FC2ブログ

本多忠勝と二人の息子・いい話

2008年12月22日 00:03

439 名前:人間七七四年[] 投稿日:2008/12/21(日) 22:03:15 ID:/7xvC7hp
二人の息子

本多忠勝は正室との間に忠政、忠朝の二人の息子を儲けた。

家康の関東移封にともない、忠勝は上総国大多喜10万石に封じられた。

さて、関ヶ原の戦い後、家康が忠勝に加増してやろうと話を持ちかけると、
「今の石高で十分です。私に加増は結構です」と固辞する。
それでも十分功績はあったのだからと、家康はちょっと考えて次のようにした。

忠勝には、伊勢国桑名10万石を与える。
それとは別に、次男忠朝に上総国大多喜5万石を与える。

どうも忠勝は次男忠朝の方が可愛くて、何とか独立した大名にさせようと工作したらしい。

臨終の際、忠勝は家老に遺言書を預けた。その内容は、

「桑名10万石の相続は幕命により相続。
 その他、武具、馬具、茶道具など一切の物は長男忠政に譲る。
 た・だ・し、
 自分は他に黄金一万五千両を蓄えているが、こ・れ・は、次男忠朝に与える」

これを聞いた忠政は激怒して、「長男が全て相続するに決まってるだろーが!」
と忠朝に黄金を与えなかった。

一方、忠朝は「兄貴のほうが大身だし、何かとお金が必要になるだろうからいらない」
と言って催促をしなかった。

弟の態度を家老から聞いた忠政はひどく恥じ入って、今度は黄金を忠朝に渡そうとする、
忠朝は頑として受け付けない、でどちらも譲らない。
そこで本多一門の者が間に入り、黄金は二人で半分ずつ分けることで話が付いた。

しかし、忠朝は「急用があったらその時渡してもらえればいいです」と兄の蔵に黄金を
置いたまま、とうとう一度も手に取ることもなく、大坂夏の陣で戦死した。

まあ、三人とも立派だったんだよな。



440 名前:人間七七四年[] 投稿日:2008/12/21(日) 22:07:05 ID:COwJP05Y
>>439
感動した

441 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/21(日) 22:07:29 ID:HJ84/qNw
>>439
イイハナシダナー

遺産相続って頭でわかっていても、いざとなると納得しがたいものが出ちゃうんだよねえ。
それで親戚と顔も合わせなくなったり(;´Д`)

442 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/21(日) 22:08:55 ID:dLqAkb9N
名君:「全部俺のもんだ!!」→いけないと気付く

DQN:「全部俺の(ry」→「けっけっけあいつ文なしだwwざまぁww」

443 名前:人間七七四年[] 投稿日:2008/12/21(日) 22:30:05 ID:FwiWxF20
>>439
長男相続の筋目は大切ということで忠政を立ててはいたが
家康も忠朝の方が武将として立派だったような事を言ってるよな…

445 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/21(日) 22:50:57 ID:7DP1rZEr
>>442
秀忠「今までよくやってくれたね。豊後で10万石あげるよ。」

古今伝授の人の次男「ははーっ!有難き幸せ!」


長男「( ゚д゚)、ペッ ダメダメ!アイツ、10万石の働きなんてしてないッスよ」

というわけで、谷田部細川藩は1万石で始まった。


こうですか?

446 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/21(日) 22:54:24 ID:HJ84/qNw
>>445
あの方は兄弟が全員敵だったから…

447 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/21(日) 23:13:17 ID:Qj1DsIJE
3歳さんですね、分かります。
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | SFo5/nok

    でも、結局本多は、時代が下がると減封され、幕末早々と、新政府についたのに、子爵しかもらえなかったんだよね。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    幕末の話は関係ない
    んなこと言い出したらキリがない

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/806-63949d12
この記事へのトラックバック