FC2ブログ

錦の羽織の大将

2013年11月02日 19:07

468 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/11/02(土) 17:30:55.86 ID:jZSxebqC
大阪夏の陣、八尾・若江の戦いから5年ほど経った頃のこと。
ある日、藤堂高虎家臣、磯野平三郎(行尚)の屋敷を一人の老女が訪ねてきた。
平三郎への面会を求めてきたため、これと対面すると、老女はこのように尋ねてきた

「先年、大阪表での合戦において、あなたは錦の羽織を着た大将を御討ち取りになり、
その差料、銘の付いたものを三腰まで添えて手に入れられたそうですが、それに相違ないでしょうか?」

「その通りである。しかしその大将が誰であったか、未だに名は知れぬ。
そして三腰のうち、太刀は澤田但馬守殿の家臣に、戦場で助けてくれた志への謝礼として与えた。
その他の二腰と錦の羽織は、私が所持している。」

「そうですか…。何卒!その品々を一目見せていただけないでしょうか!」
平三郎は老女があまりに熱心なことを不審に思い

「其方、女の身でありながら武具を見て、どうするというのだ!?」
となじると、老女は涙を流し、言った

「何を隠しましょう。あなたが御討ちになったその大将は、増田兵部(盛次)殿なのです。
私はその兵部殿の乳母でございます。

あの頃、兵部殿は大阪方にお味方されましたが、これを秀頼様は殊の外お喜びになり、
お手で自ら、錦の羽織と二腰の太刀を下され、組下の足軽その他三千人の大将に
仰せ付けられました。
この時、私は女のことですから何のわきまえもなく、兵部殿が元の大将に立ち帰られたように思い、
大喜びしたものです。

そして5月6日の夜中に出陣され、二度と戻っては来ませんでした。

付き添った者達が逃げ帰ってきて、彼らに尋ねても、『平野の近くまでお伴したが、その後は知らない』
と申し、又は平野で討ち死にしたのを見たものがある、とも聞きました。

口惜しく、悲しく、せめて亡骸を見つけ出し弔いたいと思いましたが、女の身であり尋ねに出ることも出来ず、
その日を命日と考え、水を手向け回向をいたしましたが、目当てにすべき墓所もなく、たいへんに
心苦しい月日を送ってまいりました。

ところが、この頃人の噂にて、藤堂様の御家中の磯野平三郎という人が、錦の羽織を着た大将を打ちとったが、
その姓名もわからない、という話を聞きました。これこそ!と思い、ここまで参ったのです。」

平三郎は尋ねた
「それだけでは本当のことかどうか判断できない。その錦の羽織は如何なる紋柄で、何色であったか?」
老女はそれに詳しく答えた。そこで三腰の刀について尋ねると

「太刀は備前兼光、脇添え石船切と銘のある一尺八寸のもの、馬手指し(短刀)は吉光の九寸五分のものです。」
と答えた。

「全て相違無い。今は疑いも無くなった。」
平三郎はそう言うと羽織と刀を取り出して老女に見せた。そして彼女の心底を察し

「これらの内一つ、何であっても望みにまかせ、あなたに遣わそう。」

と言うと、老女は
「この吉光の短刀は、兵部殿がお生まれになった時、父君の右衛門(増田長盛)殿より遣わされた
品です。そのため、兵部殿は常にこれを、身から離さず持たれておりました。
これを私に頂ければ、仏壇に置いて、回向をしたく思います。」

平三郎は老女の望む通りにその短刀を与えた。

この事により、磯野平三郎が大阪夏の陣の折に、増田盛次を討取ったという高名が初めて判明した。
そこで元和五年十月に、追って三百石が加増され都合千石となり、また鉄砲頭を申し付けられた。
(元和先鋒録)




470 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/11/03(日) 14:31:17.57 ID:KQLn7oWZ
>>468
平三郎って磯野員昌の孫なんだな
石田三成の逃避行に最後までついてったのもこの人
エピソード二つもあって出自もそれなりなのにドマイナー

473 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/11/03(日) 18:36:37.00 ID:f9c0yZEa
>>470
この人もなかなか数奇な運命を辿ってるよね

