FC2ブログ

酒井忠次は御家人の中で第一の旧臣であり

2014年01月20日 19:04

138 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/01/19(日) 20:39:20.29 ID:dV2qOaNU
俗に伝わることには、忠次は御家人の中で第一の旧臣であり、家康公のおばの婿(姨聟)であったので、
御家人たちは忠次を崇敬し、忠次が他人の家を訪ねるときに下馬をしなくても、これを無礼だと思う者はいなかった。

秀忠公は忠次の武勇にあやかろうということで忠次の諱字を貰い、
また秀吉公からも諱字を賜ったので、秀忠公とお名乗りになったのである。


『武家事紀』より、忠次の項にある秀忠の諱の異説である。




139 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/01/20(月) 00:59:16.60 ID:ODbzzr/b
家康「えっ、忠って普通に先祖から続く通字なのに。父上の広忠とかワシの最初の名の元忠とか」

140 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/01/20(月) 01:01:49.28 ID:ODbzzr/b
いけね、家康の最初の名は元信だった

141 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/01/20(月) 01:28:21.26 ID:07eURHZG
つーか酒井忠次の忠は家康の父親の広忠の忠だよなあw

142 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/01/20(月) 01:36:04.32 ID:lHcbYmax
織田秀信公は秀吉公からも諱字を賜ったので、秀信公とお名乗りになったのである。
織田秀信「えっ、秀って曽祖父の信秀からとったんじゃないの?」

143 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/01/20(月) 01:45:57.09 ID:7uIrQSkE
義元を信ずるからこその元信であろうが
その方の分際で義元を安んじる元康とは何事か!
古~い漫画の台詞

144 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/01/20(月) 02:18:59.91 ID:lHcbYmax
義元を信ずる、だと信元にならないか、元信なら義元が信ずる
元康でも義元がやすんじる、でいい意味だと思う

145 名前:人間七七四年[] 投稿日:2014/01/20(月) 03:30:16.27 ID:QO2tIAkQ
元を頭に持ってきたのは一字をくれた相手を敬う形でつけんじゃねえの?

謙信も『輝』虎 『政』虎
武田晴信や伊達晴宗や南部晴政や長尾晴景とかのも頭にあるが形だけはエライ人からの戴きものだったハズ…

146 名前:144[sage] 投稿日:2014/01/20(月) 03:35:36.54 ID:B9onzyKh
>>145
無論それはわかってる
元信、元康の意味のその漫画での捉え方がおかしいと書いてるんだが

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | ZPZR469g

    忠は松平の通字だからなぁ。

    とはいえ、秀忠が元服するときには松平は既に遠くになりにけり、だし、
    本当に松平の通字から忠の字を選んだのかな?と思う。家康自身の名前も
    清康から取ってるように、余り広忠には思い入れがなかったみたいだし。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    松平氏の通字は一代おきに「忠」だった説
    親忠-長親-信忠-清康-広忠-家康-秀忠-

  3. 人間七七四年 | URL | -

    鳥居元忠「義元がなんとかという話になると、ワシなんぞ今川に忠節を尽くさんといけませんな」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    >>143の漫画と>>145
    漢文の常識…

  5. 人間七七四年 | URL | -

    忠長さん以降、忠入ってないよな

  6. 人間七七四年 | URL | -

    そいや前から疑問だったんだが、家康の康はじいさんの清康リスペクトとして、家はどういう理由で元康くんは選んだんだろ?逸話とか理由知ってる人いないかな?

  7. 人間七七四年 | URL | -

    林羅山「後で難癖つけて豊臣滅ぼすため」

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    昔の学研のまんが人物日本史シリーズの「徳川家康」では
    祖先の源義家からと書いてあった。

    いくらなんでも昔過ぎないかと子供心に思ったけど、
    新田系源氏であることを強調するためと考えれば、
    それで正しいのかもしれないと思い始めた。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    こうやって人の名前の由来を見る限り、現代よりも余程考えられていると思う。
    最近のキラキラネームの由来とか見ると、本当にそう思うよ。
    当時の名前も読み難い物はあっても、同じ字が有れば一族の人だろうと一発で分かるし。
    現代だとそもそも日本語すら怪しいw
    そう言えばかなり昔、息子に「悪魔」君と名付けたいとか言って大騒ぎされてたなw

  10. 人間七七四年 | URL | -

    忠勝「え?俺へのリスペクトで忠付けたんじゃないの?」
    家康「オマエはタダ勝つコトだけ考えてればイイんだよ」

  11. 人間七七四年 | URL | -

    直政「つまり忠次どのは「忠」を継くのが役目なのですね」

    忠長「兄貴のせいで忠の系譜が途切れたんすが…」

  12. 人間七七四年 | URL | -

    「忠」の字は、家康の家系の「安城松平家」の通字だよな
    家康の玄祖父の長親さんも初名は「長忠」だったらしいし

    酒井、本多、大久保といった譜代上席の家で「忠」の字を上に付けてるのが多いのは、その時の松平家当主からの偏諱じゃなかろうか?

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※12
    長忠は一次史料で確認できるが長親と名乗った証拠は無いそうな。

    ただ入道するまで史料のない期間がかなりあるので完全には否定はできないのだが
    先代の親忠が伊勢氏から「親」を貰ったとすれば下につけるのは無いだろうと
    平野氏は否定的にとらえてたな

  14. 人間七七四年 | URL | -

    上杉政虎さんはなんで政虎なの?
    形の上だけでも名家を継いだなら山内上杉氏通字の憲虎じゃねーの?

  15. 人間七七四年 | URL | -

    ※14
    ただの想像だけど、養子と実子を分けたかったとか?
    憲政の実施は憲の字ですので。

  16. 人間七七四年 | URL | -

    >>9
    「昔は考えられていた」ではなく、
    「昔はほぼ自動的に決まっていた」だと思うよ。
    明治以降の親の「期待」とか
    最近の「詩情」とかの入りこむ余地がないくらいに。

  17. 人間七七四年 | URL | -

    ※14
    憲政を形式としては上位に置いて尊重すると言う姿勢だね。

  18. 人間七七四年 | URL | O2bXk3NQ

    家康の「家」の方の字がどこから来たかは知っているが…
    あっちこっち取材してやっと知れたんで公開は勘弁して下さい
    当時色々複雑な事情があって「家康」になった、理由はある、とだけ言っときます

  19. 人間七七四年 | URL | -

    ※18
    ほほー まあ知る必要はないわな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8187-2728a60c
この記事へのトラックバック