FC2ブログ

松倉長門守の遺臣

2014年03月14日 19:10

631 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/14(金) 18:39:47.90 ID:00PVhXC7
島原一乱の後、松倉長門守(勝家)は罰せられて家は断絶した。

その家士に野村治右衛門という新参者がいたのだが、
長門守の死骸が品川に捨ててあるのを乞い請けて浅草金性院に葬った。

譜代旧恩の士も多くいるのにそれらはどこへか退散し、
新参者がかえって忠を尽くしたのだ。

また、同家の士に内藤瀬兵衛という者がいた。長門守は罰せられる前に
金三百両を持たせ上京させていた。その後、長門守ならびに
弟の右近、三弥たちはそれぞれ御仕置となり家は断絶に至ったために

金子を返すべき人がいないので所司代のもとに持参し、その由を申して
「闕所金なので差し上げます」と言った。所司代の板倉周防守(重宗)は
その義心を感じて「お前の金子にせよ」と言って与えた。

瀬兵衛はやむを得ず受納して旅宿へも帰らず、ただちに大徳寺へ持参し、
「主人が御仕置になり家は断絶したので、この金を納めますから、
永く主人の追善を頼み入ります」と言って三百両を寄付した。

島原で武功の家士は多いけれども、この二人の至忠のようなものは
ふたつと無い。『国亡びて忠臣顕る』という古語に違わないことである。

――『明良洪範』




632 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/15(土) 00:16:09.89 ID:JPexOhDu
主家、主人ってのはたとえ滅んでも忠臣の中に残るもんだね

633 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/15(土) 00:38:50.06 ID:ADSPrJrm
こんな呪われた金いらんわ
捨て捨て


スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    考えてみれば松倉の苛烈な民への負担も、省みればお上への忠誠の1つだったのだろうし。

    結果として内乱を招いて家系断絶になってはいるけど、イコール主君も家臣も不忠義ではあるまい。

    譜代旧臣は当然他への仕官先も宛はあるだろうし、むしろ「あの主君の家臣だからダメ」の方が当時も含めて珍しかったのでは?
    (そういえば立花宗茂の逸話にそれらしい話もあった気がする)

  2. 人間七七四年 | URL | -

    逸話とは言え可笑しな部分が多いな。少なくても子孫は旗本として残ってる筈なのに。
    しかも江戸で斬首の筈なのに何故に京都の大徳寺だろう?禅寺の金地院じゃなかったかな?
    まぁ江戸中期の作成だから仕方ないか。

    ※1さん
    いや、アレは忠義で済まされないでしょ。忠義で必要以上に石高設定して分不相応な城立て
    んて。しかもその後に重税の嵐。その後の幕府への行動も実力以上のただの点数稼ぎですし。
    (お城は重政さんが築城の名手らしいから、凝り過ぎたのかも知れんが)

    重税に急激なキリスト教弾圧が重なれば、そりゃ一揆の一つや二つここで無くても起きるよ。
    より一層不味かったのは、同時期で同様な失敗を寺沢家も起こした事だろうね。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    いや特におかしくもないだろ
    当人は京都にいたんだし。
    金地院も大徳寺も臨済宗だし松倉の家が臨済宗だったんだろうし
    京都で有名な禅寺に供養をお願いするのは理に適ってる。
    まぁ実話かどうかは知らんがw

  4. 人間七七四年 | URL | -

    哀れなのは当時家格を決めるのが過去の勲功と領地の石高だけ。過去に徳川にたいした縁を持てなかった地方領主大名にとっては、家格を上げるには石高を詐称してでも引き上げるしかなかったわけで。ましてたいした産業もない地域なら…宗教弾圧の有無関係なく、正直島原の乱はたまたま偶然島原一帯で起こったとしか思えない(起こる地理・人数、何より周りにどちらにも加担しそうにない顔触れしかいない環境も影響してると思うが)。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    石高を詐称による重税というのはそうだと思うけど、たまたま島原と言うのは違う気がする。

    長崎方面は、天正2年に大村純忠が全家臣をキリシタン化する方針を打ち出し(既に強硬な反対派は御隣の後藤氏に与したので粛清済み)、更に大村の縁戚である西肥前最大勢力の有馬も入信したもんだから、領民のほぼ全員がキリシタンという状況だった。
    天草方面も、志岐氏と天草氏が九州征伐前から既にキリシタンで、その天草五氏が一揆を起こした後も小西がキリスト教を推進したから同様だった。

    だから重税に喘ぐのは他の地域と同じだとしても、仏教寺院が壊滅状態だった地域では救いの先はキリスト教であり、でもそのキリスト教は弾圧を強められていくという、心身ともにやり場のない状況に陥らされた地域と言える。

    長崎側はそこへ松倉が厳罰を科したのだから爆発して当たり前だろう。天草側はというと、長崎側が反乱したと聞いて与してるのでそれに感化されたものと見受けられる。ただ一方、それに隣接する他の地域、キリシタンが根付いてない地域の領民は与していないので、やはりキリシタンが根付いた土地だったから起こったとみるべきだと思う。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    つか高力さんの時にも問題起きてるし島原って収穫が安定しない土地なんかな…

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8314-9763c8f5
この記事へのトラックバック