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    殺し殺されるは戦場の倣い。それが終わった後は敵の関係者同士であっても情を以って接する、か。いい話だな。


    ………正直、読み終わるまで短刀を受け取った乳母が「兵部殿の仇いぃぃぃっっ!!」とか言って襲い掛かるんじゃないかとひやひやしたがw

  2. 人間七七四年 | URL | -

    それにしても味方が知らない功名を討たれた側の乳母が良く知り得たものだ。自分的には二本差しと羽織を見せたところで乳母をバッサリ、の予感もあったけど。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    藤堂さん家なら基本大丈夫だよ!
    藤堂さん家なら基本大丈夫だよ!
    (大事な(ry)

    ...ごめん俺も、いつ人死にが出るかとヒヤヒヤした
    間違いなく大体悪い話常連の人たちのせいだな...

  4. 人間七七四年 | URL | -

    いい話だなぁ(;ω;)

  5. 人間七七四年 | URL | -

    縺?>隧ア縺ァ縺ッ縺ゅk縺梧里蜃コ縺倥c縺ェ縺九▲縺溘▲縺代>縺?ス?

  6. 人間七七四年 | URL | B4ff.1Vc

    戦国の武士らしいいい話だな。
    でも増田盛次って父親の長盛が大坂の陣の直後までは生きてたと思うけど、
    首実検とかしなかったのかな?

  7. 人間七七四年 | URL | SFo5/nok

    短刀一本(一振り?)で300石なら悪い取引じゃないよな

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    縁者があらわれたおかげで素姓がしれたんだから、遺品の一つも渡さにゃ後生ってもんが悪いよ。
    加増は討ち取った相手が大物とわかったから、査定しなおしただけだろうしね。まあ、いい話にはちがいないから、いんじゃね?
    それより脇添えの刀、脇差だけど、こいつの長さが興味深いね。一尺八寸つったら約57cm、江戸の打刀の定寸が二尺三寸くらいで約70cmほどだから、打刀とそんな変わらない長さだ。クロスレンジは馬手差しでカバーするから、こいつはやはり太刀の予備だろうね。
    こういう装備が必要になるって事は、戦場で太刀がどういう扱い受けてたかって考える上で、すごく参考になるね。
    いろいろためになる話だw

  9. 人間七七四年 | URL | -

    で、この磯野平三郎さんは大阪夏の陣は無事生き残れたの?
    まさか「藤堂家で役に立つ人は皆死に候」の中の一人になっちゃったりしてないだろうね?
    仁右衛門は死んじゃったんだよね。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    この逸話の冒頭に、大坂夏の陣から5年後の事、と書かれてるね。
    つまりこの御仁は、夏の陣を生き残れた数少ない「役に立つ人」だね。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    藤堂家は三成に鉄砲頭が身分が低いといわれてたけど、千石取りが鉄砲頭になったか。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    脳内でサザエさん的な絵柄で再生された。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ラストまで史記の侠客の弟の名を上げる為に死体の前で姉が自決する話みたいになるかとヒヤヒヤした
    双方、名前わかってよかったな

  14. 人間七七四年 | URL | -

    ラストまで史記の侠客の弟の名を告げる為に死体の前で姉が自決する話みたいになるかとヒヤヒヤした
    双方、名前わかってよかったな

  15. 人間七七四年 | URL | -

    ラストまで史記の侠客の弟の名を告げる為に死体の前で姉が自決する話みたいになるかとヒヤヒヤした
    双方、名前わかってよかったな

  16. 人間七七四年 | URL | -

    ラストまで、1.と同じく仇討ちそして失敗する話みたいになるかとヒヤヒヤした
    でも藤堂さんちなら基本大丈夫、って納得。すごく納得。よかったな。

  17. 人間七七四年 | URL | -

    藤堂さんって、織田昌澄やこの磯野平三郎のように旧主の一族を召し抱えたり世話したり、桑名吉成のように取次で縁のできた元敵対者を召し抱えたりと、間口の広さというか懐の広さが感じられるね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/7991-84120369
この記事へのトラックバック