FC2ブログ

防長二州安堵顛末

2014年02月15日 19:00

364 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/02/14(金) 21:06:30.66 ID:7BjaOQEG
関ヶ原合戦の戦後処理において、毛利輝元については、今回石田三成に与し、奉行衆もこれに一味して
西の丸に移り、諸方に内通を勧める回状に判形し、あまつさえ四国へ派兵し、その罪は莫大である。
しかしながら一族の吉川広家が、東軍に志を通じたその功績により、輝元は死罪・流刑を相赦し、
広家には中国地方のうち1,2ヶ国を与えるべきである、と議定した。

これにより広家を兵部少輔(井伊直政)宅に召し寄せ、『広家の今度の忠義に感じ入った故に、
中国の押さえとして周防長門の両国を与える』という徳川家康の内意を伝え、毛利家よりの人質であった
粟屋十郎兵衛も差し返した。
しかしこれを聞いた吉川広家

「思いもよらない、身に余る有難き仰せではありますが、もとより今回のことは、自分の身上を考えて
行ったのではありません。あくまで本家である毛利輝元の家を御立て下さるようにと存じ、先にも私は、
私に対しての報奨はお断り申し上げました。

今度のことは、決して輝元の心底より出たものではなく、ひとえに安国寺が策略をめぐらし、
奉行衆の言うに任せて、秀頼様のご命令であると信じてしまったために、是非に及ばず
ああなったのです。輝元に思慮がないことは、内府様も良くご存知のことです。

勿論、輝元のこれまでの分国を相違無きように、などということは申し上げるべきもない話ですが、
私に拝領される予定の国を、輝元に下されますように、どうか取り持ちをお願い致します。
もしこれをお聞き届けないのであれば、私についても、輝元同様に申し付けて下さるように、
幾度でもこれを申し上げ続ける覚悟を決めました。」

この返答に、黒田長政は福島左衛門大夫(正則)、井伊兵部少輔(直政)と相談した上で、
書状を広家に送った。その詞には

『尚々、今回のことは兎にも角にも井兵少(井伊直政)、福左大(福島正則)、そして私の
3人に任せ置いて下さるようにして下さい。さらにこの他に頼るような事は、決して無いようにして下さい。

さてもさても、中国についての事は、今日明日にも決定されます。あなたのご分別次第なのです。
井兵少に仰せになったあなたの御覚悟は、とても不可能なことだと思いますが、必ず、私と福左大が
家康公にお目にかかり、あなたの心底を残らず申し上げます。

しかし、中国の内、せめてあなただけでも大名として残ることは、家祖である毛利元就公に対し
報告するのにこれに過ぎた事は無いでしょう。中納言殿(輝元)と同じ処分を望まれるというのは、
一応二応まではご尤もにも思います。ですがそれで、あなたご自身も滅ぼしてしまえば、元就公に
どのように報告されるのでしょうか?どうか、分別のない考えはしないで下さい。

10月7日     長政 判
     吉殿様参       』

しかし広家はこれでも承知せず、返書に、長政および福島正則に宛てて、起請文を付けて、心底の趣きは
変わらないということを申し越した。この事はついに家康の聞き及ぶこととなり、広家の誠実さを、
律儀至極であると感じ入り、「輝元の今回の罪は莫大であるが、安国寺の策略によってああなったというのは
紛れも無いと、輝元も誓紙を以って釈明したのであるから、この上は広家に与えるはずだった防長二国を
輝元親子に仰せ付ける」と決まった。

(黒田家譜)

毛利家が防長二州を安堵されるまでの顛末である。




366 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/02/14(金) 22:23:17.97 ID:Nf6SSgKt
とある作品では輝元を減封で留めるために
家康と広家で一芝居うったって事にしてたな

375 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/02/15(土) 16:33:15.67 ID:kB1KU6h5
>>366
黒田家譜読んだら恵瓊も
輝元の泥を被らされただけなんじゃないかと思えたり。

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間@7年 | URL | HLrqDUJ6

    輝元「そんな事はない!私は自分の意思で…」
    周囲「ワーー!それ以上言っちゃダメーーーッ!!」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    家康「ホントは輝元は罪状的に改易にしないと示しがつかないんだお……
       でもあいつさっさと領国に帰っちゃったから改易なんて言ったら全面戦争になるお……
       だから三成に騙されたことにして減封処分にしとくお!」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    勝手に帰ったことにされてもなぁ…

  4. 人間七七四年 | URL | ZPZR469g

    ※1
    いや、それを言ってもたぶんTERUは哀れみを含んだ眼で見られるだけと思うw

  5. 人間七七四年 | URL | -

    え、つまりバカだからたすかったってこと?

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-category-941.html
    こっちの書状の方が現実っぽいな

  7. 人間七七四年 | URL | -

    なんか見てたらngmsとTERUが微妙に被ってきた

  8. 人間七七四年 | URL | -

    最近もう逸話も日本史も黒田家譜で良いやって気がしてきたw

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    甲陽軍鑑も入れたげて

  10. 人間七七四年 | URL | -

    天庵様「これも是非どうぞ」
    つ小田天庵記

  11. 人間七七四年 | URL | -

    まぁ、誰か責任取る人がいないと収まらないってのはあるからねぇ。いつの世の戦争でもさ。>安国寺さん

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    裏で決まった領土削減の辻褄合わせなんだろうな
    上杉でさえ許さざるを得なかった家康に毛利を改易させるだけの力はないよ

  13. 人間七七四年 | URL | j7kPgX2Q

    上杉も毛利も30万石程度に減封だしな
    毛利については、TERUの代わりに従順な広家を立てて一族と毛利遺臣の管理させればいーじゃんおいおい毛利本家継がせてさぐらいの腹はあったかもしれん

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8247-f3a90c20
この記事へのトラックバック