FC2ブログ

織田秀信の没落

2014年03月05日 18:57

543 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/05(水) 17:58:57.63 ID:R5Jpo6Py
織田秀信は慶長五年の石田三成の呼び集めに応じて一味し岐阜に籠城した。

関東の先手ならびに軍鑑の井伊と本多たちはこれを攻め、
先手田中兵部少輔(吉政)の合渡川の先陣に織田勢は敗軍した。

池田と福島が大手と搦め手より攻めたために、ついに落城するという時、
秀信は硯を取り寄せて戦労の者へ感状を与え、それぞれに暇を遣わして
自身は高野山へ遁世した。

「この急戦中に静かに感状を書き与えるなどとは、若将ながらさすがは
右大臣信長公の御嫡孫かな」と、その頃、敵方においても賞美された
ということだ。

その時、秀信は少々の御供とともに敵数万の中を参然として通った。
その折に生け捕るべきだと相談したところ、福島正則は、

「家来に暇をやるのは命を助けたいと思ってのことだ。こうして僅かに
十人ほどの小姓者ばかりを連れて、この大事の中を落ちて行くのを
生け捕ったからといって功にもならない。かえって非義無道である。
士の情はこのような時にこそあるのだ」と言って、制止した。

――『明良洪範』






スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    最後はこうありたいもんだな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    落ちる秀信、逃がす正則、両方ともカッコいい。
    しかし正則は本当に「酒さえ飲まなきゃ」だな。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    そもそも落城・開城して出て行く城主らを途上で生け捕りってあるの?まあ、しそうな汚い武将はこの逸話にも数多いるみたいだけどそういう逸話を目にしていない。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    米3 ちょっとちがうけど、太閤記かなんかで
    降参した美濃の武将を信長が殺しそうになったけど、秀吉が助けたって話があった気がする。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    信長が秋山なんちゃらを捕まえたぐらいじゃないか?>生け捕り
    そっちとの違いは家同士の怨恨がないことかな
    正則と秀信にはお互いを憎む理由が何もないからね

  6. 人間七七四年 | URL | -

    取っ捕まえても持て余す人物だしねぇ。
    織田家家臣・陪臣だった人達も現役だし、官位も高い嫡孫ともなればむやみに殺す訳に
    もいかないし。しかし、どうして信益さん達一門に合流しなかったのだろう?と
    個人的には以前から疑問が湧いてる。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8290-f2b58565
この記事へのトラックバック