FC2ブログ

尼子経久、月山富田乗っ取り

2014年01月01日 18:57

162 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/01/01(水) 00:05:31.03 ID:jaUgD7Pl
尼子経久はもともと出雲の国の富田の地で七百貫を領していた。
出雲の国は近江の佐々木氏の領国であり、佐々木高詮の時に経久の祖父、持久を守護代として出雲に送った。
この持久、そしてその子清定と二代にわたって守護代に任じ、国務を司り租税を近江へ送っていたのだが
さらにその子経久の代となって、経久がまだ若く又四郎といった頃に近江の佐々木氏の指示に従わず
富田とその近郊の地を奪い、また出雲の国の武士達を攻め従えようとした。
守護佐々木家の六角定頼はこれに大いに怒り、出雲の国侍に命じて経久を攻め追放させると代わりに
塩冶掃部助をもって出雲の守護代とした。

経久は無念であったが、諸国を放浪しついに食うにも事欠くとある山寺で食うために僧形となり修行僧に混じって
暮らしていた。
経久は何とかして富田の城を奪い返して本懐を遂げたいと思うものの、家臣達は皆その妻子を養うため
近江の六角氏に仕えており、出雲に残っているものは山中一族だけであった。
山中を頼るべしとついに秘かに出雲に入ると山中の住まいを訪ねた。
山中は経久を見ると急いで中へ招き入れたが、色は黒くやけ、やせ細り、昔の面影もほとんど残っていない
経久の姿に涙を流した。
ささやかな食事と濁り酒を前に、経久は涙を流して山中をかき口説いた。
「何としても富田の城を攻めて塩冶を討ち取り、本望を遂げたい。もし昔のよしみを忘れていなければ、どうか我に
力を貸してはくれないか?」と。
山中も昔の義理は忘れがたくもあった。
「仰せ、畏まりました。」と諒承すると、やがて一族と語らい17人の一味同志を得ることができた。

さて、しかし塩冶は国の守護代として多くの兵を抱え、威もさかんである。容易に討つことはできない。
思案の末、経久は、河原者(祭や芸事を行う身分の低いものたち)の賀麻党の頭を召し寄せ、言った。
「汝も知るごとく、我、当国を追い出され、耐え難い思いをしている。何としても塩冶を討って遺恨を晴らしたいのだ。
それに付いて、汝に頼みたいことがある。もし我が本望を遂げたあかつきには、褒賞は望みのままに取らす。」
賀麻の頭は平伏して答えた。
「恩のある何百の侍を差し置いて私どもの如き身分賤しき者を頼りにして頂けるとはこれほどの名誉はございません。
この上は、たとえこの身も一族をも亡ぼそうとも恐れはいたしません。何なりと、御指図ください。」
経久は大いに喜び、言った。
「よし、それならば汝らは正月には富田の城の二の丸で例年卯の上刻から千寿万歳の舞を行っているが
来年の正月は時間を早め、早朝寅の上刻に舞を始めるのだ。
そうすれば、本丸の者共も二の丸へ出てきて舞を見るだろう。我々は城の搦手から忍び込んでおいて
方々へ火をかけながら本丸へ打って入る。その声を合図にして汝らは大手より切り込んでくるのだ。
こうして前後から攻め合わせれば、城を乗っ取ることは容易いぞ。」
賀麻の頭は、これを了解して立ち帰った。

さて文明17年大晦日、経久と山中一党の17人、そして昔の恩義を忘れぬ譜代の郎党56人夜中秘かに
塀を乗り越え大手の合図を待った。
明けて早暁、賀麻の一族70人ばかり城の門外より太鼓を打ちながら千寿万歳の舞を始めた。
城中の者たちは今年は例年より早く万歳の舞が入ってきたぞ!急げ!とばかりに皆して二の丸の大庭に集まり
見物を始めた。
ここで経久以下、所々に火をかけ火事だ火事だと叫びまわる。見物の城兵たちは慌てふためくが
そこに賀麻の一党が烏帽子、舞服を脱ぎ捨てると太刀を構えて切り伏せる。
経久らも賀麻一党も散々に奮闘し、ついに塩冶を討ち取ると城兵は散々に城を落ちていった。

尼子経久、ついに月山富田城を乗っ取り730人ばかりの首をとり、多年の鬱憤を散じることができたのである。

(名将言行録)




163 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/01/01(水) 04:02:10.13 ID:e86knXce
鉢屋弥之三郎とかいう忍者の名前は書いてなかったんだ

164 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/01/02(木) 00:30:12.80 ID:6Fgez4Um
>>163
賀麻の頭が鉢屋なんだろうな。

165 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/01/02(木) 08:46:15.63 ID:dDxQmTgX
へーだから兜が鉢なんだ

166 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/01/02(木) 09:01:14.64 ID:JMkUl2ZO
忍たまか

167 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/01/02(木) 10:50:11.89 ID:twXKt/gS
山中さんは昔から尼子家臣なんだな 最後まで裏切らないのも納得だ

168 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/01/02(木) 12:46:58.23 ID:n1qb8Zyf
鹿助は先祖の伝説を再現しようとして大失敗した模様

>>167
尼子宗家自体はまだあるのに勝手に別家立てて正統性主張してるからある意味裏切ってる。

169 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/01/02(木) 15:12:28.49 ID:VID8jeDk
軍師官兵衛に勝久と鹿助も出るみたいだね

スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    これ実際は何があったかよく解らん話だったよな
    幕府周りも六角も静かだし恐らく経久が平謝りしたのでは?ってのが定説みたいだが

  2. 人間七七四年 | URL | -

    逸話としては、やはりこう言う「やってやったぞー!」的な話は読んでいて楽しくなる。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    近江に行った他の家臣たちどーなんたんだ?

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    ていうか、幕府の要請に従った結果が、尼子経久の守護代解任だね。しっかし、ツッコミどころ満載の話だな~WW
    まず、出雲守護は六角氏じゃない。「京極」政経だ。六角定頼なんかまだ生まれてないよ!(1495年生)
    尼子経久が守護代に復帰するのは、この話から14年ほど後のことで、ちょうど京極政経が「北」近江守護をめぐる抗争に敗れて、出雲に逃げ帰ってくる頃だ。
    権力基盤の弱った政経と、権力に復帰したい経久の思惑が一致して、両者は和解したってわけだね。
    京極政経が生きてる頃は京極氏の権力はまだまだ強力で、経久も一家臣に過ぎないんだけど、政経の後継者は幼年で、権力は尼子氏に移譲してしまった。で、ようやく、戦国大名尼子氏、ここに爆誕!って流れにWW

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    最近じゃ守護代解任されただけで諸国は放浪してないんじゃね?って話になってる。塩谷掃部助も実在が疑われてるし。
    つか、なんで六角氏なのかね?江戸時代には京極氏は大名で生き残ってるから、名前だすの憚られたんかね?それとも、近江で佐々木ったら六角、っちゅー刷り込みでもあったのかねえ。

  6. 人間七七四年 | URL | O2bXk3NQ

    大内家牽制の為に幕府方針が転換されて
    それに乗って尼子経久が復帰した説はある
    後に守護代解任時に、京極政経が弁解してくれなかった件の報復として
    政経の孫をたたき出して独立
    足利家の意向は汲みつづけたので、実態は半下克上てところだろう

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8144-9ea156e7
この記事へのトラックバック