FC2ブログ

すると、家老の小野和泉は

2013年11月15日 19:00

622 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/11/15(金) 17:43:40.21 ID:YA14mP7p
立花宗茂が十三歳の時、年始のある日のこと。

宗茂が山中を歩いていると、道には栗の毬が満ちていた。
宗茂はこれを取り去るように命じた。

すると、家老の小野和泉(鎮幸)は毬を取って掌にのせ、

「こんなものがどうして人を傷つけられようか」

と言うと、毬を揉み潰してしまった。

――『日本智嚢』




623 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/11/15(金) 18:12:10.10 ID:dcDjy/Zu
宗茂「痛くない?痛くない?ほんとーに痛くない?」

624 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/11/15(金) 18:12:47.26 ID:6yixRfa6
宗茂の進路栗で妨害されすぎだろ

625 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/11/15(金) 20:20:49.32 ID:usTYfZpR
破傷風の原因になったりするから栗の毬はナメない方がよい

626 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/11/15(金) 20:26:42.92 ID:XmguWrso
現代人には考えられないけど昔の人って手が象のような硬い皮膚だったのかな。

627 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/11/15(金) 20:51:37.14 ID:Ocf306ef
最上の最中は最上の味

629 名前:人間七七四年[] 投稿日:2013/11/15(金) 22:12:14.23 ID:O8dUpduQ
>>622
日本智嚢
もうそろそろ智の逸話もお願いします

630 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/11/15(金) 23:09:44.96 ID:usTYfZpR
>>629
『智』はチカラのちー

631 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/11/15(金) 23:48:53.34 ID:NfGSYPNg
ごり押しもまた立派な戦術、よって智に相違なし!

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    素手でくるみ割るよりスゲーよ

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ※623を見て

    「痛っ・・・くねー全然痛くねえ見た目ほど痛くねえわ、でもちょっと用あるし帰るわ」

    が思い浮かんだ。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    殿いつの宗茂(弥七郎)を思い出したw

  4. 人間七七四年 | URL | Tbzlkhz.

    624のコメントにワロタ
    宗茂と栗は切っても切れない縁で結ばれてるのか

  5. 人間七七四年 | URL | -

    4
    ぎん千代「」
    道雪「涙拭きなさい...」

  6. 人間七七四年 | URL | -

    俺も624のツッコミがツボったwww

  7. 人間七七四年 | URL | -

    宗茂(踏んだらまた押し込まれるし、迂回しても何か言われるだろうな
    そうだ!誰かによけてもらおう)

    こうして宗茂少年のトラウマがまた一つ

  8. 名無しさん | URL | -

    オノ・ヨーコさんの先祖だけあって、大げさで痛いパフォーマンス好きだな

  9. | URL | Wl7I45JQ

    俺の親父が運送屋やってたけど、今でも凄い手してるよ。掌の皮は626の言うように象のように固いし指もゴツゴツの太さになってた。建築や土木関係の人らもそうじゃないかな。裸足で歩く人の足の裏と同じような話だろうね。昔の人の手ってのはきっと固かった

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8033-e556945f
この記事へのトラックバック