FC2ブログ

もしこの世に法力などというものがあるならば

2014年03月08日 18:57

557 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/07(金) 20:19:13.83 ID:CDHEUHJN
三州の大融和尚が病人を見舞いに訪れると、
「ただ今、亡くなりました」
と家の者が答えた。
和尚は、
「すぐに亡くなる状態ではなかったと思うが、養生に問題があったのではなかろうか。
残念なことです」
と言葉をかけた。
すると障子越しに会話を聞いていた医者が怒り心頭の様子で飛び出して、
「養生に問題があり亡くなったとの言葉確かに聞きましたぞ。
たしかにわたしなどは下手な医者ですからそうなのかもしれません。
ところで、出家には法力があると聞いておりますが、
ひとつ和尚の法力でこの死人を甦らせてみせてください。
法力の効果があらわれないのであれば、仏法などは役に立たぬものでしょう」
と仏法をあざけるように言った。
和尚は迷惑な言い分だと思ったが、仏法を謗られては我が身一人のことではすまぬと思い、
「それでは祈って生き返らせて御覧に入れよう。
準備をするので、しばらくお待ちを」
と言い残して寺へ帰り、また戻り来て、死人の横で坐禅を組んだ。
しばらくすると、死人が息を吹き返すようになり、生き返った。
その後、半年ほど生きたそうである。
この話は湛然和尚が直にお聞きになったことで、間違いない。
さて、その死人を生き返らせる法力について大融和尚は、
「死人を生き返らせるなどは我々の宗派では行わないことなので、
祈り方に儀式になにも知らなかったのだが、
ただ一心に仏法のためにと、寺へ帰り、供養として納められた短刀を研ぎ上げ、
それを懷に入れて、もしこの世に法力などというものがあるならば、
いまここで、ただちによみがえられよと、ひたすら念じたのだ。
もし生き返らなければ、腹をかき破って死人とともに旅立ってしまおうと覚悟を決めたまでよ」
と語ったそうである 【葉隠】

理不尽、非合理と評されることのある葉隠ですが、この話は本当に登場人物全員むちゃくちゃ(笑)




558 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/07(金) 21:06:06.30 ID:NR7+un7G
昔だと、死んだように見えた人が息を吹き返すってのは時々あったみたいだからな

563 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/08(土) 06:33:58.46 ID:HWfbcSpl
>>557
もうどうにでもなれーという気持ちが奇跡を産んだのか、
ただ医者がへっぽこすぎた結果なのかもうわけがわからん

564 名前:人間七七四年[] 投稿日:2014/03/08(土) 10:14:55.92 ID:VHgKencF
>昔だと、死んだように見えた人が息を吹き返すってのは時々あったみたいだからな
そのための通夜だとかって聞いたな

565 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/08(土) 10:18:59.46 ID:exdl8bBF
救急隊員が死亡確認して呼ばれた警察が再確認したら生きてたとか今でもあるし
最近は医師が最終確認するまでは心配停止と表現するようになったよね

566 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/08(土) 10:25:28.09 ID:Aq1T/Ovh
最終確認するまで心配はしてた方がいいと思います

567 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/08(土) 15:28:55.99 ID:vnHElv4O
王大人だとアテにはならん・・・まあ首を落としておけば確実に殺せるだろう

568 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/08(土) 16:12:26.40 ID:azbI1sEk
「三島由紀夫は割腹し、介錯を受け、首が千切れている。生死は不明、首と胴体の距離、約1メートル」

なんていう警察無線思い出した

569 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/08(土) 17:07:17.50 ID:K48X/a48
さすがに警察も動揺したんだろうな。
まさか現代人が腹切りして介錯成功したわけだから。
このスレでは切腹介錯の逸話は見慣れてるんだが、
う~ん、時代が近いからなのか生々しい

570 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/08(土) 17:23:10.50 ID:kNInOyCH
テンパってたというよりは医師しか死亡判断が出来ないって原則に従ったんじゃないかな?
だからたぶん死んでいる、って意味で「首と胴体の距離、約1メートル」って入れたんだと思う

571 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/08(土) 17:35:40.54 ID:vnHElv4O
首がぽぽぽぽーん!してりゃ死んでるって言ってよかったと記憶してる

572 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/08(土) 17:36:17.27 ID:K48X/a48
なるほどね
まあそれでも驚いただろうな
主張を聞いてる自衛隊員たちはその後、腹切るとは思ってなさそうな雰囲気
映像見る限りだと、聞いてる隊員、罵倒する隊員、止めろと制止する隊員がいる

573 名前:人間七七四年[] 投稿日:2014/03/08(土) 17:51:52.60 ID:VHgKencF
介錯、上手くいかなくてなかなか大変だったとも聞いたけど・・・
公儀介錯人なんて役職つくちゃった作品もありましたな

573 名前:人間七七四年[] 投稿日:2014/03/08(土) 17:51:52.60 ID:VHgKencF
介錯、上手くいかなくてなかなか大変だったとも聞いたけど・・・
公儀介錯人なんて役職つくちゃった作品もありましたな

574 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/08(土) 20:02:22.53 ID:Ev4rxz7M
最初の切る位置が上すぎて、顎に切り込んでしまったために
刃が奥歯に当たって止まってしまったそうですねガクブル

575 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/08(土) 20:47:23.95 ID:gFMN8LTe
なるほど、歯って固いもんね
想像したくないのにしてもうた・・・

576 名前:人間七七四年[] 投稿日:2014/03/08(土) 21:52:00.85 ID:waEV2N1M
>>573
新撰組でそんな話があったな
介錯に失敗した谷三十郎の逸話

577 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/08(土) 22:33:14.50 ID:epc325by
ギロチンは慈悲の顕現でござる

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    仏教的に生き返らせるのは宗旨に反してる気がする
    すべての宗派の宗旨は知らんけど。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    体よく蘇生を坊主に押し付けたヤブ医者の悪い話、ではないのか?

