
    そう、先駆け大将とかなら…

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    天庵様の息子がモンスターな逸話が有ったから、
    天庵様も個人の武勇はモンスターレベルだったかもしれない

  11. 人間七七四年 | URL | -

    天庵様…セクスィー部長
    三楽斎…生瀬勝久
    菅谷…田口浩正

    天庵様ネタをサラリーマンNEOの濃ゆい面々が演じたら、さぞかし強烈なコントになると思う

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ゆるキャラ天庵くんだしてよ!!

    天庵様が居なければ良かったんじゃ・・・
    何か上司に恵まれなかったらってCMを思い出す…

    天庵を倒しても、第二第三の天庵が現れる!!!

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    天庵様、肉を切らせて骨を断たれてる気がする。

    ※9
    島津家に仕えたら役立てたかも。釣り野伏せの釣り針の部分。
    本人は生還できるし。本人は。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    死神は俺自身か、、、

    って松本零士のアレを思い出すというか。

  15. 人間七七四年 | URL | -

    >9殿
    大名という立場の武将の武勇と、個人もしくは小数を率いる
    前線の武将の器量の差だよね。

  16. 人間七七四年 | URL | -

    > 今こそ運を天に任せて一戦せん!

    > 負けるも勝も時の運である。敗れてもそれは恥辱ではない!

    これが全て ばくち打ちか

  17. 名無し | URL | -

    パチンコみたいだ
    いつかは勝てる…みたいなw

  18. 人間七七四年 | URL | -

    殿様育ちの上品さ人柄がなかったらマルっとそのまま
    負けが込んでる最終レースのおっちゃんや(泣

    まあ人間なんてこんなもんっちゃこんなもんか。
    いつでも合理的選択が出来るなんて幻想だよにゃー。

  19. 人間七七四年 | URL | -

    何でこの人の家臣は喜んで死んでいくんだよ。
    これほど家臣領民に慕われた武将はいないんじゃないかな。
    どんな魅力があったんだ・・。

  20. 人間七七四年 | URL | -

    肖像画に猫が一緒にいるくらいだから愛嬌のある人だったんじゃない?
    愛嬌が魅力になっているとか

  21. 人間七七四年 | URL | -

    天庵様に仕えていると、
    知らず知らずの内にドM調教されてしまうのだろうか
    小田家臣一同が某鹿之助状態になってたのかも

  22. 人間七七四年 | URL | -

    本当によく訓練された家臣団だよね
    人たらしと対極の行動とってるにもかかわらず、家臣はメロメロ

  23. 人間七七四年 | URL | -

    天庵「天よ、我に七難八苦を与えたまえ!!」
    家臣団(もう勘弁して・・・・・・)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7884-caf7073c
この記事へのトラックバック