FC2ブログ

武田信繁の教訓・いい話

2008年12月24日 00:08

483 名前:人間七七四年[] 投稿日:2008/12/23(火) 00:23:26 ID:atfTI7kG
徳川家康の背中に大きな瘍が出来て死にかけたときの事である。
医者にもどうにも出来ず、徳川家康本人も諦めてしまい生きる気力も消え失せていた。
そんなとき、灸の名人という者が訪ねてきたのだか、
徳川家康は投げやりになって、治療を受けようとしない。
それを聞き、鬼作左こと本多作左衛門がかけつけた。
「自分は幾多の戦で受けた傷で満身創痍。
歳も六十を越えた老身です。
だから恩顧ある徳川家におればこそ、人に立てられもしますが、
他の家中にいけば誰も相手にしてくれないでしょう。
殿のために苦労してきたからこそ今の地位が得られたのです。
もし殿が死んでしまえば、自分は見捨てられたようなもの。
それならば、いっそのこと、殿が死ぬまえに腹を切る。」
と言った。
これを聞いた徳川家康は考えを改めて灸をすえたところ、
瘍はつぶれて、すんでのところで命拾いしたという。



484 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/23(火) 00:27:51 ID:Q4FgYx3e
>>483
家康が駄目人間モードになったら鬼作左登場してryてのはお約束であり様式美だなw

485 名前:人間七七四年[] 投稿日:2008/12/23(火) 00:46:28 ID:OdS4V/cN
>>483
これは既出かな?
まとめの11月11日に出てる

486 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/23(火) 00:59:33 ID:Y9cJnLX0
既出にもほどがある



487 名前:483[] 投稿日:2008/12/23(火) 02:03:28 ID:atfTI7kG
申し訳ない。
以後気をつけます。

武田信繁が残した良い話
「過失を犯さないようにせねばならぬ。
もし過失を犯したならば、その後はとくに注意して、
けして二度と過失を繰り返してならない。
論語にも、過失ある時はすみやかに改めよ。
恐れて躊躇する必要はない。とある。
過ちは皆にありがちなことで、やむを得ないが、
過ちを知って改めないのは、真の過ちであるという言葉もある。」



488 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/23(火) 03:00:40 ID:BjjHW7WY
>>487
逸話に結び付けてただでは転ばぬあたり、お主もひとかどの者よw


489 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/23(火) 05:11:48 ID:KLT30YcP
>>465
イケメンでエロだから福山雅治扱いで崇拝されるやもしれん

490 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/23(火) 17:37:44 ID:YYQ+Y1er
>>487
忠興、ゴーン「2回までなら許すよ。その次は・・・」

492 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/23(火) 21:01:03 ID:yMYKzxYP
加藤清正は、家臣の失敗を二度目までは許したが、三度目は
切腹を申しつけたと。

でも信長なら1度目でも手討ちだったろうね。

493 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/23(火) 21:12:04 ID:z6VBwSOK
>>492
時代遅れの物凄い偏見だな。

494 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/23(火) 21:14:43 ID:Q9vXw7xF
まあ信長の我慢する、しないは、時期とタイミングによるw

495 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/23(火) 21:15:18 ID:LWJTKB4i
信長って実際はけっこう失敗許してないか
佐久間信盛の折檻状や秀吉の柴田援軍無断撤退に対する仕置き
なんか見るに失敗してもそれを挽回すればよしってスタンスに感じるが

496 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/23(火) 21:41:10 ID:Q9vXw7xF
>>495
うん。信長はむしろ人使いに関しては気が長い。ただ、後年と言うか、晩年のほうは
相当短期になっているのも確か。

497 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/23(火) 21:49:48 ID:k43xPVKZ
使えない奴はあっさり切るだけでしょ
佐久間とか林は人材が集まってきたんで適当に理由つけておっぱらっただけじゃね

498 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/23(火) 21:54:11 ID:O45JibaE
信長は怒りっぽいけど、メリットある時に怒るようにしているような、
ある程度の抑制を感じる。
そこがDQNとの分かれ道か。

499 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/23(火) 21:58:18 ID:ejR/8B0O
それなりに筋は通ってるからね

500 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/23(火) 22:16:56 ID:mopF56Ks
でも、気まぐれ
部下にとっては、それが一番キツイ
付き合い方が解らんのだから

501 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/23(火) 22:20:00 ID:xd541bKO
林はともかく、佐久間は相当有能だったから、晩年は判断力にも陰りが見えていたな。
いくら邪魔になったからといって、いきなり追放じゃ家臣が不安を感じるのも当然。

502 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/23(火) 23:01:10 ID:yMYKzxYP
佐久間親子を追放したのは、信長が長年希求していた
石山本願寺を一晩で焼失させてしまったからだろう。
日本中の金銀財宝がそこにあったとか。建物にも執着してたらしい。

その他諸々は、とってつけたもの。

二条城での普請で工事人足を、安土城内で西瓜の後始末をさぼった
茶坊主を、各々かっとなって手打ちにしたとか。
いずれもフロイスが目撃してたんじゃなかったかな。
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/820-40945eb5
    この記事へのトラックバック