FC2ブログ

徳永法印の西軍分析

2014年01月31日 19:01

445 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/01/30(木) 22:57:32.01 ID:nMv8pCNN
慶長5年(1600)、関ヶ原の役が進行している中、福島正則を始めとした東軍先発部隊が
関東より清須へ向かうという頃、徳永法印(寿昌)は徳川家康の御前で、このように言った

「今度の上方の敵は、西国の大名たちがきっと多くの軍勢を出して遠征してくるでしょうから、
天下の安危はただ我らの一挙にかかっています。誠に由々しき大事であります。

ただし、今度の上方の敵は大将のいない寄り合いの軍勢です。

安芸中納言(毛利輝元)、筑前中納言(小早川秀秋)、備前中納言(宇喜多秀家)、この3人は
分国に大小ありといえども、同位の国持です。
また岐阜中納言(織田)秀信は、小身ではありますが信長公の嫡孫であることを誇りとし、
人の風下に立とうとはしない人物です。
こういう状態ですので、何れを大将とも定め難く、互いに威勢を争って、それぞれの命令を
聞こうとはしないでしょう。
また、石田三成がいかに奉行顔をして人に誇ろうとも、先の者達の中に彼の命令に従うという者は
いないでしょう。

そうである以上、彼らの中には同位の傍輩の命令に従うということを無念に思って、我らの方に参る、
という者も出てくることでしょう。

また、例え我らに降参してこなくても、諸大将が心々に振る舞うような状況では、軍勢の統帥は無く、
戦に利はありません。
然らば、今度の御合戦、御勝利間違いありません!」

徳永は美濃の案内者であったので、彼も先発隊へと派遣された。

(黒田家譜)

関ヶ原における、徳永法印の西軍分析である。




453 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/01/31(金) 07:24:23.28 ID:Xg1VsbmI
>>446
法印さんのいい情勢分析じゃないの?

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    「今度の御合戦、御勝利間違いありません!」
    ただし、黒田家譜である。結果的に正しい逸話でも
    これが黒田家譜というだけで疑いたくなるw

    マイナー武将だけど元々家老職も任せられる位だから、
    ちゃんとした目を持った武将だったと思うけど。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    徳永寿昌は関ヶ原の戦いでは鬼神の活躍。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    小政党が寄り集まって大政党作ったけどトップが皆トップやりたい人物でまとまらない、ってのと同じ状態か<西軍

  4. 人間七七四年 | URL | -

    しかも造反見込んで投票はじめてみたら一人も造反者でなかったみたいな。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    松本清張も三成の石高と格(キャリア)じゃ、どれだけ三成が頑張ったところで西軍をまとめることなんてできなかったって書いてたな

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    岐阜城攻めの前哨戦として福束城を皮切りに、高須城、駒野城、津屋城と西南濃の城をかたっぱしから落としたんだっけな。
    おかげで美濃の空気は、西軍からいっぺんに東軍寄りに変わっちまった。
    東軍の陰の功労者だよね。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    >ただし、黒田家譜である。結果的に正しい逸話でも
    >これが黒田家譜というだけで疑いたくなるw

    まさにその通りなんだが、何故かその筋の人には絶大なる信用を寄せられており(ry

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ってことは、秀吉の失敗って、家康を内大臣まで引き上げたってこと?
    家康も利家も中納言どまりにして生存中に秀頼を大納言にしてれば良かった?

  9. 人間七七四年 | URL | -

    普通に秀次生かしておけば良かったとしか…

    そもそも家康が大納言になったのって天正15年の話で秀頼どころか
    鶴松もいない頃だしなぁ

  10. 人間七七四年 | URL | -

    秀次の処分はまあ大失策だとは思うけど、秀次が家康に対抗できたかはちと疑問かな。長久手で負けた張本人だし。
    秀吉にとって一番の痛手は、堀秀政の急死じゃないかな。久太郎が死ななきゃ、関東には家康を入れないですむから、家康の石高は150万石程度で、他と釣り合う。
    なにより、長久手で唯一家康に負けなかったってところは、心理的にも家康に呑まれずにすむっていう、大事な要素だしね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8216-41b2e00e
この記事へのトラックバック