FC2ブログ

島津義久の弟

2014年02月12日 19:09

501 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/02/12(水) 06:33:15.46 ID:fHayNiAh
慶長15年(1610)6月頃、丹波国亀山で普請が行われたが、この普請の最中に、
丹波国の中に所領を持っていた薩摩の島津龍伯(義久)の弟が、伏見に来て病死した。

これは去る庚子の年(1600)、美濃関ヶ原合戦の時、兄の兵庫助(義弘)と共に撤退する最中に
負傷し馬から離れ、歩くこともできなくなり、ついには死人の上に倒れこんだ所、そこで
奇特の夢を見たのである。

夢の中で彼はこのように言われた。『ここから東に下り、木喰(五穀または十穀を食べないこと)して
年月を送れ』

彼はこうして、稀有のことだがこの夢の命令を全うし、関東に下って言われたとおりに木喰して
10年を過ごし、去年の春、薩摩に帰国した。

ところが帰ってみても見知ったものが居ない。上記のことを人に語っても、彼は関ヶ原の時に
討ち死にした、と発表されていたので、それがこのように生きていたとは中々思いもよらぬことであり、
取り合うものも居なかった。

しかし、彼の容貌を見て、似ている所もあったので、僧形から還俗させてみたところ、これは
紛れも無いということが解り、この旨を龍伯および義弘に申し届けると、すなわち対面となり、
お互いに往時を語って落涙し、さて所領を遣わし、そこに居住したところで、今度の不慮の煩いにより
死去した、とのことである。

(当代記)

島津義久の弟(誰?)の、関ヶ原からの数奇な話についての逸話である




502 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/02/12(水) 06:47:32.21 ID:/CSQ3Ma+
いやホント誰だよ

503 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/02/12(水) 06:49:25.79 ID:BZLN2dqp
島津四兄弟以外に兄弟いたっけ

505 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/02/12(水) 08:06:19.79 ID:OA02SUAy
>>501
丹波国亀山普請中に、薩州島津龍伯弟従2丹波国1煩付、伏見来病死す、

丹波国に所領を持っていたのは誤りじゃないのかな?
普請に来てたところ病を得て伏見で療養していたが死んだ、という意味ではないだろうか

506 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/02/12(水) 08:21:16.93 ID:Kc03I0ij
なんのために木喰して10年過ごしたのかも分からん

507 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/02/12(水) 08:48:01.76 ID:sRvmi6dL
命を助けられたお礼に精進するならわからんでもないが
戦場で倒れてた男が夢から覚めた途端元気に関東へ歩き出したのかw

508 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/02/12(水) 09:24:09.39 ID:QY0J9ean
>>505
亀山の隣の摂津国能勢郡は義久が秀吉から在京料として所領になってる。
亀山にもあったのかも。

関ヶ原に参陣して敵中突破して薩摩に逃げたのも
こっちで勤務してたのがメインじゃないんだろうか。

509 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/02/12(水) 10:37:41.03 ID:RAvKooqU
豊久?と思ったが兄弟じゃないな。

510 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/02/12(水) 11:16:36.79 ID:OA02SUAy
>>508
憶測でモノ言うなってw
原文のどこに所領があったって書いてあるのさ
幕府が諸大名に普請させていたのは事実なんだし、
島津に亀山の普請をやらせていたと取るのがふつうでしょ

511 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/02/12(水) 11:35:53.03 ID:OA02SUAy
在京賄料、島津義久でググったら簡単に出てきたよ

為在京賄料、於摂州播州内壱万石  目録別帋有之、宛行訖、全可有領知之状如件、
    天正十六
       七月五日(秀吉花押)
          嶋津修理大夫人道とのへ

知ってると思うけど念のため、亀山は丹波であって播磨じゃないので、そこんとこよろぴく

512 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/02/12(水) 11:40:50.52 ID:pNlXGEpr
これは島津以久のことでは?慶長15年に篠山城普請中に死亡してる
その辺母体に超展開させたら未知の弟の一人や二人ぐらい出現しますわな

513 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/02/12(水) 12:19:56.74 ID:OA02SUAy
そうすると佐土原の初代藩主は誰だよ?っておかしな話になる

