FC2ブログ

山本勘助の見た松平清康

2013年10月19日 19:05

516 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/10/18(金) 21:00:10.07 ID:zCVj+pE9
あるとき武田晴信(信玄)が、山本勘助を呼んで聞いた
「そなたの生まれた三河国では、近年優れた大将は出なかったのか?」

これに勘助は答えた
「最近では、松平清康という大将が、弓矢を取っては敗れること無く、生国の三河を征服し、
同国の侍大将たちを与力として従え、いまにも尾張国を手に入れようと、意欲的に活動していました。

彼は尾張と数度の合戦を重ね、尾州勢五千に対し、三河は千の軍勢でも、一度も負けること無く
尽く勝利を得ていました。

5年間の活動の間に、本国三河で与力となった侍大将衆は皆清康の被官となり、彼を主君と仰いで、
尾張は勿論のこと、美濃、伊勢にまで出陣し、近隣諸国に威力を振るい、清康は武道の大家として
名を馳せ、遠国の浪人衆まで馳せ参じで彼の家中での奉公を望みました。

そして本国は勿論のこと、尾張の者まで清康配下に入ろうという勢いだった所で、不慮のことで
亡くなられてしまいました(森山崩れ)。

今は清康の息子である広忠の代ですが、他国に広げた勢力圏は勿論のこと、本国三河すら
他人の物になろうとしています。

もし清康が健在であったら、三河侍は今時分、皆清康譜代として他国に威力を振るっていたでしょうに、
果報少なく不運だったため、思いがけぬ死によって、哀れにも今では本国の人々でさえ、
子息広忠の統制下にはいらない状況なのです。」

(甲陽軍鑑)

甲陽軍鑑より、山本勘助の目から見た、松平清康、広忠の時代の三河についてである。




517 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/10/18(金) 21:08:51.70 ID:mf74572e
伊勢に取り残された三河衆「やべっ帰れねえよ」

518 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/10/18(金) 22:40:56.35 ID:MyTHkvap
絵に描いたような後付

519 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/10/18(金) 23:43:25.45 ID:0hdfZqT/
松平清康って美濃や伊勢に出兵したことあったっけ・・・

520 名前:人間七七四年[] 投稿日:2013/10/18(金) 23:50:28.15 ID:8Y5WAdai
知らん

522 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/10/19(土) 21:49:30.57 ID:kwAootqa
清康のとき今川方面は攻めたりしなかったの?

526 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/10/19(土) 23:08:30.95 ID:s4ABQkQe
>>516
俺もこの部分投稿しようと思ってたけど、

>5年間の活動の間に、本国三河で与力となった侍大将衆は皆清康の被官となり、彼を主君と仰いで、
>尾張は勿論のこと、美濃、伊勢にまで出陣し、近隣諸国に威力を振るい、清康は武道の大家として
>名を馳せ、遠国の浪人衆まで馳せ参じで彼の家中での奉公を望みました。
>そして本国は勿論のこと、尾張の者まで清康配下に入ろうという勢いだった所で、不慮のことで ……

この部分、正しくは

5年も存命でしたら、本国三河で与力となった侍大将衆は皆清康の被官となり、彼を主君と仰いで、
尾張は勿論のこと、美濃、伊勢にまで出陣し、近隣諸国に威力を振るい、清康は武辺の家として
名を馳せ、遠国の牢人衆まで馳せ参じて清康を主君と仰ぐので、 本国三河の事は言うに及ばず、
尾張の者まで清康の譜代となっていたことでしょうに、不慮の儀にて……

だと思うぞ?新編岡崎市史はこの解釈だったし

527 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/10/19(土) 23:15:51.21 ID:2mLYCHGx
松平清康なんかよりも、織田信秀の方が全然勢力拡大してるのにスルーするし
所詮、甲陽軍鑑は江戸時代のインチキ資料

