FC2ブログ

吉弘統幸の刀

2014年02月28日 18:50

600 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/02/28(金) 10:04:41.50 ID:uQcPSlKz
>>592
この話にでてくる刀かどうかは不明だが、統幸の刀の話を思い出したんで記載

吉弘家には室町の初期に吉弘一曇という危険人物がいて、この人は刀の切れ味を
試すため、2度に渡って千人切りの諸国行脚という凶行を行ったという。
しかし、京都でその最後の一人を切った時に刀を手放し河に落としてしまった。
その後九州に帰った一雲は博多の海辺に光る蛇が現れると聞き、行ってみると確かに
蛇のようなものが光っていた。近づくとそれは京都の河で失った自分の太刀であった。
刀を再び手に入れた一雲はそれを「蛇丸」と名づけて家宝とした。
その数百年後、吉弘家を継いだ統幸は、ある日一人旅の途中に荒寺で一夜を過ごす
ことになった。眠っていると突然なにか不気味なものに抱え込まれており身動きをとる
ことが出来なかった。その時腰に差していた蛇丸が一人でに鞘から抜け出て、統幸を
襲うものを斬ったため、統幸は難を逃れた。夜が明けると、巨大な蜘蛛の死骸があり、
統幸は故事に倣い、以後は蛇丸を「蜘蛛切り」と改めた。
統幸が戦死した後蜘蛛切りは、立花家に預けていた子の吉弘政宣が所持していたが、
政宣は主君である立花忠茂との酒の席で蜘蛛切りを忠茂に献上したいと申し出た。
忠茂は一度は断ったが、日を改めて使者を送り蜘蛛切りを受領した。
しかし、それから柳川城中で不気味な光が発生するなどの怪異が起り、家中のものも
不安がったため忠茂は「やはりこの太刀は吉弘家の元にありたいようだ」と言って政宣に
蜘蛛切りを返還した。以後蜘蛛切りは「生き剣」と呼ばれて吉弘家に代々伝えられたという。
(柳川史話)

統幸が戦死した後、どうやって政宣に伝わったのか疑問だったんだけど、形見として宗茂が
受け取ったのを政宣に与えたのだと考えると合点がいった。




610 名前:人間七七四年[] 投稿日:2014/02/28(金) 22:20:18.31 ID:c+mDWw5V
立花宗茂は元々は吉弘家の系統の人だからな…。

611 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/02/28(金) 22:22:32.86 ID:EYfTdi9E
高橋紹運、立花宗茂、吉弘統幸、大友には忠義な武士が多いな
と思ったら姓こそ違え同じ一族だったでござる

612 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/02/28(金) 22:37:17.43 ID:WPTBXxD9
大友家って、臣下には人材が揃っているんだよなぁ。
でも、上がアホだとどうしようもないっていい見本だわw

613 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/01(土) 02:46:00.42 ID:DT6EEwnf
吉弘家には忠義心溢れる人物が多い
で、たいていは壮絶な討ち死にを遂げる

614 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/01(土) 09:48:58.61 ID:Y5cgB5gu
森家の討死率の高さ

615 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/01(土) 12:31:36.99 ID:R/T0+1/0
>>614
本能寺で3人同時だからなぁ(´・ω・`)

616 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/01(土) 15:08:44.71 ID:Us+HUH3X
安田作兵衛「森殿がまた死んでおられるぞー!」

617 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/01(土) 15:16:22.70 ID:lwFTNeiw
あれが最後の一条信龍とは思えない!

618 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/01(土) 15:52:59.61 ID:wcf672mu
本能寺で親指を立てながらにっこりと熔鉱炉に沈んでいく森三兄弟の姿が

619 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/01(土) 16:13:09.30 ID:yeCTKRpM
討ち死にといえば少弐家も忘れてはいけない

620 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/01(土) 16:28:02.43 ID:Fbj0ww0f
>>619
少弐の場合は当主自らなのが…。

621 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/01(土) 18:48:11.66 ID:Us+HUH3X
隆信「少弐討ち死にしすぎワロスワロス。」
四天王「ですよねーwwwww」

直茂「・・・・・」

622 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/01(土) 23:18:59.99 ID:Y5cgB5gu
プライベートライアンのライアン2等兵ですら、戦死は兄3人なのに
森忠政は父&兄5人戦死...

623 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/02(日) 01:16:50.61 ID:jZ9VtQSE
黒田家の母里一族
土器山の戦いで24人全てが討ち死にしガチ全滅

624 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/02(日) 01:37:14.84 ID:u0UMui/K
>>623
やっぱそういうの込で1万8千石なんだろうか?

627 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/02(日) 02:03:36.26 ID:udouv48Q
>>621
竜造寺といえば家兼だろ、河上社と祇園原も知らんのかw

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    こういう忠義の人の家が残ったという話を聞くとなんかホッとする
    やっぱこういう人はなんかしらの形で報われて欲しい

  2. 人間七七四年 | URL | -

    超常の刀の逸話もいいなぁ

  3. 人間七七四年 | URL | ZPZR469g

    本多忠豊、忠高、忠真、忠朝と死んでる本多家の戦死率もなかなか。
    しかも全員主君を助けるために死んでる忠義の家系だし、
    ここら辺も本多立花は東西の家系なんだよな。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    >618
    その姿イメージすると、森家の人間が綺麗でまともな人間に思えてくる不思議...そんなの俺の知ってる森家じゃない...
    むしろ満面の笑顔で敵を溶鉱炉に突き落としてこそ森家...おや、お客が来たようだ

  5. 人間七七四年 | URL | -

    千人切り被害者の怨念で妖刀化→吉弘家を祟るって流れかと思ったら、普通に護るほうになってたw

  6. 人間七七四年 | URL | -

    >>627
    家兼は個人が近親を見送った数という点できつい

  7. 人間七七四年 | URL | -

    主君がだめだから忠臣が光る

  8. 人間七七四年 | URL | -

    >7
    小田氏治「ウチとは真逆だな」
    大友義統「全くだ」

  9. 人間七七四年 | URL | -

    >8
    >大友義統「全くだ」
    上で槍玉に上がってんのあんたの親父だろうがw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8277-3d28255f
この記事へのトラックバック