FC2ブログ

本能寺の前兆

2014年03月16日 18:51

759 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/16(日) 16:23:36.01 ID:AYoVtaaV
織田信長が、安土から8日ないし9日の道程にある甲斐の国に、息子(信忠)を先に派遣し自身は次いで
6万の兵を率いて出発するに先立ち、万人に無限の寛容さと慈悲を示し給うデウスの常として、同所では
若干の驚くべき兆候と恐るべき不思議なことが生じた。これはそれらの兆候による恐怖から、この
哀れな人物(信長)がなお己に立ち返り、何らかの仕方でデウスが天地の絶対主として認めることが
出来るようにするためであったが、彼が陥っている闇はあまりにも根深く、これほどの光にも
彼にに幾分なりとも悟りの目を開かせるには足りなかったのである。

この1582年(天正10年)の3月8日の夜10時に、当方から空が非常に明るくなり、信長の最高の塔の上方では
恐ろしいばかりに赤く染まり、朝方までそれが続いた。この明るさも赤さも、甚だ低い場所で起こったように
見えたので、同所から20里離れたところでは見えなかったであろう。が、後になって豊後国でも同様の徴候が
見られたことが判明した。

我々は、信長がこの恐るべき兆候を何ら意に介さずに出陣するのに接して驚愕したが、彼の地でその軍勢は
順調な成果を上げた。すなわち、彼は甲斐の国の領主(武田勝頼)親子を討伐し、その3ないし4の、すこぶる
大いなる領地を奪取した。信長が滅ぼした相手は、彼が最も煩わされ、常に恐れていた敵の一人であったので、
彼はこの勝利のため一層増長し、恐るべき傲慢さにとりつかれた。

5月14日、月曜日の夜9時に一つの彗星が空に現れたが、はなはだ長い尾を引き数日にわたって運行したので、
人々に深刻な恐怖心を惹起せしめた。その数日後に、我らの修道院の7,8名のものは、彗星とも花火とも
見えるような物体が、空から安土に落下するのを見、この新たな出来事に驚愕した。

ところでこれらの兆候を、熟慮するものであれば、それらが驚嘆すべきもので、別の出来事の前兆として
恐れずにはいられないはずであったが、日本人の間ではこうした吉凶占いはあまり行われておらず、それらが
本来何を意味するか、気づきも考えもしないようであった。

信長はいとも容易にかの領地を支配下に置いて帰還すると、彼は安土の新しい都市を拡張し、壮大ならしめる
事以外余念がなかった。日々、多数の新しい邸宅と街路を建設させたが、最も立派で大いなる邸を建てたものほど
多くの手柄を立てたということになった。羽柴筑前守殿(秀吉)が建て始めた邸宅の如きは、礎石の費用だけで
8千クルザードが集められたということである。

過ぐる戦い(甲斐攻め)があまりにも順調に行われたのを見て、信長はかねて数年にわたって交戦中の毛利との
戦争にも早く決着をつけ、その領土を征服しようと望み、身分も低く血統も卑しいが、悪賢く戦争に熟達した
羽柴筑前なる人物を彼の地に派遣していた。彼は既に毛利の数か国を占拠していたが、窮地に立たされたと見た
毛利は最後の一兵まで繰り出して全力を尽くして交戦する気構えであった。そのため毛利は領民たちを招集した。
しかし羽柴は2万あまりの兵力しか有していなかったため、信長に書を送って援助を乞い、とりわけ信長自身が
出陣すること無く、別に2万ないし3万の兵が有れば、毛利両13ヶ国の全てを占領し毛利の首級を献じ得よう、
と述べた。

ルイス・フロイス『日本史』)

フロイスの日本史にある、本能寺の変の前兆についての事である。




760 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/16(日) 20:10:49.26 ID:W78T0TrR
え?これってあれ? この板で有名な人が言い張ってる浅間山の噴火?

761 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/16(日) 23:43:13.92 ID:mpZBoou5
1582J1という彗星か
ハレー彗星より明るいとなるともう消滅しちゃってるかな

762 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/17(月) 00:13:25.04 ID:J/PlXBHF
>>760
九州で観測できたってことはとてつもない規模に思えるんだけど、気象庁のサイトには火砕物降下としか書いてないね

763 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/17(月) 00:14:26.93 ID:ryYjQyRK
彗星をものともしなかった久秀さんが凄いってのが分かる

764 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/17(月) 00:32:51.25 ID:yau0Vf7G
>>762
九州でも火山が噴火したってことじゃないの?

765 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/17(月) 04:12:00.96 ID:Fs4/G5Kg
3月8日のは低緯度オーロラだそうな

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    松永さんが鼻で笑いそうな話だ

  2. 人間七七四年 | URL | O2bXk3NQ

    秀吉はそこまでの援軍は要求してないと取れるな
    なぜこの時信長は出馬しようとしたんだろう?
    安土でのんびりしてたら天下取れたのに

  3. 人間七七四年 | URL | -

    前兆なんて後から何とでも言える。つい最近のあの地震でも当日以降の地元のローカルニュースは動物の前兆行動一色。まして天災でなく人が起こしたことを前兆云々とは片腹痛し。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    秀吉の治世では何度かデカい自身が起きてるしな

  5. 人間七七四年 | URL | -

    そもそも彗星(不思議だけど、それ自体には実害のない出来事)
    を見て吉凶を占うこと自体に多神教的なイメージがあるんだが、
    キリスト教徒もその辺は気になるのか。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    度々、驚嘆するフロイスたちがかわいくみえてきた。オウイエー

  7. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

    ゲームの話で恐縮だが、この時代を扱ったとあるゲームでは「彗星」というイベントがあって、発生すると問答無用で国の安定度が下がる。
    そこに「不吉の前兆だ!」って文言もあるから、彗星=不吉はヨーロッパじゃ割に普遍的なイメージだったんじゃないかね。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    飛騨の地震によって一族壊滅した人いたよね?内ヶ島さんだっけ?
    あの人なら神様がーとか予兆がーとか言われても不思議ではないけど、信長さんの場合はなんか違う気がするよねw

  9. 人間七七四年 | URL | -

    帰雲城は突然の地震で宴会中に崩れたから、予兆めいた物見る暇なかったろうなぁ。
    にしても、秀吉評酷いなw

  10. 人間七七四年 | URL | -

    宴会中に地震とか悲惨だよなw確かあいまいだけど、領地に戻ってきてすぐでしょ?かわいそうすぎるw
    秀吉の評価は確かに酷いww事実だけどさw
    キリスト教弾圧したからだろうけどw

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※9

    その前兆を風雅だ何だと言いつつ、実は宴会中しっかり見ていた…なんて事は?

  12. 人間七七四年 | URL | -

    その場合、風雅だなーって見てたら一族滅亡とか最悪だなw

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※7

    そのとあるゲーム、「時には起こる」政治的危機とまず理由からしておかしい「理由なき反乱」が毎年交互に起こることが特にアジア圏で稀によくあるのはどうにかならなかったんですかね。あと某文明圏の宗教戦争のグダグダっぷりが丸ごと応仁前後の某国に転嫁されているあたりも。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    草生やしすぎ不謹慎。お前やられて草生やされてろ
    弾圧ではなく成敗。やられて当然。
    某ばっかでわからん

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8318-1750c8c6
この記事へのトラックバック