    >たしかにわたしなどは下手な医者ですからそうなのかもしれません。

    つまり自分の治療の不手際で患者が(一応)くたばった事実は認めてるわけだ。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    浄蔵「ちゃんと手順を踏めば大丈夫」
    西行「ただ、人造人間は止めといた方がいいです」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    大五郎

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ちゃーん

  6. 人間七七四年 | URL | -

    介錯役が下手糞だったり未熟だったりすると本当に地獄だったようですね。
    処刑時、切る瞬間に目を瞑った為に在らぬ所に刀が当たり、苦しみぬいて
    死んだと言う話を聞いた事がる。
    谷さんの話は完全に創作らしいけどね。剣術の指南出来る位だし。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    介錯が下手な場合もあるし、切腹する人が腹を切った瞬間に頭を予想外の方向に向けると失敗するわな。やっぱ腹を切ると痛いしっ

  8. 人間七七四年 | URL | -

    平安末期~鎌倉くらいには介錯ってなかったんだよな
    切腹が刑法や儀式として始まったわけではないから当然と言えば当然だが

  9. 人間七七四年 | URL | /5lgbLzc

    生臭坊主に法力使いはいないけど、神道系にはまだ本物が残ってんだよね。
    流石に死人までは蘇生できないとは思うけど。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    寺生まれのT(大融)「破ァ!」

  11. 人間七七四年 | URL | -

    msmt「魔法ならあるよ?」

  12. 人間七七四年 | URL | -

    米9
    神道に法力って概念があるのかも微妙なような・・・
    神仏習合の修験道にはそんなのありそうな印象

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    法力って仏教の功徳のことだろ。
    神主が超能力使ったら神通力じゃね?

  14. 人間七七四年 | URL | -

    米13
    神通力も仏教用語

  15. 人間七七四年 | URL | -

    まあまあ各々がた、備前のお茶が入ったから落ち着かれよ。

    しかし米9よ、君は大変な法力で除霊だなんだって大騒ぎした現代の怪僧を忘れてるのではないか?
    織田の血を引く(自称)あの怪僧を・・・
    っていうか今気づいたけど、あの人と某スケート選手って親戚なのかね?

  16. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    花山院「え?別に女犯しても法力ぐらい使えるっしょ?」
    隆家「でも矢も防げてませんが」
    義懐「ああもうこっちの方が頭痛いです…」

  17. 人間七七四年 | URL | -

    スケート選手の家系は養子入りまくってるから信雄公の子孫ではないぞ

    坊主の方は、本人がかたってるだけって本人が前にいってなかったっけか

  18. 名無しさん | URL | -

    しかし日本の場合由緒正しい農民とかいるからなw

  19. 人間七七四年 | URL | -

    また三河者の面倒臭い話のような…

  20. 人間七七四年 | URL | -

    これはなあ、心電図とかない時代だと、脈をとって生死を判断するんだけど、脈の取り方が難しい人がいて、失敗しちゃうことがあるんだな。
    ほんで、御臨終ですとやったあとに、また、復活しちゃう人がいる。
    これのひどいやつが、早すぎた埋葬。これを避けるため、人が死んだ後も、1日位葬式を行わず、お通夜をして、様子を見る。

    実は、現在でも稀にあるそうな。ここまで来ると人間の神秘(心電図とか使ってるのに)。医者は面目丸つぶれだそうだけど。
    うちは関係ありませんがねと法医学の講義で、法医の先生がいっていた。

  21. 人間七七四年 | URL | -

    ヨーロッパだったはずだけど斬首でもへたくそな処刑人がやるとなかなか首が落ちなくて何度も斧を振り下ろして酷い有り様になる事があったとかいうもんなあ。
    ギロチンはギロチンで恐怖政治のシンボルみたいになっちゃってるけど。
    そういえばギロチンにも失敗のエピソードがあったような無かったような

  22. 人間七七四年 | URL | -

    >>577
    >>21

    モロチンは露出の顕現である。

    さてと、ちょっと今から芦毛の馬に乗って温泉に行ってくる

  23. 人間七七四年 | URL | -

    ※21殿
    ヤンジャンで絶賛連載中の「イノサン」をお勧めするよ。マジおもろい。

    ギロチンの半分は優しさで出来ていますw
    ギロチンの失敗談で一番多いのは、骨につっかえて刃が止まっちゃう奴では?
    中々降りないから、執行官や処刑人が上から体重掛けて無理矢理落としたなんて
    話も聞いたことある位だから。

  24. 人間七七四年 | URL | -

    ルイ16世も首のお肉が邪魔して、ギロチン失敗したとかしないとか…

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8302-654df267
この記事へのトラックバック