蒲生氏郷は昔を思って

2014年03月17日 19:08

646 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/17(月) 13:16:19.32 ID:vZJIuX8Q
蒲生とは江州の士であり、佐々木承禎(六角義賢)の家臣であった。後に信長に属し、また太閤(秀吉)に仕えた。

蒲生氏郷は優れた人物であった。初めは伊勢松坂で12万国を所領し、その直後に会津120万石を領した。
これは太閤の時代のことであり、その時彼は40歳ほどであった。

佐々木承禎は江州一国を領した大名であったが、織田信長に滅ぼされて江州を取られた。承禎の子は四郎殿(六角義治
と言って、太閤の時代には咄の者(御伽衆)となって二百石であった。
蒲生は元々その家臣であったのだが、その時は百万余石を領していた。

しかし、伏見などで太閤の御前に侍り、退散の時、氏郷は昔を思って、六角四郎殿の刀を持って従われる事もあったという。

蒲生が江州で承禎の家臣だった時代には、日野を領していた。氏郷の父(蒲生賢秀)は頑愚にして天性臆病の人であった、
その頃、俗人の間では小歌に

『日野の蒲生殿は、陣さえ云やへをこきやる』(日野の蒲生殿は、戦と聞いただけで臆病風にふかれる)

と言ったのは、この人のことを指しているのである。

(老人雑話)

蒲生氏郷が、旧主六角氏にも義理を通していた、という逸話である





スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    蒲生さんの一族は有能なイメージあるから、臆病だなんだって言われてもピンとこないかもw
    優秀な武将の中ではダメってことなのかねえ

  2. 人間七七四年 | URL | ZPZR469g

    ※1
    蒲生賢秀の頑愚で臆病っていう評価は確か本能寺の変の時の評価のはず。
    本能寺の変の時に安土留守居役だった蒲生賢秀は周囲が明智方に付く中、
    明智方の誘いを断って日野に立てこもったことを頑愚と呼ばれていて、
    かつ一戦も交えず安土城を放置して立ち退いたことで臆病と言われていたらしい。

    だから臆病の方はともかく、頑愚の方はむしろ律儀さを称えた褒め言葉と思う。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    2さん解説ありがとう
    なるほど褒め言葉でも使うのか、まわりが明智に次々とつく中で籠城したのはどっかで聞いてたから臆病にピンとこなかったのかも
    しかし、安土城は経済の要的な城だったから守りにくいとか聞いてたし、捨ててもやむなしだよなあ。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    三介「だから燃やしちゃいました」ヽ(*´∀`)ノ(てへぺろ

  5. 人間七七四年 | URL | -

    >4
    織田信雄「濡れ衣着せようとしてんじゃねえよタコが」

  6. 人間七七四年 | URL | -

    >伊勢松坂で12万国

    ひのもとは 六十余州に ありけるに 
     いせまつざかで その二千倍

  7. 人間七七四年 | URL | -

    >6
    神の宮 なればいるのは 八百万
    十二万とは 少なかりけり

  8. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

    >>7ここの人達はなんでこんな上手い事サラサラ出るの!?レベル高いわ!

  9. 人間七七四年 | URL | -

    実際は明智についた人間なんて少数ですけどね

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    安土城ほどの規模の城になると寡兵では防衛できない。
    四方に遠征軍を出している状況だったからこそ明智光秀は決起できたわけで。
    日野に移ったのは懸命だったと思うね。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    まあ超人って言える人達は別として、「優秀な人物でも周りの環境次第で能力を発揮できないし、評価も全く違ってくる」
    なんて事は良くある事なんじゃないの。
    攻め弾正の真田幸隆ですら長野家に亡命時代、双六に喩えて真田を馬鹿にする唄が伝わっているって、
    海音寺潮五郎の武将列伝に書いてあったように記憶している。
    やっぱり人は人との出会いが大事なんだろう

  12. 人間七七四年 | URL | -

    さすが老人、文がくどい

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    ここでは褒め言葉じゃないよ

  14. 人間七七四年 | URL | Cnub/O7I

    昔を思うよりも「再生」してやった方が良かったんちゃう?

  15. 人間七七四年 | URL | -

    >6.7
    俺、こういう洒落と教養に富んだ切り返しができる人って無条件に尊敬する

  16. 人間七七四年 | URL | -

    ※14
    蒲生郷治は実在するんだな。四郎殿残念。

  17. 人間七七四年 | URL | -

    ※12
    普通だと思うが

  18. 人間七七四年 | URL | -

    ※10
    信長が毛利攻めに連れてくはずだった兵が丸々残ってるから寡兵では全くないよ。
    状況的に集団的に抵抗できないだろうから日野に移ったのが賢明だっていう点には賛成するけど。

  19. 人間七七四年 | URL | -

    11さん
    なるほど、超人っていえる人か…

    織田信長、豊臣秀吉、徳川家康
    『臆病者!』

    蒲生賢秀『…』


    稲富、一条兼定
    『やーい臆病者ー!』

    蒲生賢秀
    『…』

  20. 人間七七四年 | URL | -

    ※19
    義統「稲富、一条、臆病者はあんたらの方だろ!」

  21. 人間七七四年 | URL | -

    >7

    八百万 目指すは出雲 国つ神
     いせにおわすは 元ひきこもり

  22. 人間七七四年 | URL | -

    20
    義統さんに言われたらおしまいだわなw

  23. 人間七七四年 | URL | -

    本当に暗愚の意味の人なら信長も重要な職に付けないでしょうし、
    息子の氏郷さんも酷い文章を残していると思う。

  24. 人間七七四年 | URL | -

    重要な職というか、俊敏さは必要ない職だったのでは

  25. 人間七七四年 | URL | -

    >※24
    留守居役はただ居ればいい職じゃないぞ。時代や家に依って微妙に呼び方や
    役目が違うが、大まかに言えば城主の居ない間の警備・取次の責任者だよ。
    賢秀さんのその後の迅速な行動見れば分かるでしょ。

  26. 人間七七四年 | URL | -

    当時の信長はどの程度緊張感を持って安土城を蒲生に任せたんだろう
    安土城が攻められることを考えていただろうか?

    迅速というのも、臆病と評価が分かれるわけだし

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8321-2fce1473
この記事へのトラックバック