FC2ブログ

ある若者のその後の運命

2014年02月10日 19:14

338 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/02/10(月) 18:07:05.63 ID:MPRjJTKC
ある若者のその後の運命

天正8年(1580年)8月、佐久間信盛・信栄親子は対石山本願寺戦における怠慢を
叱責され、織田信長より追放処分を受けた。持ち場であった天王寺の砦から
すぐに退去せよ、という命令であったため、手持ちにあった黄金20枚ほどを持ち、
とりあえず高野山を目指した。当時、信盛は七カ国の兵を動員する権限を有し、
それは織田家中で最大の軍事力といってよかったらしい。それが一枚の譴責状で
このざまである。つき従う者もわずか三人。周囲が信長を恐れたためか住む所も
なかなか見つからず、天王寺を出てから一ヶ月後にようやく落ち着き先を得る
ことが出来た。親子はそこで頭を丸め、信長の怒りがおさまるのを待った。
このとき、いまや乏しくなった懐から半分を出し、落ち着き先の金剛峰寺の
坊主に食事など身の回りの世話を依頼している。そして、こうも頼んだ。

「この身に不測の事態が起きたならば、お預けした金子で石塔を建てて下され」
(震え声)( TДT)

哀れである。しかし、信長の怒りは解けない。
「高野山に住まうこともまかりならぬ」

わずか10日後、親子は新たな落ち着き先を求め旅立つ。去り際に、もしもお怒りが
解けて復帰がかなったら200石寄進します、と連名で認めて坊主に渡しているのが
わびしい。事態がここまで悪化すると、つき従っていた供の者も「こりゃあかん」
と親子を見捨てて逃げてしまったらしい。お先真っ暗、どん底である。

だが、僅かな光明が灯された。
親子を慕って一人の家臣が駆けつけてくれたのである。
その若者はまだ十七歳。少し前に父親を亡くし、近江国で喪に服していたが、
主親子が追放と聞いて、いてもたってもいられず、高野山に向かい、方々捜して
ようやく熊野に向かう途中の親子を見つけ出すことができたのである。若さって
すばらしい。信盛はその忠心に涙し、何も与えることができぬ、せめて我が姓を
受け取ってくれ、と佐久間姓を名乗ることを許したという。
さて、高野山を離れた親子は、最終的に現在の十津川村に落ち着き、この地の
温泉(湯泉地温泉)で湯治をすることとなった。若い信栄はともかく、既に老境
に入っていた信盛は、追放により精神的にも肉体的にも相当なダメージを受けた
と思われる。悲しいことに養生にもかかわらず、追放からおよそ1年後、信盛は
息子と若者に看取られながら十津川で没する。涙する若者 (;´Д⊂)

信盛の死から半年、さすがに哀れに思ったのだろう、信長は信栄を呼び戻し、
赦免を与え再び出仕することを命ずる。喜ぶ信栄の横にはまたまた涙する若者の
姿があった。

339 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/02/10(月) 18:08:49.85 ID:MPRjJTKC
およそ三十年後、幾多の武功により大名に列せられていたかつての若者は、ある
政争に巻き込まれ、所領没収のうえ、息子とともに寺への蟄居を命ぜられる。
彼の脳裏に、旧主の姿がありありと映し出されたことだろう。だが、彼は旧主の
ように「待ち」の姿勢をとらず、己の運命を変えるべく親子して「攻め」に出たのだ。

自らの不遇を利用して、敵方勢力に味方すると見せかけ、相手の懐に飛び込んだ
うえで敵大名を暗殺してみせる、この献策が入れられぬと分かると、今度は息子の
方が勝手に寺を抜け出して戦に参加しようとする。関所で見破られ送り返される
と、あらためて通過のしやすい商人に成りすまし関所を突破、戦場へ駆けつけるが、
戦は和議が結ばれた後だった… ( TДT)

和議が破れ、再び戦が始まると、好機到来とばかりかつての同僚の軍勢に親子して
加えさせてもらい再起を懸ける。合戦が始まり敵勢目掛けて突進するも、前に出過ぎて
息子及び同道した弟は討ち死に……(;´Д⊂)(;´Д⊂)(;´Д⊂)

だが、彼等の死は無駄死にではなかった。失脚から15年、息子らの戦死から13年も
経っていたが、かつての若者、既に60歳を超えた老将は罪を許され、大名への復帰に
成功したのである。感涙を流す周囲の者を見つめ、はて、いつかどこかで見た風景…
と彼が思ったかどうか…。

彼の子孫は、二度と領地を手放すことはなかった。小さいながらも大名として存続し
続け、明治の代を迎えた。


牛久藩初代藩主、山口重政のお話。




340 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/02/10(月) 20:51:02.60 ID:lkxvww1I
後のサクマ式ドロップアウトである

344 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/02/11(火) 01:08:01.70 ID:U74Vycw/
>>339
ドラマだねえ
しかし懐に忍び込んで暗殺してみせる敵大名って豊臣秀頼のことだよね、色々と凄いこと言うね

345 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/02/12(水) 16:32:39.93 ID:1JpDUISN
>>338>>339
ではここで山口さんが苦労するに至った、関係の深い方に伺いましょう。
いかがですか、このお話の御感想は?


正純「ふむふむ、で、佐久間信栄殿は200石を寄進されたのですかな?」

346 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/02/12(水) 22:00:29.59 ID:eCUrkUs7
信長の小姓の山口飛騨も同族なんかねぇ

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    木村重成のとある子孫が牛久藩の引き取られ、小川姓を名乗ったという伝説と、小川芋銭が牛久藩の武家の出身てあることは無関係なんだろうか?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    これは久々にスレタイ通りのいい話。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    固有名詞隠す手法って読むのがめんどくさいな

  4. 人間七七四年 | URL | -

    俺は誰のことかとわくわくして楽しかったよ

  5. 人間七七四年 | URL | /5lgbLzc

    ほろっときました。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    佐久間信盛でダメ、織田信雄でダメ、徳川に入ったはいいが大久保長安事件でダメ。加わった人がダメすぎる、人の目利きの悪い話?

  7. 人間七七四年 | URL | -

    普通に運の問題だろうよ
    一時は栄華を誇った家が政争に敗れたり没落するのも戦国の習いだしね
    それが主家だったら家臣もろともだし、逆に何度も再仕官できるだけの器量を持ってたとも言える

  8. 人間七七四年 | URL | -

    「大久保忠隣の養女との無断縁組の咎で改易された」のは有名だが、その前後の話は初めて知った

    石川数正の息子たちも血迷って大坂方に付かずに、どっかの親類の譜代大名に陣借りして、徳川方で戦っていれば、お家再興できたかもな

  9. 人間七七四年 | URL | -

    不遇に屈しない行動力

  10. 人間七七四年 | URL | -

    家康も数正出奔の件もあって石川数正家を疎んじてたしなあ
    その後の石川家は徳川与力大名でありながら豊臣恩顧の大名と言ってもよかったから
    改易されたら徳川の敵になって豊臣のために戦うことに何のためらいもなかったと思う

  11. 人間七七四年 | URL | -

    もしかして「山口家伝」からの引用なのかなと思ったが、検索掛けても
    「山口県の家電量販店」しか出て来ない罠。確かに「かでん」だが・・・。

    何気に山口重正さんって根来組師範を任されたり、成瀬家と関係もあったりして
    中々の武将なのだけど、やっぱりこの人も大久保事件のとばっちり食らうのね。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    どこかで聞いた話と思ったらやる夫スレの大内義隆のエピローグに載ってた話だった。
    周防大内氏の末裔なんだってね、この人。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8237-9608d11c
この記事へのトラックバック