FC2ブログ

それは、伊達政宗が江戸参勤のときいつもいつも

2013年10月13日 19:07

316 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/10/13(日) 13:26:53.64 ID:R4JTkaBC
蒲生忠郷は、ある不快な問題に頭を悩ませていた。
それは、伊達政宗が江戸参勤のときいつもいつも城下に本陣を
置くことであった。

時に、その忠郷には蒲生源左衛門という家来がいた。
源左衛門、その主君の不平を聞いて「次に来たら私にお任せください。
二度とそういうマネはさせんようにします」と政宗を待ち構える。

はたして政宗はやってきて、またしても忠郷の城下にて本陣を置いた。
源左衛門、それを聞くやすかさず本陣宿屋に直行、宿屋の主人が
制止も「本人が来たら退くから心配するな」と一蹴し、ズカズカと
着座の間まで突入した。

やがて到着した政宗が部屋に入ってみたものは、床を枕にして堂々と
空鼾をかいて寝そべる大男の姿。
思わず「お前誰だ!」と聞いた政宗の前に、悠々と起き上がるや
「蒲生源左衛門と申します。鷹野の帰りで疲れたもんでここで休んで
いました。いやぁここが御本陣とも知らずに無礼仕りました」
と畏まって見せる源左衛門。

政宗、「かねてから源左衛門の名はよく聞いてたぞ。これもまた縁というもの、
今後の知人となるうえで、ここに一つ面会の祝儀をやろう」と腰の脇差を
手に取り、「これは名物というものでもないが、かつてはその方のような
大男を袈裟に切ったら股まで切り裂いた代物だ。(其の方の様なる大男を
大袈裟に切りたるに、股の下まで切り下げたり)」と源左衛門に賜った。

源左衛門、それを恭しく受け取ると、「お腰を空にさせるわけには。
畏れながら私の脇差をお受け取りください」と今度は自分の脇差を差し上げると、
「この脇差は私の領内の片目の大男を頭より尻まで真っ二つにしてみせた
業物です。(私領内の片目の大男を天窓より尻の割目まで真二つにしたる業物也)」
と、言い残してそのまま退出した。

後にのこった政宗、「蒲生には氏郷以来の良い家来がいると聞いたが、
なるほど源左衛門とは大したものだ」と一人感服。

以後、政宗は城下に宿泊することはなかったとのことだ。
(一話一言)

ライバル関係な御家の、主君と家臣が豪気なエールを交し合い、八方丸く
収まった良い話。

話中の源左衛門は多分この人かな。
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-category-849.html




317 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/10/13(日) 14:15:07.56 ID:TzT7j2MZ
本当、伊達さんと蒲生さんは仲良くケンカしてるなぁ

318 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/10/13(日) 17:43:42.76 ID:faE1hxnm
>>蒲生源左衛門
どの蒲生さんなんだろうか。

319 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/10/13(日) 18:50:36.60 ID:AB+OJ64y
この蒲生のシリアルナンバーは10032号です、と蒲生は説明します

320 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/10/13(日) 20:11:43.65 ID:HEooxCmD
戦陣に挑むとすべての蒲生は37564号にモデルチェンジ

スポンサーサイト





コメント

  1. まる | URL | -

    パンツは縞パン

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ガモウネットワークでも構築しとるんかいw

  3. 人間七七四年 | URL | -

    シスターズならぬブラザーズって
    なんかホモホモしいな。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ホント、シリアルナンバーでも無いと管理できないよw

  5. 人間七七四年 | URL | -

    がもう100%

    ...すまん魔が差した、庭師の仕事やってくる

  6. 人間七七四年 | URL | B4ff.1Vc

    >豪気なエールを交し合い、八方丸く収まった
    ニホンゴハムツカシイネ

  7. 人間七七四年 | URL | -

    城下に本陣置くのは嫌がらせって自覚してたんだなw

  8. 人間七七四年 | URL | -

    クレームつけてきたらどうヘコませてやろうかニヤニヤしてたんだろう

  9. 人間七七四年 | URL | -

    源左衛門郷成さんは石田家の家老をやった郷舎のお父さんじゃなかったか

  10. 人間七七四年 | URL | -

    逆にまーくんのご城下に本陣敷いたらどうなるか見てみたい

  11. 人間七七四年 | URL | -

    源左衛門「拙者が死んでも代わりはいるから」

  12. 人間七七四年 | URL | -

    次はどんな奴が来るか楽しみでまた泊まりそうなものなのに

  13. 人間七七四年 | URL | oIud7dF2

    源左衛門「拙者を殺しても源左衛門弐号機、参号機が…」

    どうしよう、蒲生さんトコなら、本当にやりかねない気がしてきた。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    あの蒲生源左衛門が最後の一人とは思えない。
    もし会津藩が存続するとしたら、あの蒲生の同類がまた世界のどこかに現れてくるかもしれない

  15. 人間七七四年 | URL | -

    >>4
    シリアルナンバーはどこにある?


    尻!!

    さてと・・・反省して加藤さんちの城の井戸ほってくるわヽ(*´∀`)ノ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7947-2f79ad0c
この記事へのトラックバック