FC2ブログ

奥州仕置の模様・8月9日

2013年11月25日 19:04

876 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/11/24(日) 20:25:16.10 ID:/g6Ugc0G
天正18年(1590)、小田原征伐を完了した豊臣秀吉は、宇都宮から白河関を越え、東北へと入った。
いわゆる奥州仕置の始まりである。

8月9日、秀吉は小峰城に到着した。
秀吉が「この城主は何者か?」と尋ねると、細川忠興が「結城上野介と申す者です」と申し上げた。
これを聞いて秀吉は以ての外に機嫌が悪くなり、ここに結城義親が御挨拶を申し出たが、
それを許すこと無く、領地は没収され伊勢の住人である関右兵衛尉(一政)に与えられた。

(時八月九日の事なるに、秀吉公仰せけるは、此城主は何者と御尋ね有りければ、細川忠興
是は結城上野介と申す者にて候と申しける。
秀吉公以ての外に御気色替て御座有る所へ、結城義親と被露有りけれ共、御許容なくして、
領地を没収して勢州の住人関右衛門尉に賜りける。)

同日、秀吉は長沼城に入った。城主である新国上総介(盛次)は様々に饗応をしたため、秀吉も
悦び浅からず、御前へと召して「本領を安堵する」と言った

これを聞いて新国盛次は嬉しさのあまり、秀吉の側の者たちに、彼らの理解できない田舎言葉(方言)で
繰り返し繰り返し感謝を申し上げた。
秀吉はこれに機嫌が変わり、その後新国に、何の沙汰も下さなかった。

(秀吉公八月九日、長沼城に入らせ給ひて、城主新国上総介色々と饗応し奉候故、御悦不浅して御前に
召して本領を賜ると被仰出ける。新国盛次嬉しさの余り、側の人に向って跡先知れぬ田舎言葉を
繰返し繰返し申ける。秀吉公の御気色替って其後ち何の御沙汰もなし。)

(白河関物譚)

秀吉の気分次第でどんどん所領が取り上げられる、奥州仕置の模様である。




877 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/11/24(日) 22:46:00.50 ID:nHuOhqbS
跡先知れぬ田舎言葉って、ひでぇ表現だなw

878 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/11/24(日) 23:08:37.08 ID:PxWXDeve
なんとなく、昔の自分を見ているようで癪に障ったんだろうなぁ

879 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/11/24(日) 23:19:27.49 ID:7+FSzKRf
>秀吉が「この城主は何者か?」と尋ねると、細川忠興が「結城上野介と申す者です」と申し上げた。
>これを聞いて秀吉は以ての外に機嫌が悪くなり

理不尽すぎるだろ

880 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/11/24(日) 23:31:24.93 ID:9A2NmT8P
>>876
結城の所は最初から潰す気だったのかな
機嫌が悪くなったのは気付かず寄ってしまった自分にいらっときてw

881 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/11/24(日) 23:33:23.21 ID:7qpf3Faf
前になんか因縁があったんだろうな

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    管理者様
    本文と>>879、期限→機嫌 の修正お願いします。

  2. まとめ管理人 | URL | wZ.hFnaU

    ※1
    ご指摘ありがとうございます。直しておきましたー

  3. 1 | URL | -

    ※2
    管理人氏 早っ ご対応ありがとうございます!

  4. 人間七七四年 | URL | -

    こういうネタを読むと、家康が天下を獲ってよかったとつくづく思うわ。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    というか秀吉は、本当晩節汚しすぎてるよなぁ...
    劇的な最期で良くも悪くも現代に至るまで強烈なインパクト残して死んだ信長、
    幼少期~青年期は苦労しまくったけど(まあ最期まで三河武士には苦労してたけど)、最終的に勝利者となった大器晩成の印象が強い家康。
    この二人と比べたら、本人も家も最期が悲惨な気がしてならない...

  6. 人間七七四年 | URL | -

    領主の息子として、最初から人の上に立つために、それなりの教育を受けて育ったかどうか
    自分に命令できる人間がいなくなってから、それが顕著に出てきたのかね。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    手段が目的となった人の末路ではないか。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    話の流れからして結城さんとこは秀吉が城の目の前に来るまで城主本人どころか使者も寄越さなかったってところか
    だとしたら天下人舐めてんのかってことを秀吉に思われても仕方ないと思うし、そんな連中の末路はこんなもんだろ

  9. 人間七七四年 | URL | B4ff.1Vc

    奥州仕置だから1590年の話だよね?
    こういうのを見ると、晩年の秀次事件etcはボケたとか加齢で判断鈍った、じゃなくて、
    権力を握ったらそれを自分の気分のままに使ってしまう人物だったんだと思う。

    まあ小峰義親はいつも通り、あの人に貢ぎ物託したのが原因じゃないか?説もあるけどね。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    松本復興相が宮城県庁訪問したときが彷彿とするわ

  11. 人間七七四年 | URL | -

    秀吉「今の最後の言葉はオフレコです。いいですか、みなさん、いいですか、『書いたらもう白河関物譚は終わり』だから。」

  12. 人間七七四年 | URL | -

    留守政景に石川昭光も小峰義親と同じく、伊達のあの人に任せたら改易喰らった組だな

  13. 人間七七四年 | URL | -

    小峰義親は同じ結城の名を継いでる分際で出兵しなかったのでムカついて改易
    新国盛次(新国貞通の誤り)は別話みたいに色々ウザかったので改易

  14. 人間七七四年 | URL | -

    手段が目的になった人の末路か…上手いコト言うなぁ。
    本当、物事には目的と手段があって、手段は目的を達成手する為の方法に過ぎないのに、手段そのものが目的になっちゃうコトって多い。
    そして手段を目的と履き違えた者の末路はいつも不幸な結果になる。
    堀江モンしかり旧日本軍しかり今の中国しかりアントニオ猪木しかり…。
    その点歴代アメリカ政府とプーチンは上手いよな。
    現安倍政権も少なからず手段が目的に成りつつあるな。

  15. @@ | URL | -

    結城義親は佐竹義重・義宣に敗れて隠居していたが
    伊達氏の進出で返り咲いてた感じ。
    奥州事情は佐竹側から色々聞いていただろう。

  16. 人間七七四年 | URL | -

    九州征伐で懲りたんじゃないか?

    もはや小田原で北条を潰した時点で「陸奥のこことこことここは改易ね?」くらい決めてそうだ。目隠しして朱筆で地図に記し付けるくらいの簡単さで。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8061-a59743de
この記事へのトラックバック