FC2ブログ

関ヶ原、藤堂玄蕃と島新吉信勝の一騎打ち

2013年11月19日 19:02

834 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/11/19(火) 06:59:15.22 ID:zGxpA0kZ
藤堂高虎の家臣である藤堂玄蕃は、元は関白・豊臣秀次の家臣であった。
しかし秀次事件によりその家が滅びると、高虎の親類(いとこ)であったため藤堂家に招かれた。

さて、関ヶ原が勃発する。

高虎は玄蕃に、伊予国板島城を預け置き、西軍と呼応した一揆への押さえとしようとした。
しかし彼は、共に戦いたいと達って訴え、後より戦場に合流し、関ヶ原の決戦に参戦した。

藤堂家の部隊は大谷吉継隊と交戦する。玄蕃はひとしお勇を励み一番に働き、
平塚為広を目掛けて突進した。

これを、島左近の嫡子である新吉(信勝)が見て、横合いより駆けつけ玄蕃を攻撃した。

玄蕃はこれが初めての合戦でもあり、足を乱し散々と成ったが、それでも踏みとどまり
島新吉と競り合った。

玄蕃と一緒に馳来た侍の七里勘右衛門、渡邊市左衛門を初めとした屈強の者達も尽く討たれた。
しかし新吉も人数を多く討たれ、玄蕃と新吉は互いに自身で戦う事となった。

玄蕃は走り寄って新吉と組んだ。
しかし新吉は若武者であり体力に余裕があった。
一方の玄蕃は、それまでに数度の戦いを行っていたため既に大きく疲労しており、
心は進んでも体がついて行かなかった。

こうして、終に信吉が組み勝って、玄蕃の首を取った。

(慶長軍記)


関ヶ原、藤堂玄蕃と島新吉信勝の一騎打ち、についての逸話である。





836 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/11/19(火) 13:55:04.55 ID:h0ycdGn0
1559年生まれで信長秀吉に仕えてた事もある若江八人衆でもあった男が初めての合戦なのか
前線に出るのが初めてだったのか、藤堂家では初めてだったのか、それともやっぱり文字通り戦場に出るのが初めてだったのか

837 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/11/19(火) 14:30:07.30 ID:01YUppte
左近の息子が初陣だったという話はよく聞くけど玄蕃は…

838 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/11/19(火) 14:49:43.88 ID:WHt8RGdg
玄蕃「心は常に初陣よ(キリッ」

839 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/11/19(火) 22:31:35.39 ID:iLAzymA9
「藤堂玄蕃だ!」
「とうとう現場だ?その歳で初陣か」

840 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/11/20(水) 08:57:05.65 ID:v6/kNvEA
現場ってw 土木工事じゃないんだから

848 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/11/21(木) 00:16:12.21 ID:WnpghTLz
>>834
この後、新吉君の方も討たれちゃうんだっけか?

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    秀次時代で2千石クラスの武将が初陣の訳がない。藤堂さん家も他に藤堂姓が
    居るから、誰かと間違って覚えられてると思う。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    つまりこういうことかヨーソロー

    猛将藤堂高刑Lv19「・・・ゴボゴボ」
    猛将藤堂良勝Lv22「・・・ゴボゴボ」
    猛将藤堂良政Lv26「・・・ゴボゴボ」

    シャキーン!

    ????「・・・私は猛将藤堂高虎Lv52、今後ともヨロシク」

    ・・・もういってしまうのかボンボヤージュ

  3. ※2 | URL | -

    レス間違えた・・・面目ないので八尾で新七郎や玄蕃と一緒に長曽我部叩いてくる!

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    ソウルハッカーズかよっw
    つーか3DS版はすげー快適だ

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    口調がマッド系じゃなくて良かった、ど・・・毒電波がぁぁ!
    特に麻呂系のま~たやっちまったぜ、は秀逸だと思うw

  6. 人間七七四年 | URL | -

    まぁぶっちゃけ関ヶ原で死んだのと大坂で死んだので
    高刑だったか玄蕃だったかごっちゃになる

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    玄蕃の場合、後を継いだ三男(通称は同じく玄蕃)が大坂で亡くなってるから
    余計にややこしい

  8. 人間七七四年 | URL | Cnub/O7I

    いや「とうとう現場」には拍手1回分の価値があると思って。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8044-4241aa96
この記事へのトラックバック