FC2ブログ

知恵が浅いとここがわからない

2013年10月27日 19:02

591 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/10/26(土) 22:10:31.57 ID:UJJpVPKX
古老の話、ある者の屋敷を上役が事情により必要となったので、
差し出すよう申しつけられ転居先を探していたところ、
話が進むなかで、やはり必要でないということになった。
それで、転居先を探す手間を無駄に過ごしたとその者がすっかり腹を立て、
今回のやり方は不届き至極だと、堂々と誰にでも不満を明かしていたが、
上役がその者に謝罪をしたので納得し、そのうえ謝礼として金銭を受け取ったことを誇った。
いやはや、この者は笑止千万な武士である。
損をさせられ負けているのは意気地がないと世の人は思うものだ。
しかし、それは違う話なのである。
たとえ上役相手でも損をさせられたなら取り返す、
などということは武士の覚悟とはまったく別のことである。
要するにこの男の話は損得の話なのだ。
根本が汚い。
それを上役相手でも金を取り返したなどと誇るのは誠に無礼千万と言ってよい。
はっきり言えば、金銭を受けとれば逆に負けとなる。
将来の支障になることだ。
裁判での言い分などというのもこれと同じで、みな損得の話である。
損さえ覚悟していれば争い事は起こらない。
こればかりは我慢しても負けにはならぬ。
知恵が浅いとここがわからない 【葉隠】






スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    損得の話が汚いかどうかは場合によるだろうが、まあ、この例文の男は汚いな。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    利益の観点から見れば、思慮のある人間なら将来を見越して「損して得とれ」で上役に恩を売っておいただろう
    義理や面子という話であれば、情け深い人物なら上役の顔を立てて黙っていただろう
    色々なものが足りてない残念な武士に見える

  3. 人間七七四年 | URL | -

    つーか他人に金貰って自慢するってどういう感覚や…

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    無理難題で他人に土下座させてSNSで公開する馬鹿と同じ感覚じゃね?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    鬼「本当の武士なら他人に不満なんて言わない。不満に思った瞬間、斬り殺しているからだ」

  6. 人間七七四年 | URL | -

    上役でも不備があったなら
    その分の賠償があるのは当然だろ
    ようするにそういう、上役の賠償をそのまま受けるのが
    恥ずべきことみたいな訳のわからん常識があるから
    そうやって上役の心象を悪くするのだろう
    そういう訳のわからん常識がないなら
    上役も世間もその男が賠償を受けるのは当然のことと思って
    その男は特に誰からも悪い印象は持たれないだろう
    どんな理由があっても上役のやることに文句を行ったらいけないとか
    正当な理由があっても上役から賠償を受け取ったらいけないとか
    そんな現代において不必要な理想主義は現代日本においてもてはやされるべきじゃない
    まぁ、そのわけのわからん理想主義もその当時はちゃんとなにかしらの必要性があって
    存在していたのかもしれないが、
    今の日本に置いては全く必要がないということだな
    というか正当な賠償を請求されただけなのに心象を悪くするとか
    上役だかなんだか知らないが何様のつもりなんだか
    ついでにいえば、損得が汚いとか言ってるが
    上役の心象を悪くしないようにしようってのは
    損得じゃないんですかね?
    ああ、損得じゃなくて武士道なのか
    ものは言いようですね

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7977-c01a91f9
この記事へのトラックバック