514 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/02/12(水) 12:25:56.42 ID:gnjpY4bE
家久が3人いれば全て説明がつく

515 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/02/12(水) 13:23:12.96 ID:0QxqKFXC
良い家久 悪い家久 普通の家久

516 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/02/12(水) 15:36:56.85 ID:QM4ZOCAm
???四天王「島津四兄弟?ああ、あの五人の事ね」

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    義久「いつから島津四兄弟が四人しかいないと錯覚していた?」
    宗麟・隆信「何...だと...!?」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ほら、四天王だって実は5人いるし、四兄弟=5人なんだろう!

  3. 人間七七四年 | URL | -

    なんかジャギみたい

  4. 人間七七四年 | URL | -

    毛利三兄弟だと思ってた時期もありましたわ。

  5. 人間七七四年 | URL | ZPZR469g

    常識的に考えれば、佐土原領を領していた豊久と、豊久の死後佐土原領を継いだ
    以久の事績が混同されて、義久の甥→義久の従兄弟と継いでいる不思議な関係なんで
    続柄も弟と間違われた、と解釈すべきかな。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    量産型島津かな?

  7. 人間七七四年 | URL | -

    越前島津氏「島津といっても」
    近江島津氏「薩摩だけじゃない」
    若狭島津氏「ほかにもいるんだ」
    信濃島津氏「忘れないで」

  8. 人間七七四年 | URL | -

    >5
    豊久の岳父である忠長さんも以久と同年に死去してるんで、そこらへんも混じってるかも
    家久さんの通称が「中書」で、忠長さんの官位が「図書頭」だし(実際、肥後相良家の史料では一部この二人が混同されてる)

  9. 人間七七四年 | URL | -

    家久「私が死んでも、代わりがいるもの」ヽ(*´∀`)ノ

  10. 人間七七四年 | URL | -

    >9
    義久、義弘、亀寿、東郷他多数「お前みたいな奴がそうそういてたまるか」

  11. ななし | URL | -

    ※1
    クソフイタわw
    つか隆信、てめーん家は四天王が5人居るべやw

  12. 人間七七四年 | URL | -

    新たな4人衆(5人)の登場か…

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    義久「いや、お前の代わりはいない。だから戻ってくれ.........あ、勿論私の末弟の家久の方な、忠恒は帰ってどうぞ」
    島津家中一同「あ、そちらの家久様なら是非是非、歓迎します!」

  14. 人間七七四年 | URL | -

    もはやここまでくると4という数字が本気で忌み嫌われてたとしか思えないレベル

  15. 人間七七四年 | URL | -

    島津義弘(播磨島津氏)「…絶対誰か間違えていると思うんだがなぁ」

  16. 人間七七四年 | URL | -

    島津義弘や毛利秀秋が大坂の陣で大坂方として戦った、と言っても
    「義弘は薩摩にいただろ」「小早川の間違いじゃね」「だいたい秀秋はとっくに死んでるだろ」
    と馬鹿にされるのが悲しい

  17. 人間七七四年 | URL | -

    武将は諱が複数あるのが普通だから混乱するよね(´・ω・`)

  18. 人間七七四年 | URL | -

    諱を変えるのが普通かどうかは微妙だな。
    変える人はコロコロ変えるし変えない人はまったく変えないし

  19. 人間七七四年 | URL | -

    政宗「諱がどうかしたって?」

  20. 人間七七四年 | URL | -

    仮に4兄弟が5人居たとしたら5人目に何の評価コメ与えなかった日新斎じっちゃんヒドスになるな

  21. 人間七七四年 | URL | -

    本当に5人いたら評価するでしょう。どんな名称になるのかな?

  22. 人間七七四年 | URL | -

    実は、長寿院盛淳だったり。
    義弘だと名乗って戦死したし。

    にしても1610年前後は島津家受難の時代だな。
    勇者有信
    以久
    忠長
    最強引きこもりこと南の兄ちゃん
    デ・新納さん

    こんだけ続けば
    そりゃ鬼島津も人並になるわ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8241-e44e6614
この記事へのトラックバック