FC2ブログ

松平忠輝のご乱行

2014年03月06日 19:10

665 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/06(木) 00:25:26.40 ID:v/CCyRB7
元和元年(1615)8月5日、上洛を終え関東に戻る途中の大御所・徳川家康は、近江の水口でこのような話を聞いた

「今回、越後少将(松平忠輝)が上洛の時、森山草津あたりにおいて、幕府御家人である
長坂某、伊丹某と不慮に行き会い、理不尽にこれを殺した。」

家康はこれを聞くと、奇怪の事ゆえたちまち不快な表情になり、本多上野介(正純)を呼んで
その仔細を問うた所

「そのような風説はたしかにありますが、詳しいことは私は存じません。」

そこで家康は近江の代官である長野内蔵充、小野宗左衛門、観音寺を呼び出し、

「お前たちは事件のあった近辺にいる。必ずこれについて知っているはずだ。」

と聞くと、彼らは

「少将殿(忠輝)がこちらにお出でになるということを知らず、長坂某と伊丹某は行き会ってしまったのですが、
この時彼らの前駆の者達が、少将殿の御前を乗打するような形になってしまったのです。
そのため『狼藉、曲事である!』と言われ、彼らを殺しました。」

と証言したという。

(駿府記)

いわゆる、松平忠輝のご乱行についての記録である。





スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    正純ェ…
    これが親父なら噂の段階で詳細調べて、故事やら何やら引用して丸く納めるのかな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    正純「して、長坂某と伊丹某の前駆の者達の名はなんと言うのですかな?」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    この婿にしてあの舅(●∀´)あり

  4. 人間七七四年 | URL | -

    長坂さんは血鑓の家系じゃなかったかな?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    別に乱行でもないような。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8295-70029661
この記事へのトラックバック