528 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/10/19(土) 23:18:41.13 ID:89+jMl0r
松平清康なんかよりも、フェリペ2世の方が全然勢力拡大してるのにスルーするし
所詮、甲陽軍鑑は江戸時代のインチキ資料

529 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/10/19(土) 23:24:44.11 ID:s4ABQkQe
というか信秀の勢力拡大って清康の夭折も一因なんじゃないの?
まあ清康の勢力拡大も今川氏親が死んで後継ぎの氏輝が幼少だったのに乗じてだけど

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    さすがに盛りすぎだろw

  2. 人間七七四年 | URL | -

    これ俺も書こうかと思ってたけど、訳し方間違ってないか?
    原文では「五年も存命に付ては」だから、5年間の活動の間にじゃなくて5年長生きしていたら
    になると思うんだが

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    そうなのか、やっぱり原文に当たるって大事なんだね、サンクス。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    その後は空想か。

    ほんまに※2さんのおかげやわぁ

  5. 人間七七四年 | URL | -

    これだから徳川の功績は信用されない。
    提灯すぎてどこぞのホルホル人かよと思ってしまう。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    まあ
    三河一国を征服し、一部他国出身者の家臣も増え、今川や斯波ともとにかく肩を並べ、尾張にまで侵攻したのは事実だからな

    清康なければ、家康の天下もなかっただろ

  7. 人間七七四年 | URL | -

    家康の爺ちゃん?がそこまですごい人だとは知らなんだ

  8. 人間七七四年 | URL | -

    確かに安城松平家が一族のトップにのし上がったのは清康の功績だなぁ

  9. 人間七七四年 | URL | -

    米5
    もう一度投稿されたレス全て読み直してみて。現代訳の仕方でこの話に関して甲陽軍鑑に嘘はない

  10. 2 | URL | -

    スレの方で訂正入れたらこっちにも反映されてるとは。
    管理人さん、ありがとうございます。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    単純に「松平清康さん、凄かったわ~」で良いのでは?

  12. 人間七七四年 | URL | b5.M5V.g

    >5年も存命でしたら、本国三河で与力となった侍大将衆は皆清康の被官となり、彼を主君と仰いで、

    5年も存命でしたら、本国三河で侍大将衆は皆清康の寄騎となり、彼を主君と仰いで、


    与力ってのは織田政権においてある大名に付属させた直属の大名(柴田勝家に対する前田利家・佐々成政)で、江戸時代にも継承されている(奉行の下に与力がいるが、奉行直属の部下ではなく幕府から派遣されている格下の同僚)。
    寄騎は戦国大名に従う在地領主のこと。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    「よりき(寄騎/与力)」ってどういう事なんだろうってずっと思ってたけど、
    12殿のおかげで良く分かったでござる。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    ※12
    原文でも与力なので、まあそこは甲陽軍艦クオリティなんでしょうかね。
    新編岡崎市史によると、与力(寄騎)が新恩地給与や代替わりの本領安堵によって
    被官、譜代化することをこの節でいっているようです。

  15. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    時の政府が先祖顕彰のためにホルホル記事書くのは洋の東西どこでもあるぞ。
    秀吉も先祖じゃないけど存命中に自身の権威上げのための工作はしてた。
    明治政府も自身が樹立した政権のために前政権の徳川幕府sageてる
    いきなり関ヶ原の恨み云々持ち出したのも自身の正当性の為だ。
    政治ってそういうものだぞ。そういうのをニラニラしながら楽しむのも歴史や政治の面白さだww
    ツイとかでもいまだに自称幕末の薩長好きが関ヶ原の恨みを晴らせてよかったとか語ってる人がいるがそれも明治期に作られたものだ。
    関ヶ原時の島津はそれどころじゃなかったw
    毛利は家中での当主への権力集中に重きを置いてるような、天下狙いのようなようわからん行動。
    昔の恨みを200年以上かけて晴らしたってストーリーは物語としては面白いから、明治期の庶民の人々にもすんなり受け入れられたんだろうな。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7960-fbdbb1d8
この記事へのトラックバック