FC2ブログ

稲垣掃部の出奔

2014年01月09日 18:55

225 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/01/08(水) 23:58:43.85 ID:owMR+MAn
稲垣掃部本多忠政の士である。忠政に怨みあって、白昼姫路を出奔し、船に乗って下った。
彼は以下の狂歌を書いて、その座敷の床の中程に張り付けた。

「破笠頸にかけてはこじくとも天下にてみのは頼まじ」
(たとえ破笠をかけて乞食になろうとも、天下において忠政を頼りにするつもりはない)

忠政は大いに怒って稲垣を追わせた。追手の士が坂越で稲垣の船を見て言葉をかけたところ、
稲垣は近くで相手になり、半弓を射て二士を殺し、逃れて赤穂の商家に入った。
忠政の士十人ばかりは、その家を囲んだが、一向に家へ入らず時を移した。

そこは池田輝興の城下なので、その家士である木梨清右衛門と澤市郎右衛門はこの有り様を見て
戸を押し破り、ただちに家へ入った。木梨は澤に先立ち、稲垣は引き絞った半弓を木梨に射る。
矢は木梨のまん中に当たり、彼は倒れた。

稲垣は二の矢をつがえて、今度は澤を射た。矢は澤の左腕から片腹をかけて貫いた。
澤は射られながらも、たたみかけて稲垣を斬り殺した。木梨はすぐその場で気絶して
また蘇生したものの、最後には傷を病んで死んだ。

――『武将感状記』




226 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/01/09(木) 01:01:55.68 ID:H1szDz4j
三河武士の日常ですな

228 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/01/09(木) 23:12:41.12 ID:Eau0S45F
稲垣も澤も木梨もテレビでよく見る名前だから、なんか無駄な笑いがこみ上げてくる

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    >みのは頼まじ

    本多忠政の官位「美濃守」に掛けていたのですな
    最初なんのことかわからなかった

  2. 人間七七四年 | URL | -

    忠政って、あまりいい話を聞かないなぁ。
    親父や弟より周りのウケが悪かったんかね。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    「天下」は「あめがした」て読めばいいの?

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※3 「みの」にかかっているはずだから「あめがした」で正解だと思う

  5. 人間七七四年 | URL | GCA3nAmE

    ※2
    親父没後 忠政「弟に分与するのヤダヤダ全部おれのだもん!」忠朝「」
    で家康に皮肉られたんだよな。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    この人は、立ち位置的に大変だったような気はする。
    親父が、あの本多忠勝だろう。散々比較されたんじゃなかろうか。
    黒田長政とかと話が合うと思う。なんか、この逸話も、後藤又兵衛と長政みたいな感じがするし。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8164-fc8d1f0f
この記事へのトラックバック